2018/12/033 Shares

大学の教科書を割引や中古で安く買う11の方法【2018年度版】

大学生になって最初に驚いたのは、とにかく「教科書が高い!」ということでした。

そもそも教科書と言っても高校までのような教科書ではなくて、単に「授業で指定された本」に過ぎません。

例えば、私が受けた政治学の授業で指定された教科書はその講座を担当する大学教授が書いた本でした。

4,800円(当時)でした。

・・・これって授業以外で売れてるのかな、と同級生と話したものです。

最初の1年目は何も分からなかったし独り暮らしでとりあえず言われるままに大学生協で購入しましたが、何万円もいきなり飛んでびっくりしました。

教科書代は前期分だけでもたいてい2万円(医学部系なら3~4万円以上)を超えます。

この記事では、大学の教科書を割引や中古で安く買う方法をご紹介します。


1.大学生協で買う![★☆☆]

大学生協

定番中の定番だと思いますが、大学生協の書店で購入すると本が割引価格で購入できます。

例えば、名古屋大学大学生協では組合員になると定価の1割引(10%オフ)で本が購入できます。

書籍部

教科書・専門書から文庫本・雑誌・マンガにいたるまでさまざまな種類の書籍に加え、注文販売になりますがCDやDVDが1割引の組合員価格で購入できます。教科書も1割引になるので生協書籍部は大学生活に欠かせない存在です。

書籍の購入だけでなくTOEICや各種資格の申し込みもでき、勉学・研究を総合的にサポートしています。

したがって、大学の教科書を購入する場合には、どんなに高くても定価の1割引で買えます。

私も大学生協経由で4年間で大量の本を買って、仕送りのお金を使いすぎて食費がなくなったことがあります。

その節は大変お世話になりました。

<メリット>

  • 定価の1割引で購入できる
  • 必要な本が過不足なくそろっている

大学生協を利用する最大のメリットは、実は必要な本がすべてそろっている点です。

大学ではシラバス(授業実施要項)を見て興味のある分野を選んで時間割を決めますが、大学生協では各授業の本を発注しているので漏れがありません。

<デメリット>

  • 1割引きなので劇的に安いわけではない




2.先輩から譲ってもらう![★★★]

大学生協と並んで1番よくある方法です。

<メリット>

  • 個人間なので安く手に入る
  • 合わせて試験の情報もゲットできるとラッキー

そんなに大学の試験は毎年変わらないので、前年の試験の状況を教えてもらう方が本を安く手に入れるよりもよほどメリットかもしれませんね。

<デメリット>

  • 同じ単位を取っている先輩がいないとはじまらない

これは私みたいにサークル活動もせずにひたすら本を読んでいた大学時代を送っていた場合には、とても使いにくい方法でした。

ただ、3年次に研究室に配属されてからは、4年次の先輩から試験のテキストを譲ってもらったり試験範囲について情報をもらったりしたので、1年間だけ使えた方法でした。




3.自分が通う大学に近いブックオフや古本屋で買う![★★★]

1年の前期が終わったときにもう教科書はいらないとブックオフにもっていたときに気づきましたが、実は大学に近いブックオフや古本屋には、大学の教科書が売られています(笑)

公式サイト>>>店舗検索 | 本・家電を売るならBOOKOFF(ブックオフ)

それもそもはずで、私と同じように「もういらない」と売りに来た人たちでいっぱいだからです。

<メリット>

  • 定価で買うより安い

私が買った例の政治学の本が定価4,800円のところ、1冊1,000円で売られているのを見たときはとてもがっかりしたのを覚えています。

<デメリット>

  • 必ず目当ての本があるとは限らない
  • 「版」が古い場合がある

1つ気になるのが「版」が古いという点です。

本も「バージョンアップ」するので、本の裏の方にある「版」を確認しましょう。

授業でわざわざ「第2版」を買うように指定があったら第2版を買う方が無難です。

しかし、ブックオフで古いと買ったけど第1版だったということもあるので注意です。

それほど内容が大きく変わらない限りは大丈夫だと思いますが、租税法なんかでは『租税法』という本があって現在第22版(2018年2月時点)です。

こういうのは税法の判例や税制改正を織り込んでいるので毎年変わるので、新しい版を購入するのが無難です(せめて1つ前の版)。




4.ブックオフオンラインで買う![★★★]

大学の近所にブックオフや古本屋がなかったり、あっても目当ての本がない場合は、ブックオフオンライン(BOOK OFF Online)がおすすめです。

公式サイト>>>ブックオフオンライン

<メリット>

  • 定価で買うより安い
  • ブックオフに行かなくてもネットで簡単に探せる

ネットですぐに探せる点が良いですね。

<デメリット>

  • 必ず目当ての本があるとは限らない
  • 「版」が古い場合がある

例えば、商品検索で先ほどの『租税法』を探してみました(スマホでも同様です)。

ブックオフオンライン01

すると、定価6,480円のところ中古で4,450円の本が見つかりました。

ブックオフオンライン02

5.ブックオフオンライン楽天市場店で買う![★★★]

ブックオフオンラインは楽天市場にも出店されているので、こちらも探してみてください。

公式サイト>>>【楽天市場】ブックオフオンライン楽天市場店

6.楽天学割を利用する?[☆☆☆]

学生限定で楽天市場でのお買い物が送料無料になり、さらにポイント10倍で教科書・参考書、さらに漫画も買える「楽天学割」を利用して買うこともできます。

楽天ブックスでのお買い物でポイント10倍=通常ポイント1%+特典ポイント9%(期間限定ポイント)

楽天学割公式サイト>>>【学生限定】楽天学割

・・・ただし、楽天ブックスでポイント10倍になるのは月間4,000円までの購入が対象です。

この点、ハッキリ書いてあるページがわかりづらくて気づきにくいのでご注意ください。

大学の教科書を買うには少なすぎます。

また、一部書店は対象外になっているのでそこに引っかかる可能性もあります。

なお、年会費無料なので、楽天市場を利用して買い物をする学生さんは送料無料になるので入っていて特に損はないと思います。

7.フリマアプリ「メルカリ」で買う![★★★]

フリマアプリのメルカリもおすすめです。

公式サイト>>>メルカリ

<メリット>

  • 定価で買うより安い
  • ネットで簡単に探せる

メルカリは個人が商品を出品するので値段のつけ方が「適当」です。

すぐ処分したい人は安く値段をつけることもあるので掘り出し物が見つかります。

<デメリット>

  • トラブルに巻き込まれないように注意が必要

出品者が悪質な場合、教科書が届かない場合もあります。

使い方に注意しましょう。

8.楽天のフリマアプリ「ラクマ」で探す![★★☆]

同様に楽天のフリマアプリ「ラクマ」でも出品されていないか確認しましょう。

メルカリよりは少ないものの、どこに掘り出し物があるかはわかりません。

公式サイト>>> ラクマ

9.ヤフオク!で探す![★★★]

ヤフオク!はYahoo!が行っているオークションサイトです。

取扱いが多く画像で検索結果が出てくるので、確認してみてください。

公式サイト>>> ヤフオク! 

ヤフオクで検索すると版が1つ前になりますが、3,100円のものが見つかりました。

ヤフオク

10.amazonマーケットプレイスで買う![★☆☆]

amazonには中古の本も置いてあります。

『租税法』についてはあんまり安くなっていませんが、それでも定価で買うよりは安いですね。

amazonマーケットプレイス

11.amazonの「Prime Student」を利用する![★☆☆]

学生はamazonの「Prime Student」というサービスを利用できるので、本を買うと「10%ポイント還元」できます。

  • 本の購入:10%ポイント還元
  • オーナーライブラリー:対象のKindle本が毎月1冊無料
  • お急ぎ便・日時指定便:使い放題
  • プライム・ビデオ:25,000以上の映画やTV番組が見放題
  • 文房具・ノート:20%OFF
  • Prime Music:100万曲以上の音楽が聴き放題 などなど

詳細は公式サイトをご確認ください。

公式サイト>>>Prime Student

まとめ

私が大学時代はメルカリやラクマはなかったですし、「楽天学割楽天学割 」や「Prime Student」のようなサービスもなかったので、今はいろいろな方法がありますね。

1つの方法だけでなく、複数の方法を組み合わせてみてください。

面倒そうだと思ったら、迷うことなく大学生協の組合員になって、大学生協の書店で買いましょう。

この記事はお役に立てましたか。感想や質問、間違いや誤字脱字があれば、「お問い合わせフォーム」やコメント欄(一部閉じています)からお気軽にご連絡ください。なお、コメント欄は運営者の承認後に表示されます。※税金計算や扶養に入れるかなどの具体的な有利不利の判断についてはこちらから

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう