2018/11/086 Shares

クレジットカードを2枚・3枚持ちするメリットは?何枚持ちがおすすめ?

クレジットカードの枚数

JCBの調査によれば日本人のクレジットカードの平均保有枚数は3.2枚です。

「クレジットカードに関する総合調査」2017年度の調査結果

画像出典 JCB|クレジットカードに関する総合調査 2017年度版 調査結果レポート(2018年2月)

一般社団法人日本クレジット協会の「平成29年度 クレジットに関する消費者向け実態調査結果」でもカードの平均所持枚数は2.9枚とあるので、3枚くらいと考えてよいでしょう。

私はこのブログでクレジットカードについて自分が使った体験談を載せる目的もあって、今まで20枚以上クレジットカードを作ってきました。

そういう人は少数派で、0枚や1枚しか持っていない方も多いと思います。

しかし、過去の経験上、最低でも2枚、できれば3枚クレジットカードをもつことをおすすめします。

最後におすすめのクレジットカードもご紹介しているので参考にしてみてください。


1.クレジットカード2枚・3枚持ちするメリット

クレジットカードの2枚持ち、3枚持ちをおすすめする理由は次の3点です。

  1. 急にクレジットカードが使えなくなると困る
  2. 国際ブランドによって使えないお店がある
  3. 特定のお店だけで特典があるカードが多いから

1-1. 急にクレジットカードが使えなくなると困る

以前楽天カードを使っている時に急に磁気不良になって使えなくなりました。

クレジットカードは「磁気ストライプ」が使われていて、強い磁気をもったものの近くに置くと磁気が壊れます。

例えばスマートフォンのカバーに磁石がついているものが多いですが、一緒に入れることで磁気不良になるケースがあります。

また、最近はICチップ内蔵のカードが増えていますが、ICチップも読み込みができなくて使えないケースがあります。

再発行してもらえばいいのですが、1枚持ちだとその間にクレジットカードが使えません

そういうときに限ってクレジットカードの支払いが必要になるので、保険として2枚持ちをおすすめします。

1-2. 国際ブランドによって使えないお店がある

クレジットカードは主にJCB、VISA、Mastercardといった国際ブランドがあります。

ほとんどのお店では特に気にする必要はないのですが、JCBはVISA・Mastercardに比べて使えるお店がやや少ない傾向にあります。

また、海外で利用するときはVISA・Mastercardの方が使えるお店が多くて有利です。

もし今もっているクレジットカードがJCBブランドの場合には、VISAまたはMastercardを1枚持っておくと良いでしょう。

1-3.特定のお店だけで特典があるカードが多いから

クレジットカードの特典はさまざまですが、大きな傾向としては、

  • すべての買い物について還元率が高いカード
  • 特定のお店の買い物について還元率が高いカード

に分かれます。

1枚持ちだとどちらかを選ぶことになりますが、2枚持ち・3枚持ちなら

  • メインカード:すべての買い物について還元率が高いカード
  • サブカード:自分がよく使うお店で還元率が高いカード

と組合せが可能です。

なお、リクルートカード(還元率1.2%)や楽天カード(還元率1%)はすべての買い物について還元率が高い上に、自社サービスを利用するときはさらにポイントが加算されてお得なカードですね。

こういうクレジットカードなら1枚だけでも効果を発揮しますが、やはり得意不得意があるので組み合わせたいところです。

関連 リクルートカードと楽天カードはどっちがいい?2枚ともメインカードで使い分けよう!




2.クレジットカード2枚・3枚持ちするデメリット

クレジットカードの2枚持ち、3枚持ちのデメリットは次の3点です。

  1. クレジットカードの管理に手間がかかる
  2. 年会費がかかるカードはコストが増える
  3. ポイントが分散される

2-1. クレジットカードの管理に手間がかかる

どのカードでいくら使ったかを確認するには1枚のカードで確認するのが便利です。

2~3枚にすると分散するのでそれぞれのカードについて確認する手間がかかります。

とはいえ、私みたいに20枚くらい持っているわけではないので、手間といってもそれほど大変ではないと思います。

2-2. 年会費がかかるカードはコストが増える

年会費のかかるカードを使っていると、2~3枚持ちにすると2~3倍になってしまうことがあります。

しかしそれは年会費無料のカードを使えば済む話です。

使いやすいクレジットカードは年会費無料のものが多いので、2枚目、3枚目と増えてもコストは変わりません。

2-3. ポイントが分散される

個人的に1番重要だと思っているのがカードが増えれば増えるほどポイントが分散される点です。

これについては苦い経験があって、カードを分散したことでポイントが失効した経験があります。

しかし今は「1ポイントから気軽に使えるカード」を中心に使っています。

そのためこれだけクレジットカードを作ってポイントが分散されても1ポイントからどんどん使っています。

特に

  • Tポイント
  • 楽天スーパーポイント
  • Ponta
  • dポイント
  • nanacoポイント

といった、街中で気軽に使えるポイントがたまるカードがおすすめです。




4.2枚持ち・3枚持ちにおすすめのメインカード

クレジットカード7

2枚持ち・3枚持ちをするときに大事なのは、「メインカード」と「サブカード」に分けて考えることです。

  • メインカード:すべての買い物について還元率が高いカード
  • サブカード:自分がよく使うお店で還元率が高いカード

すべての買い物について還元率が高いカードがメインカードとして適しています。

還元率は1%以上を目標にしましょう。

4-1. リクルートカード

▼還元率1.2%:Pontaに交換してローソンで使える!


⇒ リクルートカードのお申し込みはこちらから

4-2.オリコカード ザ ポイント

▼入会後半年間は還元率2%!

⇒ オリコカード ザ ポイントのお申し込みはこちらから

4-3. 楽天カード

▼還元率1%:楽天市場でポイントザクザク!

楽天カード
⇒ 楽天カードのお申し込みはこちらから

関連 楽天カードは年会費無料で還元率1%!楽天市場なら最大5%も!節約家におすすめする7つの理由

4-4. Yahoo! JAPANカード

▼還元率1%:Tポイントが貯まる!

Yahoo! JAPANカード

⇒ Yahoo! JAPANカードのお申し込みはこちらからYahoo! JAPANカード

4-5. dカード/dカードGOLD

▼還元率1%:dポイントが貯まる!
dカード
⇒ dカードのお申し込みはこちらから

なお、ドコモユーザーはドコモの利用料金の10%が貯まるdカードGOLDが大人気です。

dカードGOLD
⇒ dカード GOLDのお申し込みはこちらから




5.特定のお店や利用方法で得をするクレジットカード

5-1. セブン-イレブンやイトーヨーカドー

セブンカード・プラス
⇒ セブンカード・プラスのお申し込みはこちらから

5-2. ファミリーマート


⇒ ファミマTカードのお申し込みはこちらから

5-3. 無印良品

MUJIカード
⇒ MUJIカードのお申し込みはこちらから

関連 MUJIカードなら無印良品で還元率最大1.8%!年間1500ポイントもらえるお得なカード

5-4. コストコ

コストコではMastercardブランドが使えます。

還元率が高いクレジットカードのMastercardブランドがおすすめです。

関連 コストコで使うならリクルート・楽天・Yahoo! JAPANカードのMasterCardブランドがおすすめ!

5-5. ガソリンスタンド「出光」

出光のガソリン代が常時2円引き、さらに請求時に2円引きになるカードです。

出光まいどプラスカード
⇒ 出光カードまいどプラス

楽天スーパーポイントと組み合わせるとさらにお得です。

関連 【出光】楽天バリアブルカードとまいどプラスカード・キャッシュプリカの併用がお得!

5-6. ガソリンスタンド「ENEOS」

ENEOSのガソリン代が値引きになる「ENEOSカードS」なら年1回利用で年会費無料でロードサービスが受けられます。

JAFの会費4,000円を節約したい方におすすめです。

ENEOSカード公式サイト

また、楽天カードYahoo! JAPANカードもおすすめです。

関連 ENEOSの給油でTポイントが貯まる!Yahoo! JAPANカードの利用方法と楽天カードとの比較

関連 エネオス(ENEOS)でガソリンを安く入れるならポイント2倍の楽天カードで節約しよう!

5-7. 税金・公共料金の支払い

既に紹介したリクルートカードセブンカード・プラスYahoo! JAPANカードファミマTカードを利用すると税金の支払いでポイントを貯めることができます。

詳細は次の記事をお読みください。

関連 nanacoとクレジットカードで税金や公共料金を節約するために気をつけること

関連 nanacoチャージでポイントが貯まる!おすすめクレジットカード4選

この記事はお役に立てましたか。感想や質問、間違いや誤字脱字があれば、「お問い合わせフォーム」やコメント欄(一部閉じています)からお気軽にご連絡ください。なお、コメント欄は運営者の承認後に表示されます。※税金計算や扶養に入れるかなどの具体的な有利不利の判断についてはこちらから

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう