意外と簡単!楽天カード、楽天ポイントカード、楽天Edyの違いを図解しました。

スポンサーリンク

結論:すべて「楽天スーパーポイント」が貯まる!

まずは、楽天カード、楽天ポイントカード、楽天Edy(エディ)の違いについてざっくり書くと、次のようになります。

楽天カード クレジットカード
【お金を後払い】
楽天ポイントカード ポイントカード
【ポイント払い】
楽天Edy 電子マネー
【お金を前払い】

楽天カードで買い物ができる場所は「JCB加盟店(ブランドがJCBの場合)」、楽天スーパーポイントデカいものができる場所は「楽天ポイントカード加盟店」、楽天Edyで買い物ができる場所は「楽天Edy加盟店」となっています。

なお、3つとも「楽天市場」で使えます。
%e6%a5%bd%e5%a4%a9%e3%83%9d%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%887
共通していることは、貯まるのは、すべて「楽天スーパーポイント」だということです。

では、1つずつ説明するとともに、お得な使い方もご紹介します。

「楽天カード」は後払いのクレジットカード!

楽天カードの会員数は1,200万人を突破し、さらに会員数を増やしており、将来的には2,000万人を目指してカードの使いやすさを改良しています。

当然ですが、クレジットカードの一種です。

申込みの際には、「JCB」、「VISA」、「MasterCard」のいずれかのブランドを選択しますが、おススメは「JCB」です。

電子マネーnanacoへのクレジットカードチャージでポイントが貯まるのは、JCBだけだからです。

楽天カードを利用して買い物をすると、「楽天スーパーポイント」が貯まります。
楽天ポイント0
このため、「楽天カード」と「楽天ポイントカード」の違いがよくわからないという方が多いのだと思います。

さて、貯めたポイントは、

  1. 楽天市場での買い物(ネットショッピング)
  2. 楽天ポイントカードを利用して街の買い物(リアルのショッピング)
  3. 楽天Edyに交換

で利用することができます。
楽天ポイント1

「楽天ポイントカード」はポイントカード!

お次は「楽天ポイントカード」です。

名前のとおり、ポイントカードです。

クレジットカードがお金を後で払い、最後に紹介する楽天Edyがお金を前に払うのと違って、楽天ポイントカードは貯めたポイントを利用する方法となっています(お金でポイントを買うわけではありません)。
楽天ポイント2
出典:楽天ポイントカード公式サイト

街の買い物で「楽天スーパーポイント」が使えて、しかも、貯まるのが楽天ポイントカードの特徴です。
楽天ポイント3
これは1番わかりやすいですね。

「サークルK」、「サンクス」、「ポプラ」、「出光(ガソリン)」、「ミスタードーナツ」、「大丸」、「松坂屋」などの楽天ポイントカード加盟店でポイントを使ったり貯めたりすることができます。
楽天ポイント4
さて、楽天スーパーポイントが貯まるので、「楽天カード」でご紹介した場合と同じ利用方法となります。

「楽天Edy」は前払いの電子マネー

最後に、「楽天Edy」は、あらかじめチャージ(入金)した分だけEdyの加盟店での買い物に利用できる「電子マネー」です。
楽天ポイント5
出典:楽天Edy公式サイト

楽天Edyは電子マネーの中でも加盟店数がダントツに多いので、チェーン店などではたいてい利用できます。
楽天ポイント6
これまた、「楽天スーパーポイント」が貯まるので、利用方法は【1】でご紹介したとおりです。

3つがセットになった一体型楽天カードを手に入れよう!

さて、ここまで、楽天カード、楽天ポイントカード、楽天Edyの違いについて見てきました。

楽天カードと楽天Edyは、従来から一体型のものもありましたが、さらに2015年12月から楽天ポイントカードが加わった一体型楽天カードの登場により、1枚で3役になりました。

ここまでご紹介していたように、楽天カード、楽天ポイントカード、楽天Edyの3種類がありますが、バラバラに3枚のカードを持つ必要はなく、1枚のカードの中に全部おさまっています。
楽天ポイント8
そのため、まとめると、JCB加盟店、楽天ポイントカード加盟店、楽天Edy加盟店で幅広く利用でき、どこで利用しても楽天スーパーポイントが貯まります
楽天カード一体型

お得な使い方は?

図で見てきたように、どの使い方をしても「楽天スーパーポイント」になり、この楽天スーパーポイントは、主に次の3つに利用できます。

  1. 楽天市場での買い物(ネットショッピング)
  2. 楽天ポイントカードを利用して街の買い物(リアルのショッピング)
  3. 楽天Edyに交換

したがって、お得に使おうと思ったら、このうちどれが自分にとってよく使うを買を考えましょう。

例えば、楽天スーパーポイントから楽天Edyへの交換の際には、チャージ額の3~5%還元するキャンペーンをやっていることもあります。

【2016年8月19日から8月24日に行われた例】
楽天Edyチャージ

実質的な還元率がアップするので、キャンペーン情報をチェックしてみてくださいね。

⇒ 楽天カード7000円分の入会・利用ポイントを確実に受け取る方法楽天カード入会でポイントを確実に受け取る条件!7000,8000ポイントはいつ?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう