nanacoへのチャージはリボ払いや分割払いもできる?

#おすすめ記事

原則「1回払い」のみ。しかし「変更」は可能。

「nanacoへのクレジットチャージって、各クレジット会社で支払いを分割とかリボ払いにできないんでしょうか?」

個人的には、分割払いやリボ払いは手数料がかかってしまうので、せっかくクレジットカードチャージでもらえるポイントよりもマイナスになってしまうのでは、と思ってしまいます。

そのため、あまりおすすめしませんが、もし、1度にまとまったお金を払うのを何とかしたい、ということであれば、人によっては「アリ」なのかもしれません。

例えば、分割払いをしても一定回数までは手数料がかからないようなときは、1回払いよりも分割払いをしたいということもあるでしょう。

結論から書くと、nanacoへのクレジットカードチャージはチャージ時に、分割払いやリボ払いを選択することはできず、「1回払い」しかできません

ただし、その後、レジットカード会社に対して分割払いやリボ払いに変更することはできます。

「楽天カード」の例:リボ払いに変更

楽天カードからnanacoへクレジットカードチャージをした後、「楽天e-NAVI」からログインします。

メニューバーの「お支払方法」を選びます。
楽天カード1
そうすると、現在、変更できるものが出てくるので、変更したいものをチェックします。nanacoチャージもできますね。
楽天カード2
確認画面に行くと、このとおり、「一度リボ払いへ変更したご利用分については、もとのお支払方法に戻すことはできません。」とありますので、ご注意ください。

私もここでストップしています(実際に、変更まではしていません)。

楽天カード3
なお、リボ手数料は、この画面ではわかりません。

「楽天カード」の例:分割払いに変更

もう1つが分割払いです。

同じくメニューバーの「支払方法」を選び、1番下に「分割払いへの変更」をクリックします。
楽天カード4

こちらも分割払いに変更可能なものを1つずつ選べます。リボ払いと違うのは、回数を変更することになります。例えば、3回払いにすると、こんな感じです。

楽天カード5

分割払いの場合は手数料も出てきて、5,000円のnanacoチャージに対して102円です。

楽天天ポイントの還元率は1%ですから、50円だとすると、102円-50円=52円がマイナスになります。

楽天カード6

これをどう考えるかですね。

確認画面はリボ払いと同じです。「一度分割払いへ変更したご利用分については、もとのお支払方法に戻すことはできません。」とありますので、ご注意ください。私もここでストップしています(実際に、変更まではしていません)。

最後に:「ノーリスク分割払い」をおすすめします。

・・・というわけで、リボ払いも分割払いも後から変更できることが分かりましたが、個人的には、見えないリスクがいろいろあるので、ご注意ください。

例えば、リボ払いの場合は、個人信用情報にダメージを与える可能性があります。

住宅ローンの審査をしようとしている場合に、過去にリボ払いをしていると、審査が通りにくくなる可能性があると言われています(銀行によって対応はそれぞれですが)。

リボ払いは一度はじめてしまうとなかなか抜け出せないという問題もあるため、注意が必要です。

また、名前が一見するとリボ払いとわからないようなサービス名になっていたり、初めてのリボ払いでポイントがもらえるとか、悪魔のささやきがあるので、ご注意ください。

そこで、「ノーリスク分割払い」をご紹介します。

それが、nanacoチャージを毎月分けて行うという方法です。

固定資産税であれば、4回に分けて納付できます。

4回に分けるということは、3か月で1回分です。

その1回分のために、3か月にわたってチャージします。

例えば、12万円なら、月1万円チャージします。

1月:1万円チャージ

2月:1万円チャージ

3月:1万円チャージ

3か月で3万円になりますから、貯まった分で1回分を払います。

・・・言われてみれば当たり前ですが、まあ、たいてい「技」というのはそんなものです。

家計管理の際には、固定資産税は「予算」だてて、毎月積み立てをしているかもしれませんが、それをあからじめnanacoチャージするのです。

クレジットカードの引落しは12か月に分散されるので、これもある意味では、分割払いですが、分割手数料はかかりません。

この点がいいですね。

ご参考まで。

関連 nanacoとクレジットカードで税金や公共料金を節約するために気をつけること