2 Shares

セブンカード・プラスの国際ブランドJCBとVISAはどっちがおすすめ?メリットとデメリットを徹底比較!

セブンカードプラスのブランド

クレジットカードのセブンカード・プラスには、

  • JCB
  • VISA

の2種類の国際ブランドがあります。

「JCBとVISAは何が違うの?」

「どっちがオススメ?」

と申し込む際に疑問に思う方もいると思います。

まず結論から言えば、JCBとVISAの違いは次のとおりです。

JCB VISA
ディズニーデザイン ○ ×
入会特典(随時ご確認ください) ○ ×
モバイルSuicaへのチャージでポイント還元 × ○

人気のディズニーデザインを選びたければJCB、モバイルSuicaにチャージしてポイントを貯めたければVISAです。

どちらを選んでも年会費無料ですよ。

    \公式サイトはこちら/

⇒ セブンカード・プラス公式サイト

セブンカード・プラスを申し込む時の参考にしてみてください。

関連 実はセブンカード・プラスがnanacoチャージでお得な3つの理由

関連 イトーヨーカドーの8,18,28日ハッピーデーは5%OFF!セブンカード・プラスやnanacoで支払おう!


セブンカード・プラスJCBのメリット

(1) JCBなら入会時にポイントゲット!

セブンカード・プラスの入会時にJCBブランドを選ぶとポイントがもらえるキャンペーンが多く行われています。

(例)

  • ディズニー・デザイン(※)、または一般デザインのJCBブランド選択で500円分のnanacoポイント

※ディズニー・デザインは次で説明するようにJCBだけです。「JCB」ブランド選択の場合に限られます。

500円あればセブン-イレブンでお弁当をタダで買うことだってできますね。

(2) JCBならディズニーデザインが選べる

私は最初、VISAで申込みをしました。

セブンカードプラスnanaco一体型

その後、ディズニーデザインが登場してすぐに「JCB」に変更しました。

【セブンカード・プラスディズニーデザイン】

ミッキーマウスが気球に乗ったディズニーデザインが選べるのはJCBだけだからです。

JCBカードは昔からディズニーと深い関係があります。

かつて東京ディズニーリゾートで使えるクレジットカードはJCBブランドに限定されていたほどです。

現在もJCBは東京ディズニーランドと東京ディズニーシーのオフィシャルスポンサーです。

のアトラクションを提供しているので、ディズニーファンならご存知の方も多いと思います。

関連 セブンカード・プラスをディズニー・デザインに切替え完了!ミッキーマウスnanaco一体型でポイントを貯めよう!




セブンカード・プラスVISAのメリット

電子マネーnanacoへのチャージはJCBでもVISAでも可能です。

関連 nanacoとクレジットカードで税金や公共料金を節約するために気をつけること

関連 セブンカード・プラスnanaco一体型のnanacoチャージの方法と本人認証の注意点

 

一方、「モバイルSuica」へのチャージはVISA限定となっています。

モバイルSuicaへのクレジットカードチャージでポイントを貯めたい方はVISAを選びましょう。




セブンカード・プラスJCBとVISAの共通点

JCBとVISAを比較しましたが、参考までにどっちを選んでも変わらない点もご紹介します。

  • 種類:nanaco一体型nanaco紐付型も選択可
  • 家族カード:発行可
  • ETCカード:発行可
  • 年会費(本会員) :年会費無料
  • 年会費(家族会員):年会費無料

以前は年会費が500円かかっていましたが、無料になりました。

nanaco一体型と紐付型の違いについては次の記事をお読みください。

関連 セブンカード・プラスnanaco一体型と紐付型のメリットとデメリット




まとめ

セブンカード・プラスの国際ブランドJCBとVISAのメリットとデメリットを徹底比較しました。

JCBよりもVISAの方が利用できるお店が多い(特に海外)ケースもあるので、自分の使い方に合わせて申し込みしましょう!

    \公式サイトはこちら/

⇒ セブンカード・プラス公式サイト

この記事はお役に立てましたか?  リンクは自由です。ブログでご紹介いただけるととても嬉しいです。

感想や質問、間違いや誤字脱字があれば、「お問い合わせフォーム」やコメント欄(一部閉じています)からお気軽にご連絡ください。なお、コメント欄は運営者の承認後に表示されます。

※税金計算や扶養に入れるかなどの具体的な有利不利の判断についてはこちらから

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事のURLとタイトルをコピーする