2019/03/142 Shares

Kyashが利用可能でキャッシュバック対象の支払いまとめ

KyashVISAカードはお買い物の利用金額の2%がキャッシュバックされるプリペイドカードです。

基本的には「VISA加盟店」で利用できますが、

  • そもそも使えない支払い
  • キャッシュバックの対象にならない支払い

もあります。

せっかく2%のキャッシュバックを受けようと思ったのに、これでは意味がありませんよね。

そこでこの記事ではどんな支払いが対象・対象外になるのかまとめました。

Kyashの申込方法は次の記事をお読みください。

関連 KyashVisaバーチャルカードの申込み、クレジットカードの登録とチャージ方法


1.Kyashバーチャルカードが使えるのは?

1-1. 対象(オンライン編)

KyashVisaバーチャルカードは世界中のVisa加盟店のオンラインでのお買い物で利用できます。

1-2. 対象外(オンライン編)

次の支払いは対象外になります。

(1) 月額・継続契約の利用料金

「毎月の継続的な支払い」や「自動更新手続き(契約)が発生する加盟店」などでは利用できません。

  • 公共料金
  • 電話料金
  • 衛星放送・CATV視聴料
  • インターネットプロバイダー利用料
  • WiMAXサービス利用料
  • 新聞購読料(電子版含む)
  • 保険料
  • レンタルサーバ
  • ウオーターサーバ定額サービス
  • 通信教育
  • 各種月会費 など

毎月の固定費はKyashが使えないものがほとんどなので、クレジットカードで支払うことをおすすめします。

(2) マネー関連

各種プリペイド・電子マネーの購入・チャージ代金の支払いのうち一部が対象外です。

  • nanacoクレジットチャージ
  • 楽天Edy
  • Vプリカ など

(3) 旅行関連

  • 航空会社のお支払い
  • 一部宿泊施設(ホテルなど)のお支払い

(4) 3Dセキュア導入のサイト

Kyashは3Dセキュアに対応していません。

※最新情報は念のため下記の公式サイトもご確認ください。

参考:利用可能なお店(オンライン) – Kyash FAQ




2.Kyashリアルカードが使えるのは?

2-1. 対象(実店舗編)

「リアルカード」を取得すると日本全国のVisa加盟店(実店舗)でも利用できます。

2-2. 対象外(実店舗編)

次のお店は利用対象外です。

(1) 月額・継続契約の利用料金、マネー関連

Kyashバーチャルカードと同様です。

(2) 旅行・交通関連

  • ガソリンスタンド
  • 高速道路通行料金
  • 航空会社、航空券予約、購入
  • ホテル(ホテル内の店舗)
  • レンタカーのご利用料金

(3) 暗証番号・ICチップが必要なもの

  • 4桁の暗証番号入力が必要な加盟店(自動券売機、病院の自動精算機など)
  • ICチップの読み取りが必要な加盟店

(4) 海外の実店舗

バーチャルカードは世界のオンライン取引で利用できますが、リアルカードは「国内」に限られます。

※最新情報は念のため下記の公式サイトもご確認ください。

参考:利用可能なお店(実店舗) – Kyash FAQ




3.Kyashでキャッシュバック対象の支払いは?

3-1. 対象

キャッシュバック対象になる支払いは次のうち売上が成立しているものです。

  • KyashVisaバーチャルカードによる決済
  • Kyash Visaリアルカードによる決済
  • Kyash Visaバーチャル/リアルカードを登録したQUICPayによる決済

逆にお買い物がキャンセルになった決済は対象外になります。

また、次の取引も公式サイトでキャッシュバック対象になることが明記されています。

  • 楽天Pay
  • PayPal
  • Amazon
  • Amazonギフト券
  • モスカード
  • スターバックスカード
  • ドトールバリューカード
  • Yahoo!ウォレット
  • Origami Pay
  • PayPay

参考:キャッシュバックについて – Kyash FAQ

3-2. 対象外

公式サイトでは次の支払いがキャッシュバックの対象外とされています。

  • お買い物キャンセルとなった決済(一部キャンセルが生じた決済も含みます)
    ※キャンセルが月またぎの場合は次月相殺いたします
  • カード有効性チェックでの減算
  • 前払式支払手段(第三者型)の購入、チャージ(WAON/nanaco/楽天Edyなど)
  • モバイルSuicaアプリでの購入、チャージ
  • Google Pay経由によるモバイルSuicaアプリでの購入、チャージ
  • 交通系電子マネー(PASMO/SMART ICOCA/SAPICA/PiTaPa/SUGOCAなど)
  • 寄付のお支払い
  • 公共料金のお支払い
  • 各種税金、ふるさと納税のお支払い
  • 年金のお支払い
  • Yahoo!公金支払い
  • 金券、商品券や有価証券等の現金同等物の購入
  • 金券、商品券や有価証券等の現金同等物を販売しているサイト(郵便局、造幣局)での購入

そもそも支払えないものも含まれているかと思いますが、ポイントとしては

  • nanacoチャージや楽天Edyチャージはダメ
  • 公共料金・税金・ふるさと納税・Yahoo!公金の支払いはダメ

というところですね。

モバイルSuicaについても2019年2月3日から対象外になっており、今後も見直される可能性もあります。

※最新情報は念のため下記の公式サイトもご確認ください。

参考:キャッシュバックについて – Kyash FAQ

この記事はお役に立てましたか? リンクは自由です。ブログでご紹介いただけるととても嬉しいです。感想や質問、間違いや誤字脱字があれば、「お問い合わせフォーム」やコメント欄(一部閉じています)からお気軽にご連絡ください。なお、コメント欄は運営者の承認後に表示されます。※税金計算や扶養に入れるかなどの具体的な有利不利の判断についてはこちらから

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事のURLとタイトルをコピーする