3 Shares

模範解答公開!目指せFP2級合格!難易度・試験日程・合格率を体験談をもとにご紹介【2019年版】

FP2級

この記事ではFP2級の難易度・試験日・合格率について体験談をもとにご紹介します。

9月8日実施分の模範解答はこちらです。

2019年9月試験実施分

 

【次の試験日程】

受検申請書請求期間 2019年10月1日(火)~11月26日(火)
受検申請受付期間 2019年11月13日(水)~12月3日(火)
受検票発送日 2020年1月8日(水)
試験日 2020年1月26日(日)
合格発表日(予定) 2020年3月6日(金)



FP2級の試験の概要は次のとおりです。

検定名 2級FP(ファイナンシャル・プランニング)技能検定
難易度 普通レベル
試験月 毎年1月、5月、9月
受検資格 特になし
試験内容 学科試験:120分
実技試験:90分
いずれも筆記
学科は選択式
実技は簡単な記述式
合格率 3割前後(選択科目による)
合格基準 6割以上正解で合格
学科60点満点で36点以上
実技100点満点で60点以上

主催団体は

  1. 金融財政事情研究会(きんざい)
  2. 日本ファイナンシャル・プランナーズ協会(日本FP協会)

の2種類があります。

私は「日本FP協会」で合格し、技能検定合格証書をもらっています。

FP2級合格証書

合格すると「2級ファイナンシャル・プランニング技能士」という国家資格を取得できます。

なお、FP3級については次の記事をお読みください。

関連 目指せFP3級合格!難易度・試験日程・合格率を体験談をもとにご紹介


FP2級の難易度

FP2級の試験範囲(学科試験)は次のように6つのテーマで幅広く出題されます。

  1. ライフプランニングと資金計画
  2. リスク管理
  3. 金融資産運用
  4. タックスプランニング
  5. 不動産
  6. 相続・事業承継

FP3級に比べるとやや難易度が上がりますが、それでも知識ゼロからでもテキストや問題集で最低限の勉強をすれば合格できます。

学科試験は与えられた選択肢から選ぶだけですし、実技試験もパターンが決まっています。

市販の問題集は基本的に「過去問」がベースになっていて、これを繰り返し解けば十分合格点に達します。

合格ラインは60%以上です。

上位者だけが合格するような試験ではなく、合格ラインを超えれば全員が合格できる試験です。

全部一気にやろうとするとやる気がなくなりますが、コツコツ自分が解ける問題を増やしていくとモチベーションも続きます。

FP2級合格証書

私の学科試験の結果
  1. ライフプランニングと資金計画:10点中9点
  2. リスク管理:10点中10点
  3. 金融資産運用:10点中10点
  4. タックスプランニング:10点中10点
  5. 不動産:10点中7点
  6. 相続・事業承継:10点中9点

⇒ 1問1点で60点満点中55点(正解率91%)でした。

 

学科試験は市販のテキストと問題集(過去問)で勉強して、それほど難しい印象はありませんでした。

私の実技試験の結果

資産設計提案業務(日本FP協会)

⇒100点満点中92点(正解率92%)でした。

 

実技試験といっても具体的な事例をもとにしただけです。

パターンがある程度決まっているので問題集で実技試験の出題パターンを確認し、試験で慌てないようにすれば時間内に十分解けます。

逆に言えばテキストを少し読んで過去問を全く解かない状態では合格からは遠いといえます。

問題集を最低2回、できれば3回解けば、ある程度パターンが身につくと思います。




FP2級の試験日程

2019年度の試験日程

FP2級は毎年1月・5月・9月と年3回のチャンスがあります。

きんざいも日本FP協会も同じ日に行われます。

 ▼2019年5月26日 ※終了

受検申請書請求期間 2019年2月1日(金)~3月26日(火)
受検申請受付期間 2019年3月12日(火)~4月2日(火)
受検票発送日 2019年5月9日(木)
試験日 2019年5月26日(日)
合格発表日(予定) 2019年7月3日(水)

