2017/03/263 Shares

実は、セブンカード・プラスがnanacoチャージでお得な3つの理由

セブンカード・プラスを私が持ち続けている理由

電子マネーnanacoへのクレジットカードチャージができた伝説の還元率1.5%超のカードは、この数年で、次々に改悪の道をたどりました。

  • 漢方スタイルクラブカード(還元率1.75%→0.25%)
  • リクルートカードプラス(還元率2%→0%)
  • P-one wizカード(還元率1.5%→0%)

関連 P-one Wizでnanacoチャージ還元率1.5%は11月6日で終了

現在は、リクルートカードJCB/VISA/MasterCard(還元率1.2%)、楽天カードJCB(還元率1%)、Yahoo!JAPANカードJCB(還元率1%)が主なnanacoチャージのクレジットカードとして選ばれています。

関連 nanacoチャージでポイントが貯まるオススメクレジットカード

そんな中、実は私はあえて、もう1つ選択肢として、セブンカード・プラスも持っています。

セブンカードプラス

セブンカード・プラスは、nanacoチャージの還元率は0.5%なので、「還元率」だけで見れば、どう考えても他のカードの方が上です。

しかし、少し見方を変えると、実は、セブンカード・プラスがnanacoチャージでお得な3つの理由があります。

【先に公式サイトを見たい方はこちらへ】

⇒ セブンカード・プラス公式サイト

理由1:実質キャッシュバックでポイントの使い道に困らない。

漢方スタイルクラブカードは「Jデポ」といって、後日の支払いからポイント還元分を値引きしてくれる仕組みがありました。

例えば、クレジットカードの利用が1万円の時に1000円分のポイントを利用すると、9000円の支払いでよくなったのです。

払わなくてもよい分、手元にお金が残るわけですから、実質、キャッシュバックですね。

これは本当に良い仕組みで、ポイントの利用方法なんて考えなくてすみました

しかし、漢方スタイルクラブカードがnanacoチャージから事実上の撤退をした後、「リクルートカード」、「楽天カード」、「Yahoo!JAPANカード」が人気ですが、みんなが困っているのは「ポイントの使い道(出口戦略)」です。

いくら還元率が高いクレジットカードを選んだとしても、貯まったポイントが使いづらければ、意味がないわけです。

出口戦略

例えば、リクルートカードの還元率1.2%は、還元率としては1番高いです。

では、リクルートカードを使って貯まる「リクルートポイント」はどうでしょうか?

リクルート系のサービス(ホットペッパー、じゃらん、ホットペッパービューティなど)をよく利用する方や共通ポイントPonta(※)でローソンやケンタッキー・フライド・チキンなどを利用する方にとっては、使いやすいポイントです。

※リクルートポイントからPontaに交換可能

使い道がある方は、損がないカードですね。

では、楽天カードやYahoo!JAPANカードはどうでしょうか?

「楽天スーパーポイント」や「Tポイント」として還元されるので、これらのポイントを日常的に利用する方は、自分がよく使うポイントが貯まるカードを選ぶとよいでしょう。

・・・しかし逆に、ネット通販やコンビニ・チェーン店を普段あまり利用しない方にとっては、これらのポイントが貯まっても使い道に困るだけです。

「私は、リクルートのサービスも楽天市場もYahoo!ショッピングも使わないんです。どうしましょう・・・」

そこで登場するのがセブンカード・プラスです。

カードの利用に応じて、「nanacoポイント」でもらえます。

「ん? 結局、ポイントじゃない!!」

と思うかもしれませんが、これがとても重要なことで、nanacoポイントですから、電子マネーのnanacoに交換することで、「税金や公共料金」を支払うことができます

nanacoポイントと電子マネーnanacoの関係

関連 nanacoポイントを電子マネーに交換するなら「レジ」か「nanacoチャージ機」で!

例えば、固定資産税や自動車税を貯まったポイントで支払うことができます。

リクルートポイント、楽天スーパーポイント、Tポイントでは、これができません。

固定資産税や自動車税なんかは、払わないといけないものですから、ポイントのために無理矢理買い物をするということではありません。

すると、手元には何が残るでしょうか?

「使わなかった現金」です。

これが実質キャッシュバックという意味です。

Jデポでは、クレジットカードの支払いから値引きできて実質キャッシュバックでしたが、こちらも同じようなことができます。

リクルートポイントや楽天スーパーポイント、Tポイントのように、「何に使えばいいんだろう・・・」と途方に暮れる必要はありませんね。

理由2:無料でnanacoカードが手に入る。

セブンカードプラス

出典:セブンカード・プラス公式サイト

2つ目の理由は、「nanaco一体型」を選べば、無料でnanacoカードが手に入るということです。

nanacoカードは、本来、発行手数料として300円がかかります。

一方、セブンカード・プラスnanaco一体型は、発行手数料無料です。

なお、セブンカード・プラスは、年会費500円がかかりますが、年間5万円の利用で無料になるので、非常にハードルは低いといえます。

(nanacoチャージでも5万円の利用にカウントされるので、簡単です。)

関連 nanacoカードを実質無料でセブン-イレブンやイトーヨーカドーで作る3つの方法と注意点

理由3:本家がnanacoチャージでポイントが貯まることを積極的に宣伝している。

なんか変な理由ですが、他のカードと最も違うのは、セブンカード・プラスは電子マネーnanacoと同じグループ内のクレジットカードということです。

そもそも還元率が高いクレジットカードがどんどんnanacoから撤退するのは、nanacoチャージによる手数料が多くない(1%前後と言われています)一方、自分たちは還元率1%超のポイントをカード利用者に支払う必要があるため、赤字覚悟で行っていたからと言われています。

セブンカード・プラスの場合は、同じグループ内のサービスです。

たとえ手数料をやり取りしたとても、外部に出ていかないため、グループ全体で見れば、決済する人が増えれば増えるほど、儲かる仕組みになっているといえます。

セブンカードnanaco

出典:セブンカード・プラス公式サイト

おトクな特典の2番目として、「電子マネーnanacoへのチャージでもポイントがたまる」とハッキリ書いています。

そして、私が現在、セブンカード・プラスを持っているのは、実は、リスクヘッジという意味合いもあります。

番外編:セブンカード・プラスをもっと活用する方法

入会でポイントゲットしよう!

3つの理由を並べてみましたが、もちろん、魅力はnanacoチャージだけではありません。

セブンカード・プラスを利用しながら、nanacoポイントをお得にゲットするための方法もあわせてご紹介します。

まず最初にnanacoポイントがゲットできるのが入会時です。

どのクレジットカードも入会時にはいろいろなキャンペーンをやっているものですが、セブンカード・プラスでもポイントがもらえるキャンペーンをやっています。

セブン銀行を支払口座にしてnanacoポイントゲット

セブン銀行

入会キャンペーンでも、セブン銀行をクレジットカードの支払口座に指定すると、ポイントがもらえることが多いです。

せっかくセブンカード・プラスを利用するなら、「セブン銀行」もあわせて口座開設をすることをおススメします。

参考 セブン銀行公式サイト

セブン銀行からクレジットカードの支払いがあるたびに、自動的にnanacoポイントがゲットできる点もうれしいですね。

普通預金や定期預金の金利よりも、nanacoポイントの方がよっぽど多くもらえるでしょう。

セブン-イレブンで買い物をしてnanacoポイントゲット!

これが1番まともにnanacoポイントを貯める方法ですね。

<基本編>

セブンカード・プラスが力を発揮するお店の中で、最も使いやすいのはセブン-イレブンです。

セブン-イレブンでの買い物でセブンカード・プラスを利用すると、還元率1.5%でnanacoポイントがゲットできます(同じグループ内ですから)。

<応用編>

また、セブン-イレブンの買い物で、還元率をさらに高める方法が、「nanacoボーナスポイント」です。

参考 nanacoボーナスポイント – セブン-イレブン

セブン-イレブンに行くと、10ポイント還元などの対象商品があるのに気づきます。

これをセブンカード・プラスで買えば、nanacoポイントがゲットできます。

商品によっては5%~10%のnanacoポイントが還元されるものもあります。

イトーヨーカドーで買い物をしてnanacoポイントゲット!

<基本編>

イトーヨーカドーの買い物でも還元率1.5%でnanacoポイントがゲットできます。

<応用編>

さらに、イトーヨーカドーでは、毎月「8」の付く日はセブンカード・プラス利用で5%OFFになります。
happyday

<ヘビーユーザー編>

さらに、イトーヨーカドーを年間100万円以上利用すると3,000nanacoポイントが、150万円以上利用すると1万nanacoポイントがゲットできます・・・が、これはあまりにヘビーユーザー向けですね。
累計ボーナス
出典:セブンカード・プラス公式サイト

セブンカード・プラスの詳細は公式サイトで!


⇒ セブンカード・プラス公式サイト

なお、入会・登録でnanacoポイントプレゼントキャンペーンをやっていますが、「支払い名人」は「リボ払い」のことですので、申し込む際は、ご注意ください。

関連 nanacoとクレジットカードで税金や公共料金を節約するために気をつけること

関連 セブンカード・プラス一体型のnanacoチャージまでの手順と本人認証

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう