2018/03/064 Shares

【名古屋のブックカフェ】Carlova360 NAGOYA (カルロバ名古屋)


Carlova360 本

名古屋の栄駅から矢場町駅の間には三越・ラシック、松坂屋、パルコ(PARCO)と百貨店が並びますが、矢場町駅に近いところにあるパルコ東館の4階に本屋併設カフェ「Carlova360 NAGOYA (カルロバ名古屋)」があります。

名前:Carlova360 NAGOYA (カルロバ名古屋)

住 所:〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄3-29-1 名古屋パルコ東館4F

電 話:052-264-8526

営業時間:10:00~21:00(カフェのラストオーダー 20:30)

アクセス:地下鉄名城線矢場町駅4番出口⇒徒歩1分のパルコ東館4階

※2018年2月19日時点情報


Carlova360 NAGOYAへのアクセス

名古屋市営地下鉄名城線「矢場町駅」の4番出口を出ると、後方にパルコがあります。

矢場町4番出口

パルコの東館の1階にはスターバックスが入っていますが、その横を通り抜けて店内に入ります。

パルコ東館エレベーター

店内に入ってすぐ右手にエレベーターがあるので、この4階を目指します。

なお、4階には他にもアニメ・コミック・ゲーム関連専門店の「アニメイト」もあるので、そこから休憩でカフェにくるお客さんもいます。

読書家&ブロガーとしてのCarlova360 NAGOYAの感想

1.書店について

書店なんてどこも同じだと思っている方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。どこにどのような本を置くかだけでもそのパターンは星の数ほどあります。

Carlova360 NAGOYAでは、10のテーマで書籍と雑貨を「編集」しています。

Carlova360

画像出典:Carlova360 NAGOYA (カルロバ名古屋)- ショップリスト – リブロ

 

amazonにない書店の役割というはまさにこの「編集」であり、書店の「こだわり」があることによって本との「新しい出会い」が生まれます。

特徴としては「雑貨(特に文房具)」のセレクトショップでもあり、文房具好きの私としては新しい文房具に出会えるのを楽しみにしています。

2.カフェについて

私は15~17時くらいに行くことが多いですが、割とお客さんでいっぱいの印象です(カフェが混雑する時間帯ですからね)。

それでも私が行くときはたいてい並んで待つほど混雑しているわけではないので、注文してすぐ受け取って席につけます。

Carlova36002

出典:Carlova360 NAGOYA (カルロバ名古屋)- ショップリスト – リブロ

カフェスペースの注意点が公式サイトにのっていたのでまとめると、

  • FREE wifiあり
  • 禁煙
  • 商品の撮影はNG
  • 本の書き写しもNG
  • 書籍の持込みは上限3冊までOK
  • 雑誌の持ち込みはNG

となっています。

このほか、入口付近のカウンターのテーブルと奥のイスの下にコンセントがあるので充電も可能です。

カフェに実際に来ている人たちの様子

自分が良く行く時間帯(15~17時くらい)に限るかもしれませんが、

  • 本を読んでいる人(買って読んでいる人も多い)
  • パソコンを開いてノマドワークをしている人
  • 2人で旅行のプランを考えている人
  • 休憩のために来てスマホをずっと見ている人

が多いです。

1人または2人で来る方が多い印象で、テーブルも「カウンター」と「2人掛け用」の2種類が用意されているので、3人以上の団体できておしゃべりをする空間というわけではないです。

とはいえ、2人でしゃべっている人もいるので静かというわけでもありませんが、かといって騒がしすぎるわけでもありません。

私の利用の仕方

まず書店の方をざっと回って、気になる本や雑貨を大体見て、欲しい本があれば買います。

Carlova360 本

ちなみに今回買ったのはこちらの本です。

ずぼらマネー もう2万円トクする人の買い物習慣

ずぼらマネー もう2万円トクする人の買い物習慣

1,296円(06/22 14:47時点)
発売日:2018/01/17
Amazonの情報を掲載しています

女性のための節約術でものっているのかと思ったら、クレジットカードと電子マネーとポイントカードの話という私の大好物だったので即買いでした(笑)

そして、カフェコーナーに行きます。

今回はホットアップルサイダーを注文しました。

ジンジャーがきいていて、温まりました(商品撮影はNGでしたので画像はありません)。

「Carlova360」という名前とコンセプトの「生活クリエイター」とは?

ちょっと変わった名前ですが、公式サイトを見ると次のように説明がありました。

「Carlova360」について

Brand statement

Carlova360は、「生活クリエイター」のための書店です。

未来に広がるこの世界は、ひとりひとりの「生活」の集合体。

それぞれが自分の創造力を頼りに足元からデザインしたものこそ本当に「価値ある」スタイルです。

もっと豊かな生活を求めて、日々を探検する人たちに。

Carlova360は、360°広くアンテナを伸ばし「生活クリエイター」の糧となる素材やアイデアを探し続けます。

出典:Carlova360 NAGOYA (カルロバ名古屋)- ショップリスト – リブロ

「生活クリエイター」について

与えられたスタイルやトレンドに満足せず価値あるものを賢く選択する知性と感性を持ち自分にフィットする商品やサービス、居場所や交流を日々探しながら心地よい暮らしを自らデザインしてクリエイトし続ける自律した生活者。

※Carlova (カルロバ)とは、1893年に発見された小惑星の名称。小惑星番号360。

出典:Carlova360 NAGOYA (カルロバ名古屋)- ショップリスト – リブロ




まとめ

昔、この書店ができる前の書店もコンセプトがハッキリしていて普通の書店とは違うこだわりを感じていました。

お店のコンセプトや雰囲気について書こうと思いましたが、調べてみると次の取材記事の中で詳細に紹介されているので、気になる方はぜひお読みください。

>>>生活クリエイターのための書店「Carlova360 NAGOYA」 こだわりのコーヒーとリブロが提案する新ブランドとは? | ほんのひきだし

最後までお読みいただき、ありがとうございました^^ この記事はお役に立てましたでしょうか。感想や質問、お気づきの点があれば、「お問い合わせフォーム」やコメント欄からお気軽にご連絡ください。なお、コメント欄は私の承認後に表示されます。税金計算や具体的な有利不利の判断についてはこちらから

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう