土地の価格の調べ方!実際に売買された値段で相場を知っておこう!

#おすすめ記事

実は公開されている土地の売買価格

土地の価格は「一物四価(いちぶつよんか)」といって、目的に応じて4種類の価格があります。

  1. 実勢価格
  2. 公示地価
  3. 相続税評価額
  4. 固定資産税評価額

今回の目的は、土地を探している方が、目当ての土地を見つけた時に、「この土地の値段って相場と比べて高いの? 低いの?」を比較する際の参考となる「実勢価格(じっせいかかく)」についてご紹介します。

実勢価格とは?

土地の実勢価格とは、実際に契約が成立する金額、いわゆる「土地の時価」のことです。

そのため、税金を計算する目的でつけられる相続税評価額や固定資産税評価額、あるいはすべての土地の価格の基準となる公示地価よりも、売買をする際の土地の値段に1番近いといえます。

だからこそ、土地を買う目的で土地の値段を知りたいなら、近所の土地の実勢価格を調べて大体の相場を知るだけで十分役に立つはずです。

もちろん、実際に土地を買う際には、ぴったり同じ値段になるわけではありませんが、土地自体に特別な事情(たいていマイナスの事情)がない限りは、相場と大きく離れた値段にはならないでしょう。

えっ?近所の土地の値段が公開されているの?

実は、土地を購入すると、国土交通省から後日、アンケートがやってきます。

そこには、買った土地の値段を書く欄があり、私も土地を購入後、このアンケートに買った値段を記入して提出しました(任意です)。

このような情報を集めていくと、特別な事情がない限りは、同じような価格の土地が周辺に並ぶことになります。

例えば、同じ道路に接している隣り合った土地があるとしましょう、

もし、Aの土地は㎡あたりの単価が10万円なのに、すぐ隣のBの土地の㎡あたりの単価が5万円だなんてことは起こりません。

Aの土地が10万円で、Bの土地が9万8千円ということはあるでしょうが、同じ条件で同じ広さなら、同じような価格で売買されるのがふつうです。

国土交通省「土地総合情報システム」とは?

国土交通省の「土地総合情報システム」では、実際に取引があった土地の値段を見ることができます。

先ほど書いたように、国土交通省は、アンケート調査を行っていて、そのデータを公表しています。
土地総合情報システム1

左上の「時期を選ぶ」では、「~(過去2年間を含む)」を選ぶと範囲が広がります。
土地総合情報システム2

また、左側中央の「種類を選ぶ」は「土地」を選ぶとよいでしょう。

一戸建てを探しているときは、「土地と建物」を選びます。
土地総合情報システム3

そして、地域を選びます。ちなみに、今回は適当に選んだので、どんなところかはわかりません。
土地総合情報システム4

検索結果がこちらです。赤丸で囲んだ部分が、最近の売買の実例です。もし、これらの近くの土地を購入する予定があれば、比べてみて、どうなのかと参考になるかと思います。例えば、左の3つの土地は、駅から離れるにつれて、10万円ずつくらい単価が下がっているのがわかります。
土地総合情報システム6

また、これらの情報をダブルクリックすると、次のようになり、「詳細表示」を選びます。
土地総合情報システム8

すると、一覧表が出てきます。
土地総合情報システム9

応用編:予算内の土地は買える?

さて、ここからは「土地総合情報システム」の応用編です。まずは、自分の予算どおりの土地がその地域で買えるかを見てみましょう。

一覧を出したら、「取引総額」で並び替えします(今度は東京都立川市に地域を変えています)。
土地総合情報システム10

また、最寄駅から何分のところにあるかは、最寄駅の「距離」から並び替えで表示することができます。

土地総合情報システム12

最後に:土地探しは情報戦!

国土交通省の「土地総合情報システム」は、あくまでアンケート調査に基づくものなので、すべての価格がわかるわけではありません。

しかし、それでも貴重な情報の1つですし、インターネットに接続さえしていれば、24時間、見ることができます。

土地を買うときには、あらかじめ、相場を確認しましょう。