毎日好きなだけ寝るのは苦痛だ!365日やっても「飽きない」ことに気づいてますか?

スポンサーリンク

実は、毎日好きなだけ寝るのは苦痛だった。

おやすみ

毎日毎日朝から晩まで働いていると、「毎日好きだけ寝た~~~~い」と思うこと、ありませんか?

私はありました。

とってもありました。

よし、3億円(当時)当たったら、仕事辞めて毎日好きなだけ寝るぞ~~~!と思ってました。

でも、宝くじは当たりません。

あるとき、事情があって、好きなだけ寝ることができる日が取れました。

よし、毎日好きなだけ寝てやろう!と思って、好きな時間までテレビを観て寝て、好きな時間に起きることにしました。

・・・数日、やってみたんですが、意外なことに、苦痛でした。

というか、寝すぎるのも疲れるな、と感じたのがまず1つ。

もう1つは、なんか寝るのだけに時間を使うのはもったいないぞ、と感じました。

1週間の中で、平日、朝から晩まで働いて、土日にちょっぴり朝起きる時間を少し遅らせるくらいの方が、幸せ感がたくさんありました。

ああ、これはあれだ。

「過ぎたるは猶(なお)及(およ)ばざるが如(ごと)し」、つまり、足らないのもいかんけど、やりすぎも同じくらいよくないってやつだ(+_+)

そういうわけで、今でも好きなだけ寝たい!と思うことはありますが、決して、毎日好きなだけ寝る生活を望んではいません。

世界一周旅行なんて行きたくない。

砂漠

宝くじに当たると「よっしゃ、家と車買って、余ったお金で世界一周旅行に行くぞ!」みたいなことを考えないでしょうか?

これは、真っ二つに分かれそうですが、私は家と車を買うところまではいいですが、世界一周旅行には行きたくない派です(笑)

なんで世界一周しないといけないんですか!?

とっても面倒じゃないですか。

正直、世界の中で、日本より住む環境がいいところって、あるんでしょうか?

トイレにウォシュレットがないんですよ!!

無理無理(察してください)。

私は家にいるのが1番好きですからね。

そもそも世界一周旅行に行きたいって、どこから出てくる発想なんでしょうか?

純粋に世界を旅してみたいという人もいるかもしれませんが、なんとなく、「お金がたくさんかかることだから」ってのが本音だったりしませんか?

それこそ「宇宙旅行」だってお金を出せば行ける時代になろうとしてます。

「とりあえず、高いものをやろう」と思っているだけで、やってみたら「こんなはずじゃなかった」と思うかもしれません。

それって、やりたいことじゃないんですよね。

もう、キャンピングカーで生活するとか、1日でもやってみればわかりますけど、ほんと大変ですからね!


なんで事前に「小さく」試さないんでしょうね。不思議。

1日中おしゃれなカフェでまったりするなんて無理。

カプチーノ

では、おしゃれなカフェでまったりした時間を過ごすのはどうでしょうか。

割と好きです。

ただ、1日中カフェでまったりしてたらさすがに飽きますね。

というか、そんなの全然まったりじゃない。

現実的な話、お尻が痛くなるし、飲みすぎて何度もトイレに行きますからね(察してください)。

せいぜい、1時間くらいまったりしたら十分満足です。

それって、「他人のやりたいこと」じゃない?

鏡

そろそろ結論ですが、「その」自分がやりたいことって、本当に自分がやりたいことなんですか?って話なんですよ。

「他人のやりたいこと」をさも自分のやりたいことだと思って、「これが私のやりたいことなんです」と思っていませんか?

もしかして、やりたいと思い込んでませんか?

例えば、「カフェでまったり」なんて、ドラマや女性雑誌の読みすぎじゃないですよね!といった感じです(想像です)。

そのやりたいことは、誰かからの借りものなんですよ。

365日やっても飽きないことに気づいてますか?

書店

365日布団の中で寝たいですか?

いや~、たぶん、違いますよね。

1度入院してみたらわかると思いますが、寝るだけって、けっこうツライですよ。

それで、私の場合は、どうかというと、365日やっても飽きないことは、次の3つです。

  1. 本を読むこと
  2. 書店巡り
  3. ブログを書くこと

「いや~、私もそうなんですよ!」と思った方、本当に?

なんかちょっと自分もそれやったら楽しそうだと軽い気持ちで、言ってませんか?

365日、毎日本を読んでも飽きない?

365日、毎日書店に行っても飽きない?

365日、毎日ブログを書いても飽きない?

ちなみに、私は飽きません。

全く飽きません。

ここからは、話すとたいていドン引きされる話をしましょう。

365日、毎日本を読んでも飽きない。

振り返ってみれば、小学1年生のときから27年間、毎日本を読んでます。

小学生の時から毎日だなんてウソだろうと言われますが、年間100冊前後を図書館で借りてました。

風邪で熱があっても親の目を盗んで本を読んでました。親が来たらさっと布団の下に隠してました。

さすがにそのまま寝ることがあって、ばれて怒られました。

365日、毎日書店に行っても飽きない。

書店は、コンビニの本のコーナーもカウントしていいなら、20年間、どう考えても週5回以上行ってますね。

大学時代以降はほぼ毎日です。

書店巡りなんて、どれくらいひどいかというと、観光旅行では必ず書店に行きます。

どこに行ってもおいてある本なんて同じじゃない、というかもしれませんが、違いますからね。

微妙な陳列が違うだけで、出会える本は違うんです。

小型書店も大好きです。何しろ、小型であるためには、本を厳選する必要がありますからね。

大型書店とはまた違った本との出会いがあります。

だから、年間100冊以上本を買いますが、本を買う場所は、いつもバラバラです。

最低でも30か所以上、違う書店のレシートがあるから間違いありません。

海外旅行に行っても、現地の本屋にいますからね。

たとえ文字が読めなくても、いるだけで書店にいるだけで幸せですからね(本の装丁とかだけでも楽しめる方です)。

365日、毎日ブログを書いても飽きない。

ブログは13年間、毎日何かしら書いてます。

30個以上のブログを作ったと思います。

全部で2000ページくらい書いたのかな。

消したものもたくさんあるので、正確なところは覚えていません。

12年前に作って今でも細々とアクセスがあるものもあれば、途中でブログごと消してしまったものもあれば、妻と共同で書いてるものもあれば、現在進行形で続いているものもあったりですが、毎日、何かを書いてます。

日記は三日坊主ですが、ブログが3日坊主になるときは、コンセプトが誤って消さない限りは、今までありません。

自分がやりたいことを間違えないように!

人生の中で、自分が365日やっても飽きないことをどんどん増やしていくことができれば、人生の「質」が変わります

でも、この記事でお伝えしたいのは、「他人がやりたいこと」を「自分がやりたいこと」だと勘違いしないでくださいということです。

それこそが、間違いです。

365日やっても飽きないことに、気づいてください。

わからなかったら、両親や夫・妻、友人に聞いてみましょう。

「自分って、何をしているときが楽しそうだった?」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう