セブンカード・プラス申込は土日祝がお得

自動車税(種別割)をクレジットカードで支払う方法とメリット・デメリットまとめ

3 min

自動車税のクレジットカード払い

この記事では自動車税をクレジットカードで直接納付する方法(クレジットカード納税)を紹介します。

クレジットカード納税のメリットとデメリットをまとめると次のとおりです。

【メリット】

  • クレジットカードのポイントが貯まる。
  • 支払い時期を遅らせることができる。
  • 支払いに行く必要がない。
  • クレジットカードの種類は問わない。

【デメリット】

  • システム利用手数料がかかる。
  • 払い忘れの可能性がある。
  • 納税証明書が発行されない。

 

24時間いつでも自宅のパソコンやスマホからクレジットカードでサクッと納税ができます。

また、システム利用手数料がかかるので還元率1%以上のクレジットカードで支払いたいところです。

参考:コンビニ納税

もし手数料無料でクレジットカードのポイントを貯めたい方は、電子マネーnanacoとクレジットカードを利用した方法もあります。

詳細は次の記事をお読みください。

関連 nanacoとクレジットカードで税金や公共料金を節約するために気をつけること

 

最近はクレジットカードからnanacoへのチャージの制限が増えたり、近所にセブン-イレブンがないという方からご相談をいただくようになってきました。

そこでこの記事では自動車税のクレジットカード納税について紹介します。




自動車税をクレジットカードで支払う方法

まず都道府県がクレジットカード納税に対応しているかを確認しましょう。

自動車税は都道府県に対して支払いますが、クレジットカード納税ができるかどうかはそれぞれ異なります。

また、できる場合でも

のいずれかになります。

自動車税のお知らせや都道府県のホームページを見れば確認できます。

「都道府県名 自動車税 クレジットカード」で検索してみましょう。

クレジットカード納税ができる場合には、

  • 自動車税の納税通知書
  • クレジットカード

を用意しましょう。

【おすすめクレジットカード】




6月までに車検を受ける場合の注意点

自動車税でクレジットカード納税をするときに注意が必要なのは「車検」です。

納税証明書がすぐに発行されない!

クレジットカード納税では「納税証明書」がすぐに発行されません

平成27年4月から自動車税納付確認システムが導入され、車検更新時の自動車税の納付状況の確認は「電子的」にできるようになりました。

そのため、納税証明書がなくても確認ができます。

ただし、クレジットカード納税では納税してから納税の確認ができるようになるまで2~3週間程度かかります。

この間は電子的な方法で納付の確認ができず車検ができません。

※都道府県によって確認できる期間が異なるので公式サイトで確認しましょう。

銀行やコンビニで納付がおすすめ

特に5月から6月までに車検をする場合は、銀行窓口やコンビニで納付をしましょう。

そうすればすぐに納税証明書を受け取ることができます。

5~6月以外の月に車検をする場合は電子的な方法で納税が確認できるので特に困ることはありません。




クレジットカード納税の手数料を計算

クレジットカード納税はシステム利用手数料がかかるのであらかじめ計算しておくと良いでしょう。

支払うときに手数料を見て「え! そんなにかかるならやめておけばよかった」と思ったらそれまでの時間はムダですよね。

以下、愛知県の例でご紹介します。

金額は都道府県によって画面は異なりますが、自動車税の納付金額を入力すると手数料が表示されます。

【公式】愛知県県税 クレジットカードお支払サイト

愛知県自動車税

我が家の場合、30,500円の自動車税を支払いますが、税込み321円の手数料がかかります。

クレジットカードの還元率が

  • 1%:もらえるポイント305円-手数料321円=▲16円

で赤字になってしまいます。。。。

ちなみに手数料は全国で異なります。同じ30,500円でも

と異なります。




まとめ

自動車税のクレジットカード納税のメリットとデメリットを再度まとめると次のとおりです。

【メリット】

  • クレジットカードのポイントが貯まる。
  • 支払い時期を遅らせることができる。
  • 支払いに行く必要がない。
  • クレジットカードの種類は問わない。

【デメリット】

  • システム利用手数料がかかる。
  • 払い忘れの可能性がある。
  • 納税証明書が発行されない。

 

やっぱりネックになるのは「利用手数料」ですね。

 

【おすすめクレジットカード】

参考:コンビニ納税

もし手数料無料でクレジットカードのポイントを貯めたい方は、電子マネーnanacoとクレジットカードを利用した方法もあります。

詳細は次の記事をお読みください。

関連 nanacoとクレジットカードで税金や公共料金を節約するために気をつけること

この記事はお役に立てましたか?  リンクは自由です。ブログでご紹介いただけるととても嬉しいです。

感想や質問、間違いや誤字脱字があれば、「お問い合わせフォーム」やコメント欄(一部閉じています)からお気軽にご連絡ください。なお、コメント欄は運営者の承認後に表示されます。

※税金計算や扶養に入れるかなどの具体的な有利不利の判断については税金の相談方法をお読みください。
nerona

nerona

30代共働き。FP2級。書庫のある家に住んでます。お買い物情報やお得なポイント情報が好きです。年末調整や確定申告のやり方もご紹介。モス、スタバ、無印によくいます。⇒ 運営者詳細 / お問い合わせ

FOLLOW

カテゴリー:

2 件のコメント

  1. neronaさん、こんにちは。

     自動車税は県によってはLINEPayやPayPayの請求書払いが使える上に納税手数料が無料なので、これらにチャージした際にポイントが貰えるクレカを使えば、セブンイレブンのnanaco払いやミニストップのWAON払い以上の還元が受けられる県もありますよ。

    例:岡山県
    https://www.pref.okayama.jp/page/654642.html
     PayPayの場合だとワイモバイルユーザーの私ならワイモバイルまとめて払いの利用で1%~1.5%還元なので、セブンカードプラスからのnanacoチャージの0.5%還元やリクルートカードの1.2%還元を超える還元にすることが可能です。
     とはいえ、持っている自動車が軽自動車だけなので、市税となりPayPay請求書払いは使えませんでした。今年もnanacoによる「軽自動車税」納税となりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA