nanacoカード・モバイルの1日のチャージ上限はいくら?

#おすすめ記事

nanacoへのチャージは1日87000円が上限

nanaco1日87000円まで

nanacoカードもnanacoモバイルも、1日3回の回数制限があります。

そして、1回のチャージ上限は、29000円のため、29000×3=87000円が1日の上限となります。

コメントでこの点をご指摘いただき、そういえば、「nanacoモバイル」でチャージするときは、このようなチャージ方法をとっていました。

一方で、私はパソコンから「nanacoカード」にチャージするときは、1日79000円(=29000円+21000円+29000円)までチャージしていて、87000円をチャージすることはありませんでした。

つまり、チャージ方法によって手間のかかり方が違うので、1日に87000円をチャージすることが必ずしも良いとは言えない場合があるということです。

そこで、この記事では、どの方法が1日のチャージとして「最適な上限」なのかを考えることにしました。

基本ルール

最初の説明と重複するものもありますが、重要なので基本ルールを確認します。

  1. 1日のチャージ回数:3回まで
  2. 1回のチャージ金額:5000円~29000円
  3. センターお預り分:50000円まで
  4. カード内残高:50000円まで
  5. チャージするとセンターお預り分が増える
  6. 残高確認をするとセンターお預り分からカード内残高に移る

なお、これらのルールにより、1日に10万円をチャージすることはできません

次のようにチャージするためには、原則として、2日間かかります。
nanaco10万円
※nanacoギフトを利用することで、1日に10万円にすることはできますが、クレジットカードチャージだけで1日10万円はできません。

それでは、nanacoカードとnanacoモバイルに分けて、それぞれ見てみましょう。

nanacoカード

パソコンのチャージは79000円が最適!

まずはnanacoカードへのクレジットカードチャージをパソコンで行っている場合です。

87000円をチャージするための手順は、次のとおりです。

■自宅
パソコンで29000円をチャージ(1回目)

【カード内残高】
0円
【センターお預り分】
29000円

■セブンイレブン
レジまたはセブン銀行ATMで残高確認

【カード内残高】
29000円
【センターお預り分】
0円

■自宅
パソコンで29000円をチャージ(2回目)

【カード内残高】
29000円
【センターお預り分】
29000円

■セブンイレブン(再)
レジまたはセブン銀行ATMで残高確認

【カード内残高】
50000円
【センターお預り分】
8000円

■自宅
パソコンで29000円をチャージ(3回目)

【カード内残高】
50000円
【センターお預り分】
37000円

以上で、1日3回の回数制限に達して、カード内残高とセンターお預り分を合計して、87000円となります。

・・・しかし、見てわかるように、セブンイレブンに2回行かないといけない点が面倒ですね。

そこで、セブンイレブンに1回行くことでチャージできる「最適な上限」はこちらです。

■自宅
パソコンで29000円をチャージ(1回目)

【カード内残高】
0円
【センターお預り分】
29000円

■自宅
パソコンで21000円をチャージ(2回目)

【カード内残高】
0円
【センターお預り分】
50000円

■セブンイレブン
レジまたはセブン銀行ATMで残高確認

【カード内残高】
50000円
【センターお預り分】
0円

■自宅
パソコンで29000円をチャージ(3回目)

【カード内残高】
50000円
【センターお預り分】
29000円

このように、センターお預り分の上限である50000円までチャージをして、残高確認をする方法が最も楽でしょう。

合計79000円チャージできて、セブンイレブンに行く回数は1回ですみます。

スマートフォンのチャージは87000円が最適!

nanacoカードへのクレジットカードチャージは、スマートフォンからも行うことができます。

これはnanacoモバイルではないので、もちろんAndroidだけでなく、iPhoneを操作してもチャージが可能です。

あくまで残高確認はセブンイレブンでしなければなりませんが、次のようにセブンイレブンに1回行くだけで87000円までチャージができます。

■どこでも
スマートフォンで29000円をチャージ(1回目)

