2 Shares

【源泉徴収】フリーランス・副業の税金と手取り計算ツール

源泉徴収が必要な報酬を支払う際には、報酬から税金を源泉徴収し、手取りを相手に振り込みます。

ふつうは報酬額×10.21%、つまり報酬の約1割が源泉徴収する税金です。

下記の計算ツールに報酬(半角数字)を入力すれば税金手取りが一瞬で計算できます。

報酬をもらう方も源泉徴収された税金と手取りを確認する際に活用してください。

【税金と手取り計算ツール】


報酬(1)
源泉徴収額(2)
手取り(1)-(2)

※環境によって計算できない場合があります。
※税金は1円未満切捨です。
※消費税の有無を考慮したツールは現在作成中です。

例えば「30,000」円を入力すると次のように表示されます。

手取り計算

30,000円×10.21%=3,063円が源泉徴収する税金で、30,000円から税金3,063円を引いた26,937円が手取りになります。

この記事では、フリーランスや副業で源泉徴収が必要な場合についてさらに詳しく説明しています。


フリーランス・副業の源泉徴収税額

フリーランスや副業の報酬を支払う場合には原則として源泉徴収が必要です。

例外的に「個人」が支払う場合は源泉徴収が不要な場合(※)もあるので多くの場合は「会社」が「個人」に対して報酬を支払う場合です。

※その個人が給与の支払者でないときなど(例:従業員がいない個人事業者)

源泉徴収税額の計算式

源泉徴収税額の計算式

源泉徴収税額=報酬額額×10.21%

※ただし1回100万円超の場合は、100万円超の部分だけ20.42%

 

源泉徴収税額の計算例

▼報酬5万円

源泉徴収税額=5万円×10.21%=5,105円

▼報酬105万円

(1) 100万円×10.21%=102,100円

(2) (105万円-100万円)×20.42%=10,210円

(3) 源泉徴収税額=(1)+(2)=112,310円

※100万円を超える場合は

源泉徴収税額=(報酬額-100万円)×20.42%+102,100円

で計算することもできます。

手取りの計算方法

「手取り」を計算するときは

報酬額-源泉徴収税額=手取り

ですね。




源泉徴収が必要な報酬・料金

源泉徴収が必要な報酬は次のとおりです。

  1. 原稿料
  2. 挿絵の報酬
  3. 写真の報酬
  4. 作曲の報酬
  5. レコード、テープ又はワイヤ ーの吹き込みの報酬
  6. デザインの報酬
  7. 放送謝金
  8. 著作権の使用料
  9. 著作隣接権の使用料
  10. 工業所有権等の使用料
  11. 講演の報酬・料金
  12. 技芸、スポーツ、 知識等の教授・指導料
  13. 脚本の報酬・料金
  14. 翻訳の報酬・料金
  15. 通訳の報酬・料金
  16. 校正の報酬・料金
  17. 書籍の装丁の報酬・料金
  18. 速記の報酬・料金
  19. 版下の報酬・料金
  20. 投資助言業務に係る報酬・料金

フリーランスや副業で受け取りやすいものを赤字にしてみました。

あらかじめ法律で決まっているので、似ているものでも対象外になることがあります。

源泉徴収が必要かどうかは税務署や税理士にご相談ください。

参考 報酬・料金等の源泉徴収事務|国税庁




原稿料や講演料

源泉徴収の対象としてよくあるのが原稿料や講演料です。

  • 作家やライターに原稿料を支払うとき
  • 大学教授や講師に講演料を支払うとき

最近だとWebメディア向けに記事を書いた報酬(※)も会社からもらう場合は源泉徴収されていることが多いです。

例えばクラウドソーシング「ランサーズ」では会社向けに「源泉徴収機能」があり、案件の内容によって報酬から源泉徴収ができるようになっています。

(1) 謝金、取材費、調査費、車代

原稿料や講演料のほかに謝金、取材費、調査費、車代などの名目で支払いをする場合があります。

これらの実態が原稿料や講演料と同じ場合は、すべて源泉徴収の対象です。

(2) 旅費や宿泊費

旅費や宿泊費などの支払いも原則として報酬に含まれます。

ただし、通常必要な範囲の金額で、報酬の支払者が直接ホテルや旅行会社等に支払う場合もあります。

この場合は報酬に含めず、源泉徴収も不要です。

  • 「報酬をもらう人」に宿泊費を支払い:源泉徴収の対象(原則)
  • 「ホテル」に直接宿泊費を支払い:源泉徴収不要(「旅費交通費」として処理)

参考 No.2795 原稿料や講演料等を支払ったとき|国税庁




挿絵・イラスト、写真の報酬

  • 書籍、新聞、雑誌等の挿絵の料金
  • 雑誌、広告その他の印刷物に掲載するための写真の報酬・料金

は源泉徴収の対象です。

このほか最近ではWebサイトのイラストも報酬として源泉徴収されていることが多いです。

デザインの報酬

デザインについては細かく報酬になる対象が列挙されています。

(1) 次のようなデザインの報酬

  • 工業デザイン:自動車、オートバイ、テレビジョン受像機、工作機械、カメラ、家具等のデザイン及び織物に関するデザイン
  • クラフトデザイン:茶わん、灰皿、テーブルマットのようないわゆる雑貨のデザイン
  • グラフィックデザイン:広告、ポスター、包装紙等のデザイン
  • パッケージデザイン:化粧品、薬品、食料品等の容器のデザイン
  • 広告デザイン:ネオンサイン、イルミネーション、広告塔等のデザイン
  • インテリアデザイン:航空機、列車、船舶の客室等の内部装飾、その他の室内装飾
  • ディスプレイ:ショーウィンドー、陳列棚、商品展示会場等の展示装飾
  • 服飾デザイン:衣服、装身具等のデザイン
  • ゴルフ場、庭園、遊園地等のデザイン

(2) 映画関係の原画料、線画料又はタイトル料

(3) テレビジョン放送のパターン製作料

(4) 標章の懸賞の入賞金

最近だとWebサイトのデザインについても会社からもらう報酬から源泉徴収されているかと思います。

一方、Webサイトのコーディング(Web配信用データ作成)やデータベース機能構築等のプログラミング、SEO対策(検索エンジン最適化)の報酬は、一般的には源泉徴収の対象外です。

参考 源泉徴収が必要な報酬、不要な報酬|Webサイト作成の報酬はどっち?

源泉徴収税額と消費税

源泉徴収税額を計算する際に消費税を含めて計算するか含めないで計算するかの2パターンがあります。

(1) 消費税込み

報酬額の中に消費税が含まれている場合でも、「消費税込みの報酬額」に対して10.21%をかけて源泉徴収税額を計算します。

▼報酬10,800円(消費税込み)

(1)源泉徴収税額:10,800円(税込み)×10.21%=1,102円

(2)手取り:10,800円-1,102円=9,698円

(2) 消費税抜き

ただし、請求書で「報酬額(税抜き金額)」と「消費税」が明確に区分されている場合には、「報酬額(税抜き金額)」に対して10.21%をかけて源泉徴収税額を計算します。

▼報酬10,000円(消費税抜き)と消費税800円

(1)源泉徴収税額:10,000円(税抜き)×10.21%=1,021円

(2)手取り:10,800円-1,021円=9,779円

2つを比較すると消費税抜きで計算した方が源泉徴収税額が安くなることが分かります。

※消費税の有無を考慮したツールは現在作成中です。

この記事はお役に立てましたか?  リンクは自由です。ブログでご紹介いただけるととても嬉しいです。

感想や質問、間違いや誤字脱字があれば、「お問い合わせフォーム」やコメント欄(一部閉じています)からお気軽にご連絡ください。なお、コメント欄は運営者の承認後に表示されます。

※税金計算や扶養に入れるかなどの具体的な有利不利の判断についてはこちらから

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事のURLとタイトルをコピーする