あなたの画像、パクられてませんか?キュレーションサイトの無断転載から身を守る方法

#おすすめ記事

私が画像に「書庫のある家.com」と書く理由

こんばんは。neronaです。

こちらのブログに移転する前後から、画像に書庫のある家.comという文字を意図的に入れるようにしています。

ほぼ日手帳1

そのため、ふつうに読んでいただいている方には「ちょっとくどい」と思われているかもしれませんが、そもそもこのようなことをしているのには理由があります。

それが、悪質なキュレーションサイトによるパクリ問題です。

モスの記事が丸ごとNAVERまとめにパクられていた話

キュレーションサイトという言葉はよくわからなくても、NAVERまとめとか、最近、勢力拡大中のD●NAの「M●RY」とか、「W●LQ」では、「パクられた!」という被害者が続出しており、多くのサイトやブログ運営に影響を与えています。

悪質キュレーター

もちろん、すべてがパクリではなくて、中には良いまとめもありますが(多分)、悪質なキュレーターがサイトやブログをパクっている場合があります(規約上は、すべてキュレーターの責任にされているので、まあ、キュレーター自身も利用されているだけなんですけどね)。

さて、NAVERまとめでパクられた私の記事の1つがこちらです。
パクリまとめ
いや~、見事なパクりっぷりですね。95%の文章は私が書いたものです。バカバカしくて、削除依頼を出す気にもなりません。

最初、「あれ? いつの間にまとめ作ったんだっけ、自分」と思いましたよ。

タイトルくらい、変えたらいいのにね。

正直なところ、気持ちが悪いので、本家の私の方がタイトルを変えて、内容も変えながら次の記事にしました。

⇒「モスバーガーにクーポンはない?モスを楽しむ8つの方法

まあ、NAVERまとめの方は、538ビューしかないのでお疲れさまでした、としか言いようがないのですが(逆に切ない!)、これを見てから「オリジナルの画像」って大事なんだな、と思いました。

だから私は、画像にブログ名を入れるようにしました。

パリパリれんこんチキンバーガー 甘辛だれ

もちろん、これすら画像を切り取って、さもなかったかのように「加工」する悪質な人もいますが、とりあえずは、「ひと手間」増えることを嫌って、パクる気が少しでも減ったらいいなあ、と思っています。

twitterとInstagramはパクられ放題

最近、多いのは、twitterとInstagramですね。

自分が撮った写真が、別人のサイトやブログでさも「私が実際に見て体験して、写真撮ったんだよ~」みたいな感じでのっていたら、ちょっと待て~~~と思いますよね。

パクリまとめ

ちなみに、このテリヤキチキンとモスバーガーは、neronaさんが美味しくいただきました。

そして写真を撮って、縮小して画像の容量を軽くしたり、余計な部分をカットしたり、説明を加えたりして、この画像はできてるんです。

その手間を、ワンクリックで「自分のもの」にしてしまうのが、悪質なキュレーションサイトの問題点です。

自分で見たり食べたり体験したりしていなくても、記事は書けます。確かにそうでしょう。

いや、まだNAVERまとめは、出典として私のブログ記事のリンクがあるからましですが、仮にそうだとしても、今回みたいに最初から最後までパクったものは引用とはいいません。

ただの無断転載です。劣化コピーです。

また、D●NA系列のキュレーションサイトは、引用元にリンクを貼らないことで有名です(だから余計に嫌われるわけですが)。

ちなみに、「画像の使用料」を請求するという手段もあるそうですよ(私は今のところやりませんが)。

写真の無断使用を見つけたら、料金を請求しよう

いや~、この発想はなかったですね。使用料を請求するとは。

ウォーターマークを入れよう!

私が「書庫のある家.com」を入れているのは、せめてもの無断転載防止策で、むしろ、勝手に画像を使われていたら、「書庫のある家.com」を宣伝してやろう、くらいの気持ちで、くどいくらいに入れてます。

ただ、neronaさんのやり方はちょっと上品じゃないよね(がーん…)、という方におすすめなのが、「ウォーターマーク」です。

ウォーターマークについては、下記の記事を読んで初めてそんな言葉があるのかと知ったのですが、

ウォーターマークとは、紙や映像に著作表示のために写しこまれるテキストや小さな図のことです。たとえば、有料の画像素材を購入するとき、サンプル画像に透かしでテキストが写り込んでいたことはありませんか?それをウォーターマークと呼びます。「これ、私の物ですよ~、勝手に使わないでくださいね!」というサインの一種と考えて貰えればOKです。

あなたは大丈夫?SNSの無断転載から写真を守るための加工術|小川由衣のPHOTO LABO(連載03)

おお、そういえば、テレビなんかを見ていると、右上とかにテレビ局のロゴが半透明で映っていたりしますね。お札に入っている「透(す)かし」に近いですね。

私の「書庫のある家.com」もある意味では、画像に入れたテキストなのですが、もうちょっと洗練されたデザインとなっています。

小川さんの記事では、ウォーターマークの作り方を紹介されています。

他にも、いつもお世話になっているウェブシュフさんが「WordPressで画像に透かし文字を入れる方法」という記事を書かれていて、設定さえすれば、アップロードした瞬間に透かし文字が自動的に入るそうです。すごいですね。

ちなみに私は、「Skitch(Windows版のサポート終了)」で1つ1つ手作業で入れています。

ただ、そういうのは面倒だ!という方は、写真を撮るときに、一緒にウォーターマークになるようなものを被写体にして撮ってしまうという方法もあります。

最後に:劣化コピーは放置しろ!

「人のふんどしで相撲をとる」という言葉がありますが、まあ、正直、まじめに相手をする気もないので、パクリ対策だけして、劣化コピーは放置して、自分の記事を書くことに注力したいと思います。

自分の体験談には、非常に価値があります。

自分が撮った画像にも、非常に価値があります。

パクリサイトが検索上位にいるのは許せないかもしれませんが、早く神(Google)の鉄槌(てっつい)がくだされないかな~、と今から楽しみにしています。

・・・というわけで、今後もくどいくらいに「書庫のある家.com」と画像に入ってますが、「気にしないでください」と言いたかったのが今回の記事です。