【カード内残高】
0円
【センターお預り分】
29000円

■セブンイレブン
レジまたはセブン銀行ATMで残高確認

【カード内残高】
29000円
【センターお預り分】
0円

■セブンイレブン
スマートフォンで29000円をチャージ(2回目)

【カード内残高】
29000円
【センターお預り分】
29000円

■セブンイレブン
レジまたはセブン銀行ATMで残高確認

【カード内残高】
50000円
【センターお預り分】
8000円

■どこでも
スマートフォンで29000円をチャージ(3回目)

【カード内残高】
50000円
【センターお預り分】
37000円

このように、2回の残高確認が必要なのですが、セブンイレブン内でスマートフォンでチャージを行うことによって、パソコンの時のように一度家に戻る必要がありません。

nanacoモバイル

nanacoモバイルは87000円が最適!

1番簡単なのが、nanacoモバイルを利用する方法です。

ただし、iPhone7でもまだnanacoに対応していないため、できるのはおサイフケータイに対応しているAndroidという点がネックですね。今後に期待です。

ちなみに、私はnanacoがiPhoneで使えるようになるまでは、おサイフケータイ対応のAndroidのスマホを使い続けるつもりでなかなか変えられません^^;

どこでやってもいいのですが、今回は、すべて「自宅」で行う場合にしています。

■自宅
nanacoモバイルに29000円をチャージ(1回目)

【カード内残高】
0円
【センターお預り分】
29000円

■自宅
nanacoモバイルで残高確認

【カード内残高】
29000円
【センターお預り分】
0円

■自宅
nanacoモバイルに29000円をチャージ(2回目)

【カード内残高】
29000円
【センターお預り分】
29000円

■自宅
nanacoモバイルで残高確認

【カード内残高】
50000円
【センターお預り分】
8000円

■自宅
nanacoモバイルに29000円をチャージ(3回目)

【カード内残高】
50000円
【センターお預り分】
37000円

以上です。

2回の残高確認をセブンイレブンに行かなくてもできる点が最大のメリットですね。

最後に:毎月1~2万円ずつチャージはどうですか?

今回は、ある意味では一気にチャージをする方法をご紹介しましたが、家計管理の観点からいうと、あまりすぐれた方法とは言えません。

例えば、固定資産税を払いたいからnanacoチャージをしているという方は、1回で1年分を支払うよりは、4分割に払った方が1回あたり5万円以下になって、楽だと思います。

また、固定資産税が年間12万円なら、月1万円ずつチャージすると、家計簿でも毎月1万円の支出が固定資産税を12分割した金額となって、管理しやすいです。

自分に合ったチャージ方法を見つけてくださいね。

『nanacoカード・モバイルの1日のチャージ上限はいくら?』へのコメント

  1. 名前:せんとらる 投稿日:2016/10/04(火) 12:51:39 ID:8883b58a1

    こんにちわ^^

    個人的意見ですけど・・・
    10万円チャージしようと思ったら、
    1日目が87000円だろうが79000円だろうが50000円だろうが2日かかってしまうのは変わらないんですよね。

    そうゆう意味では、50000円でいいと思うんですけどねぇ・・・

    1日目に3回目のチャージをする意味がどこにあるんだろうって。
    2日目にもログインしてチャージ作業するなら、2日目に5万円分チャージした方が
    時間的にもいいんじゃないかな~って。

    あくまで個人的意見ですよ^^;

  2. nerona 名前:nerona 投稿日:2016/10/06(木) 00:55:08 ID:1c3ad22f1

    >せんとらるさん
    こんばんは! neronaです。
    おっしゃる通りです!
    10万円の記事を書く前に20万円の記事と1日の上限を書いたので、
    違和感ありありになったかと思います。
    また10万円の記事を書くときにそのあたりを書いてみたいと思います。