▼2019年9月8日

受検申請書請求期間 2019年6月3日(月)~7月16日(火)
受検申請受付期間 2019年7月4日(木)~7月23日(火)
受検票発送日 2019年8月22日(木)
試験日 2019年9月8日(日)
合格発表日(予定) 2019年10月21日(月)

▼2020年1月26日

受検申請書請求期間 2019年10月1日(火)~11月26日(火)
受検申請受付期間 2019年11月13日(水)~12月3日(火)
受検票発送日 2020年1月8日(水)
試験日 2020年1月26日(日)
合格発表日(予定) 2020年3月6日(金)

いずれも試験日の2か月くらい前が受検の申込み期間になります。

予備知識があれば1週間の勉強で合格する方もいます。

しかし確実に合格するためには2~3か月前から少しずつ勉強を始めることをおすすめします。

私も3か月前から1日1時間ずつ90時間ほど勉強しました。

目安としては60~100時間程度の勉強時間が必要と考えます。

各日程の学科・実技の試験時間と受検手数料

午前の学科試験も午後の実技試験もきんざい・日本FP協会ともに同じ時間に行われます。

ただし実技試験については「内容」が異なります。

FP3級では実技試験は60分でしたが、FP2級は90分と30分長くなっています。

受検手数料もFP3級は合計6,000円でしたが、FP2級は合計8,700円です。

【きんざい】

区分 内容 試験時間 受検手数料
学科 共通 10:00~12:00 4,200円
実技 個人資産相談業務
中小事業主資産相談業務
生保顧客資産相談業務
損保顧客資産相談業務
13:30~15:00 4,500円

※中小事業主資産相談業務:9月・1月のみ
※損保顧客資産相談業務:9月のみ

【日本FP協会】

区分 内容 試験時間 受検手数料
学科 共通 10:00~12:00 4,200円
実技 資産設計提案業務 13:30~15:00 4,500円

参考:2019年度試験日程|きんざい

参考:2019年度試験日程|日本FP協会




FP2級の学科・実技試験の合格率

学科試験の合格率

試験月 きんざい 日本FP協会
2018年5月 28.24% 42.93%
2018年9月 21.45% 39.47%
2019年1月 31.11% 48.26%

学科試験は両者とも全く同じ問題が出題されているはずなのに、

  • きんざいの合格率:2~3割前後
  • 日本FP協会の合格率:4~5割前後

です。

きんざいは金融機関や会社の団体申込みで利用されることが多く、あまり勉強せずに受検している人がいる可能性があります。

ちなみに入門者レベルのFP3級は

  • きんざいの合格率:6割前後
  • 日本FP協会の合格率:8割前後

です。

FP2級だと合格率がぐっと下がりますが、FP3級と違って合格するにはちゃんと勉強する必要があります。

そのため、勉強時間が少ないまま試験に臨んだ場合には合格基準に届かないからではないかと考えます。

実技試験の合格率

実技試験は5つの選択肢があります。

  1. きんざい:個人資産相談業務
  2. きんざい:中小事業主資産相談業務
  3. きんざい:生保顧客資産相談業務
  4. きんざい:損保顧客資産相談業務
  5. 日本FP協会:資産設計提案業務

市販の問題集の多くは

  • 1番目のきんざいの「個人資産相談業務」
  • 5番目の日本FP協会の「資産設計提案業務」

を対象になっていることからわかるように、受検者もこの2種類のどちらかがほとんどです。

試験月 きんざい 日本FP協会
2018年5月 個人23.87% 資産51.68%
2018年9月 個人20.47% 資産50.52%
2019年1月 個人36.93% 資産50.31%

こちらも日本FP協会の方が合格率は高いですね。

※申請手続については下記の公式サイトをご覧ください。

きんざいの申請手続

日本FP協会の申請手続

この記事はお役に立てましたか?  リンクは自由です。ブログでご紹介いただけるととても嬉しいです。

感想や質問、間違いや誤字脱字があれば、「お問い合わせフォーム」やコメント欄(一部閉じています)からお気軽にご連絡ください。なお、コメント欄は運営者の承認後に表示されます。

※税金計算や扶養に入れるかなどの具体的な有利不利の判断についてはこちらから

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事のURLとタイトルをコピーする