2 Shares

【エポスカードゴールド】年会費無料で使えるインビテーションは50万円未満の利用で達成!


エポスカードのゴールドカード「エポスゴールドカード」があります。

  1. エポスカードを1年以上使う
  2. エポスカードを50万円以上使う

のいずれかでカード会社からインビテーション(ゴールドカードへの招待状)が届くと言われています。

【エポスカード公式サイト】
エポスカード
⇒ エポスカード公式サイトはこちら

なぜ「言われています」とあいまいな表現を使うかというと、どうも人によっては50万円使わなくても来ました、という報告を聞くからです。

私も使っていましたが、50万円未満の利用の段階でインビテーションが届きました。

といっても、46万円なのであまり大差ないですけどね(笑)


エポスカードゴールド(インビテーション)のメリット

インビテーションでエポスカードから切り替えると、ゴールドカードなのに年会費永年無料です。

なぜエポスカードゴールドにしたかというと、1番大事なのは次のうち3番目のメリットです。

  1. インビテーションだとゴールドカードなのに年会費永年無料
  2. ポイント期限なし(永久ポイント)
  3. 3か所のお店をポイントアップ指定できる←これ大事
  4. 年間利用額に応じてボーナスポイントあり
  5. 楽天Edy・モバイルSuicaチャージでもポイント付与
  6. 一部の空港ラウンジが無料
  7. 海外旅行傷害保険が自動付帯
  8. レストランやホテルで優待プランあり
  9. マルイで10%OFF・常時ポイント2倍

3か所のお店をポイントアップ指定できて、還元率0.5%が3倍の1.5%になります。

例えば毎月支払う電気料金や携帯電話料金がおすすめです。

これ以外でYahoo!公金を利用して税金や水道料金を払うのにも使えます(←これ大事)。

 

もう1つ、還元率は0.5%ですが、年間利用額に応じてボーナスポイントがあります。

  • 年間50万円以上→2,500ポイント
  • 年間100万円以上→10,000ポイント

もし100万円使うと0.5%なら5,000円ですが、そこに10,000ポイント加算で15,000円となります(最大1.5%)。




インビテーションまでのエポスカードの利用金額

2018年に入ってから使って、2月27日支払日~6月27日支払日で合計418,008円を利用。

エポスカード利用

そして、7月27日支払日で48,841円なので、合計すると466,849円です。

エポスカード利用

ちなみに上記のほかに未確定のものが11,302円ありますが、それを合わせても478,151円です。

まあ、この人は50万円以上使うだろうと判断して、招待状(インビテーション)を送ってくれたのかもしれませんね。




まとめ

ちょっと集中的にエポスカードを使ってみて、ゴールドカードにしました。

1番の目的は「3か所のお店をポイントアップ指定」だったので、有効活用してみたいと思います。

【エポスカード公式サイト】
エポスカード
⇒ エポスカード公式サイトはこちら

この記事はお役に立てましたでしょうか。感想や質問、お気づきの点があれば、「お問い合わせフォーム」やコメント欄からお気軽にご連絡ください。なお、コメント欄は私の承認後に表示されます。税金計算や具体的な有利不利の判断についてはこちらから

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう