2017/09/271 Shares

中部電力のカテエネで2年間5000円以上節約する方法

我が家は愛知県にあり、電力自由化後も、中部電力のままですが、カテエネというサービスを利用して、2年間で5000円以上節約できるお得な支払い方法をご紹介します。

カテエネ公式サイト⇒中部電力の家庭向けWEB会員サービス「クラブ カテエネ」

【追加情報】

2017年4月からのガス自由化に合わせて、東邦ガスから中部電力に乗り換えました。

関連 中部電力のガスセット割で年6千円節約も!東邦ガスから簡単乗換え

しかも後日、日経新聞さんから取材を受けて日経ヴェリタスに載りました。

関連 日経ヴェリタス(2017/08/27号)に掲載していただきました。

我が家の前提条件

  • 電力会社:中部電力
  • 容量:50A
  • 契約種別:おとくプラン(新料金プラン)
  • 全館床暖房:ガスのため対象外⇒現在ガスセットプランで中部電力に
  • 太陽光発電:自家消費+余剰売電
  • 支払方法:クレジットカード

我が家は一条工務店で建てていて、一条工務店のウリの1つである全館床暖房については、「ガス」を利用していますし、オール電化ではありません。

そのため、主に使用される電力が多いのは、夏場のエアコンです。そういう前提でご覧ください。

入居してから4年8か月の電気代は?

一戸建てにすると、電気代が高くなるわけですが、一体どれくらいの電気代がかかるの?ということで、入居したときから4年8か月のデータをまとめてみました。

電気代
4年8か月の記録をまとめました。

  • 平成24年:50,345円
  • 平成25年:70,259円
  • 平成26年:75,568円
  • 平成27年:81,336円
  • 平成28年:67,528円

どうでしょうか? あなたのお宅よりも高いでしょうか?それとも低いでしょうか?

夏場は冷房代で1万円超えも

7月から9月の電気代が、毎年多いですね。8千円を超える部分を赤字にしてみると、夏が際立ちます。

しかし、今年の7月・8月はいずれも8000円未満でしたね。

これでも26℃(ときどき25℃)設定で結構つけている方だと思いますが、このくらいにおさまりました。

太陽光発電で自家消費している部分も多いので、太陽光のおかげともいえます。

電力自由化しても我が家は「中部電力」を選択

電力自由化も一時期話題になりましたが、最近は全く聞きませんね(苦笑)。

電力自由化のデータ スイッチング件数」によれば、平成28年8月31日時点で全国の3.3%の世帯しか乗り換えていないという散々な結果になっています。

TVCMなんかも、パッとしませんというか、見かけませんよね。夏場は電力消費量が多いので、そこで需要が伸びるかと思いきや、むしろ逆の結果です。

ちなみに我が家は、中部電力のままです。

ただし、ただ放置しているわけではありません。

以前は「従量電灯B」でしたが、「おとくプラン」に変更しています。

中部電力も電力自由化に合わせて特典をつけているので、それをしっかり利用しています。

カテエネに登録して得しよう!

中部電力では「カテエネ」というサービスを実施していて、我が家ではこれを有効活用しています。

カテエネ公式サイト⇒中部電力の家庭向けWEB会員サービス「クラブ カテエネ」

まず、電気代は、「おとくプラン」に入って割引(「おとく割」)をしています。

通常は100円分ですが、カテエネ登録で50円アップの毎月150円割引となっています。

おとく割

これだけで、2年間で150円×24=3600円の得ですね。

カテエネポイントで電気代も払っちゃおう!

カテエネでは、電気の使用実績を見る(カテエネレポートチェック)やコラムをチェックすることで、カテエネポイントというものを貯めることができます。

これだけで、年間最大840円分のポイントが貯まります。2年間で1680円の得ですね。

さっきの毎月150円割引と合わせて2年間で5000円以上のお得になります。

カテエネポイントを貯める

1ポイント=1円分のポイントが貯まります。

レポートはこんな感じで、昨年の電気料金・使用料と比較できます。

カテエネレポート

これで、下の方にあるアンケート(ボタン押すだけ)をすれば、10ポイントもらえます。

そして、貯めたカテエネポイントは、電気代に交換できます。

カテエネポイント交換

100ポイント1口です。

100円分の電気代が払えますね。

カテエネポイント使う

これで後は、電気代の支払明細を待つだけです。

共通ポイント「Tポイント」で電気代を払おう!

カテエネポイントだけではありません。

Tポイントでも支払い可能です。

Tポイント支払い

Tポイントの新しい使い道として、電気代の支払いは有効ですよね。

ポイント履歴

こんな感じでカテエネを利用することで、電気代の節約ができます。

カテエネ公式サイト⇒中部電力の家庭向けWEB会員サービス「クラブ カテエネ」

2017年4月からのガス自由化に合わせて、東邦ガスから中部電力に乗り換えているので、興味がある方はこちらの記事もどうぞ。

関連 中部電力のガスセット割で年6千円節約も!東邦ガスから簡単乗換え

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう