2020/01/303 Shares

dカード GOLDのケータイ補償とは?ドコモのケータイ補償との違いは?

dカード GOLDの特典の1つに「dカードケータイ補償」があります。

このケータイ補償ではドコモユーザーの限定特典です。

dカード GOLDだけでなく年会費無料のdカードにもありますが、次のように補償される期間と金額が小さくなっています。

dカード GOLD dカード
補償期間 端末購入後
3年以内
端末購入後
1年以内
補償金額 最大10万円 最大1万円
補償原因 偶然の事故による紛失・盗難、
修理不能(水漏れ・全損等)

例えばスマホが修理不能になったときに「最大1万円」が補償ではちょっと厳しいですよね。

そのためこの記事ではdカード GOLDによる「dカードケータイ補償」を中心にご紹介します。

また、ドコモの携帯自体にも「ケータイ補償」があり、違いがわからないという方もいると思いますので、ドコモの「ケータイ補償」と比較しながらご紹介します。

まだdカード GOLDを持っていない方はこちらからどうぞ。

\dカード GOLD公式サイトはこちら/

【公式サイト】dカード GOLD


dカードケータイ補償とは?

dカード GOLDの「dカードケータイ補償」は、利用中の携帯電話端末が購入から3年以内に偶然の事故によって紛失・盗難、修理不能(水濡れ・全損など)になった場合に適用されます。

具体的には新しく同一機種・同一カラーの携帯電話端末をドコモショップなどでdカード GOLDで支払うと、購入費用の一部を最大10万円まで補償してくれます。

▼dカード GOLDの「dカードケイタイ補償」

対象会員 dカードの本会員・家族会員
補償対象 利用携帯電話番号と紐づけされた携帯電話端末
補償金額 最大10万円
補償期間 補償対象になる携帯電話端末の購入後3年以内
補償方法 dカード利用代金の請求額から補償金額を減額して補償

dカード GOLDには本会員の家族が申し込める「家族カード」もありますが、本会員と全く同じ補償があるのは魅力的です。

しかも家族カードは1枚目までなら年会費無料なので、夫婦でドコモなら、家族カードを発行してお互いに補償対象になった方がお得ですね。

関連 dカード GOLDの家族カードなら1枚目無料で本会員と同じ特典がつく!夫婦や親子でお得に!




dカードケータイ補償の注意点は?

dカードケータイ補償は次の点に注意する必要があります。

補償原因は偶然の事故による紛失・盗難、修理不能

まず補償対象は何でもかんでもOKというわけではありません。

偶然の事故による紛失・盗難、修理不能(水漏れ・全損等)とあります。

したがって

  • 地震・台風などの自然災害で端末が壊れた場合
  • 自分や家族が故意に端末を壊した場合
  • 簡単に修理できてしまうような場合

などは補償の対象外です。

そうすると、どこまでが対象か、対象外かを判断するのが難しいですよね。

そのため補償を利用するためにはそれぞれの原因に応じて手続きが必要になります。

原因 手続き
紛失・盗難 携帯電話とdカードの利用中断手続きと警察へ遺失届・盗難届
火災による紛失 消防署等公的機関への罹災届
修理不能(水漏れ・全損等) ドコモショップ等の故障修理窓口担当者による修理不能な状態であることの確認、端末の回収
Apple製品 Apple正規プロバイダまたはAppleStoreでの故障修理不能の確認等

例えばドコモショップやAppleStoreで修理可能と判断されればこの補償の対象外です。

原則同一機種・同一カラー

同一機種・同一カラーになります。

「どうせなら気分を変えて違うカラーにしよう!」ということはできません。

ただし、同一機種・同一カラーがない場合は、ドコモが指定した携帯電話端末になります。

dカード GOLDで支払いが条件

dカードケータイ補償の条件としてdカード GOLDで支払うというものがあります。

後日、dカード利用代金の請求額から補償金額が減額されます。

分割購入は頭金・事務手数料だけ

個別購入あっせん契約または割賦販売契約を締結して新端末を購入する場合は、頭金と事務手数料のみが補償の対象になります。

逆に言えば、月々の分割支払金は補償の対象外です。

これでは補償の意味が薄れてしまうので、dカード GOLDで「一括払い」を行うようにしましょう。

普段分割支払いをしている方はご注意ください。

年1回のみ利用可能

dカードケータイ補償は1年に1回利用可能です。

年に何回もスマホが盗難されたり全損したりすることは考えづらいですが、ご注意ください。




ドコモのケータイ補償との違いは?

ドコモでは端末購入に14日以内に「ケータイ補償サービス」に加入できます。

比較すると次のとおりです。

ドコモ dカード GOLD
月額料金 最大1,000円
(税抜き)
なし
(カード特典)
回数上限 年2回 年1回
有効期限 端末の契約中 端末購入から3年
紛失・盗難
・修理不能
自己負担
最大11,000円
最大10万円補償
修理可能(破損・
故障・ガラス割れ)
対象 対象外

ドコモのケータイ補償の方が月額料金がかかりますが、その分、補償原因が幅広く、利用しやすくなっています。

この2つのケータイ補償は、それぞれ考え方が異なります。

  • ドコモ:端末の契約期間中ずっと手厚くサポート
  • dカード:当初3年間の端末の価値が高い時期をサポート

ドコモのケータイ補償の方は、損害保険料を毎月支払うイメージでしょうか。

一方、dカード GOLDのケータイ補償はそもそもクレジットカードを持っていれば月額料金は不要なので、付帯サービスとして利用できるのは魅力的です。

修理可能な故障なら自分のお金で何とかする、4年目以降は新しい端末を購入するということであれば、dカード GOLDのケータイ補償だけで十分でしょう。




まとめ

dカード GOLDのケータイ補償についてご紹介しました。

まだdカード GOLDをお持ちでない方は、こちらから申し込みができますよ。

\ドコモユーザーならdカード GOLD/

【公式サイト】dカード GOLD

この記事はお役に立てましたか?  リンクは自由です。ブログでご紹介いただけるととても嬉しいです。

感想や質問、間違いや誤字脱字があれば、「お問い合わせフォーム」やコメント欄(一部閉じています)からお気軽にご連絡ください。なお、コメント欄は運営者の承認後に表示されます。

※税金計算や扶養に入れるかなどの具体的な有利不利の判断についてはこちらから

この記事のURLとタイトルをコピーする