2017/02/192 Shares

「今日の晩御飯どうする?」はどういう意味?妻の察してほしいこと【翻訳版】

スポンサーリンク

私の回答と妻の全部却下

妻「今日の晩御飯どうする?」

この問いかけは、食料品の買い物をするときに多くみられます。

しかし、結婚してから今まで、どうやら同じようなやり取りを繰り返しているようなので、そのやりとりを文書化してみることにしました。

私「カレーかな」
妻「ダメ。それは昨日お昼に職場で食べた」

私「親子丼」
妻「朝、卵食べた。卵の取りすぎはダメ」

私「じゃあ、刺身?」
妻「今日はお刺身って気分じゃないし、賞味期限が切れそうな食材があるからそっちが先」

私「・・・」
妻「・・・」

大体、3つくらい出してギブアップです。

妻「今日は肉巻きかな」
私「・・・( ;∀;)」

私の提案は、たいてい全部却下された結果、「今日は肉巻きかな」とまるではじめから自分の中では決まっていたかのようなことがよくあります。

いや、これで一致したことがほとんどありません。

なんだろう。一緒に献立考えた・・・よね( ゚Д゚)

結局のところ、どういう意味なの?

ツイートしてみました。

たぶん、こんな感じ。

このツイートを見た妻からは、「ひとりで笑っちゃったけど、でも、そうかなあ、昨日とか一昨日とかぶってダメって言ってるかな」と言われましたが、さっきの卵の話のように、「食材ベース」でのかぶりはけっこう言われてきました(妻は「ああ(´Д`)」と心当たりがあった様子)。

また、冷蔵庫の賞味期限についても、私よりも妻の方が気にしていることが多いため、このあたりのチェックはさすがです。

子どもたちのことも妻が1番に考えています。

こうやって文書にして書き出してみると、妻がやってくれている1つ1つのことがハッキリわかりますね

同じように困っている仲間を発見!

さて、他の人はどうなんだろう、と思って検索してみると、意外といない・・・。

と思ったら、私と同じ愛知県在住の五藤隆介さんという方が、今日の晩ごはんどうする?にはどのように答えればよいのかという記事で、次のように書かれていました。

このときの私の正直な気持ちを披露しましょう。

「なぜ、『どうする?』なんて曖昧な聞き方をするんだろう?」
「ひょっとして、家で食べるのか、外食するのか、そういうことを聞きたいの?」
「でも、スーパーまで買い物に来てるんだから、家で晩ごはん作るつもりだよね?」
「どう答えて欲しいのか、さっぱりわからんのだけど…」
悩み抜いた挙句「今日の晩ごはんの献立はどうしたい?」という意味に違いないと解釈して「うーん、カレーかな?」
と答えました。

すると、妻はガッカリした様子でこう言ったのです。

「カレーは、最近食べたばっかりだから、イヤだ」

「だったら最初から俺に聞かないでくれよ!」

・・・いや、これですよ、これ。

特に最後の「だったら最初から俺に聞かないでくれよ!」はもう、その通りとしか言いようがありません( ;∀;)

この妻のガッカリ感、どうしたらいいんだ、ってことなんですよね。

予想外?それともこっちがふつう?の回答

そんなわけで、twitterでつぶやいていたら、次のようなツイートをいただきました。


な、なるほど、「今日の晩御飯どうする?」=「外食か惣菜とか楽な方向で」ということですね。

我が家は「買い物」前提なので、外食はないですが、確かにおそうざいなら、ありますね。

それでも、大体、妻が「今日の晩御飯どうする?」と聞いてくるときは、料理を作る前提なので、「外食とかおそうざいにする?」と答えたら、「ダメ。今日はまだ賞味期限が切れそうな食材があるから、買い物して家で作るの」と返ってきます(ー ー;)

最後に:察することができない夫の今後の対策

ここまでは、今まで繰り返してきたことを、書いてみた(妻は笑えたようです)のですが、このままこれからも妻と哀しいやり取りを繰り返すのは避けたいので、2つの行動をすることにします。

その1が、「献立を簡単に考えるリスト」をつくることです。

リストというか表ですね。そもそも我が家の定番献立を洗い出して、さらにレパートリーを増やす方法を考えて、「今日の晩御飯どれにする?」レベルにしたいと思います。

その2が、「妻の察してほしいこと翻訳リスト」をつくることです。

そしてこちらは、そもそも晩御飯だけではないので、他にも気づくたびに書き出そうと思います。

「そんなのわからん! ハッキリ言ってよ~」「察してほしいじゃなくて、最初から言いたいことがあったらいいなよ」といったことも何十回くらいかあったと思いますが、それは無理みたいなので、結局のところ妻が大好きな夫は、言葉が通じないなら、相手の言葉を勉強すればいいじゃないかの精神で、妻の察し欲しいこと翻訳リストをつくることにしました(妻からの歩み寄りは・・・( ;∀;))。

以上、neronaでした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう