2 Shares

クリックポストの簡単な使い方!全国一律185円の料金でお得に送ろう!

クリックポスト

クリックポストとは、全国一律料金185円(税込み)で自宅で簡単にあて名ラベルをして荷物が送れる郵便局(日本郵政)のサービスです。

A4サイズまでで1kg以内のものを安く送りたいときは一度検討してみてください。

【クリックポストのメリット】

  1. 送料が安い!(全国一律185円)
  2. 重さ1キログラムまでOK
  3. 追跡サービスあり
  4. 日曜・祝日配達あり
  5. 発送手続きが自宅でできる
  6. あて名を手書きしなくても印刷可能
  7. ポストに投かん可能
  8. 郵便受けに配達
  9. ネット上で支払い

配達日数はおおむね差出日の翌日から翌々日です(遠方の場合はさらにかかります)。

【公式】クリックポスト|日本郵便

メルカリやヤフオクなどの商品発送でよく利用されています。

実は知らないだけでクリックポストで送られてきた荷物を受け取ったことがあるかもしれませんよ。

クリックポスト

特に次のような方におすすめです。

  • 追跡サービスを利用したい
  • 書籍など重いものを送りたい
  • レターパック(360円または510円)より安い方法を探している
  • 遠方の家族や親せきなど毎回同じ住所に送る

この記事ではクリックポストの内容と使い方について紹介します。


1.クリックポストで送れるものとは?

クリックポストで送れるものは、

  • 厚さ3センチ×長辺34センチ×短辺25センチ以下
  • 重さ1キロ以下

の荷物です。

クリックポスト

出典:クリックポスト|日本郵便

これはちょうど定形外郵便(規格内)と同じです。

A4用紙が入る「封筒」のサイズが長辺34センチ×短辺25センチよりやや小さいくらいなので、A4サイズのものが送れるというイメージです。

じゃあ定形外郵便(規格内)でもいいじゃないかと思いますが、100グラムを超えると205円~570円になるので、185円のクリックポストの方が安くなります。

逆に100円以内だと定形外郵便(規格内)で切手を貼った方が安いです。

つまり、100グラムを超えるものはクリックポストの方が安くなります。

例えば、

  • 衣料品
  • 書籍・コミック
  • CD・DVD・ブルーレイ
  • ハンドメイド品
  • 化粧品
  • お菓子

といったものを送る人が多いです。

全国どこでも185円で送れるので距離が遠いほどお得ですね。




2.クリックポストで送れないものは?

クリックポストで送れないのは

  • 厚み3センチを超えるもの
  • 重さ1kgを超えるもの
  • 信書
  • 現金
  • 貴金属、宝石
  • 爆発物・毒劇物等の危険物

などです。

このうち「信書」は郵便局の公式サイトに細かく書かれています。

参考:信書に該当するものを教えてください – 日本郵便

例えば「確定申告書」は残念ながら信書に該当してしまうのでクリックポストでは送れません。

信書も送れるレターパックをおすすめします。

関連 レターパックライト・プラスならコンビニで!購入・支払方法の注意点まとめ




3.クリックポストの注意点

クリックポストを使う上で注意が必要なのは次の点です。

  1. Yahoo!JAPAN IDまたはAmazonアカウント(※)が必要
  2. 支払いはクレジットカード(現金支払いは不可)
  3. あて名ラベルを自分で印刷(手書き不可)
  4. 補償がない
  5. 速達・配達時間帯・配達日指定は不可
  6. こわれもの、天地無用、逆さま厳禁の指定は不可

3番目は同じ住所に繰り返し送る場合には楽なのメリットでもあります。

4番目の補償については、通常の郵便・レターパックと同様にありません。

大切なものや高価なものを送るときは、補償の対象になる「書留」を利用しましょう。

※2019年3月12日からAmazonアカウントでも登録が可能になりました。




4.クリックポストの登録方法

クリックポストは「初回」のみネット上でまず登録が必要です。

一度登録してしまえば2回目以降は簡単にできます。

まずクリックポストのサイトにアクセスします。

【公式】クリックポスト|日本郵便

「クリックポストを利用する」を選びます。

クリックポスト

「Yahoo!JAPAN ID」と「Amazonアカウント」のいずれかを利用してクリックポストの登録が可能です。

今回は「Yahoo!JAPAN ID」を利用してみます。

クリックポスト

Yahoo!JAPAN IDをもっていると「Yahoo!ウォレット」という決済方法を利用できます。

「同意してはじめる」を選びます。

クリックポスト

 

続いて利用規約が出てくるので「利用規約に同意する」にチェックをして、「次へ」ボタンを選びます。

クリックポスト

登録手続きのご案内として2種類出てきますが、初めて利用するので「新しい利用者情報として登録する」を選びます。

クリックポスト

「利用者情報登録」の各欄に自分の氏名・郵便番号・住所・メールアドレスを入力します。

クリックポスト

次に進むと確認画面になるので、間違いがないか確認しましょう。

 

クリックポスト

 

登録ボタンを押すと登録したメールアドレス宛にメールが届きます。

クリックポスト

メールにあるリンクをクリックすると手続きが完了します。

クリックポスト

そのまま使うには「ログインへ」をクリックしてIDとパスワードでログインします。

5.クリックポストの申込みと支払い方法

ここからクリックポストの申込みと支払い方法について説明します。

クリックポストの公式サイトにログインすると、「マイページ」があります。

この中で「1件申込」を選びます。

クリックポスト

郵便番号・住所・氏名・内容品を入力します。

クリックポスト

お届け先氏名の後は「様」または「御中」から選べます。

今回入力した住所を今後も利用する場合には「アドレス帳に保存する」をチェックしましょう。

クリックポスト

内容が良ければ「お支払い手続きへ」に進みます。

【注意】印字後のラベルは手書きで修正できません。誤りがある場合には、再度発送の申込みが必要なのでしっかりここで確認しましょう。

クリックポスト

今回はYahoo!ウォレットで支払いをします。

クレジットカード情報を入力して次へ進みます。

クリックポスト

クリックポスト

「支払手続き確定」ボタンをクリックします。

クリックポスト

ネット上で支払いが完了しました。

6.クリックポストの印刷方法

最後のあて名ラベルを印刷します。

ラベル印字画面で注意事項を確認してチェックし、印字ボタンをクリックします。

クリックポスト

別画面が表示されるのでこのまま家のプリンターで印刷をします。

家にプリンターがない場合はネットワークプリントサービスを利用してコンビニで印刷も可能です。

クリックポスト

なお、私が受け取るときはいつも「白黒」で届くので白黒でいいの?と疑問に思って調べたところ、公式サイトによればカラーでも白黒でもどっちでもOKです。

白黒で印刷してみました。点線にそって切り取りましょう。

クリックポスト

下記のように封筒にのりづけして貼りました。

クリックポスト

なお、はがれると送り返されたりすることもあるそうなので、さらに周囲をテープで貼ると良いでしょう。

商品をビニール袋で送る場合はテープでしっかり貼ります。

【注意】バーコードやQRコードにテープが触れないように注意しましょう。

印刷したらマイページに戻ってみましょう。

クリックポスト

マイページでは申込み内容を確認できます。

クリックポスト

続いて追跡サービスです。

7.クリックポストの追跡サービスと日数

郵便ポストに入れて郵便局側で登録されると追跡サービスで追うことができます。

マイページの「お問い合わせ番号」をクリックします。

クリックポスト

次のように追跡サービスの検索結果が出てきます。

クリックポスト

今回は名古屋市内で送ってます。

3/29の15時台に投かんして、翌日3/30の11時に届け先に到着していました。

さすがに同一市内だと早いですね。

交通の便が良ければ翌日か2日後、遠方になると2~3日後になることもあるので、追跡サービスで確認してみましょう。

まとめ

クリックポストは全国一律185円で安いのですが、ネットの登録とラベルの印刷と切手貼る作業があるので少し手間がかかります。

ただ、

  • 追跡サービスを利用したい
  • 書籍など重いものを送りたい
  • レターパック(360円または510円)より安い方法を探している
  • 遠方の家族や親せきなど毎回同じ住所に送る

ような場合にはいい方法だと思います。

もしA4サイズまでで1kg以内のものを安く送りたいときは一度検討してみてください。

【公式】クリックポスト|日本郵便

この記事はお役に立てましたか?  リンクは自由です。ブログでご紹介いただけるととても嬉しいです。

感想や質問、間違いや誤字脱字があれば、「お問い合わせフォーム」やコメント欄(一部閉じています)からお気軽にご連絡ください。なお、コメント欄は運営者の承認後に表示されます。

※税金計算や扶養に入れるかなどの具体的な有利不利の判断についてはこちらから

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事のURLとタイトルをコピーする