2019/03/142 Shares

KyashVisaバーチャルカードの申込み、クレジットカードの登録とチャージ方法

この記事では普段の買い物で2%がキャッシュバックされるKyash(キャッシュ)Visaバーチャルカードについて

  1. KyashVisaバーチャルカードの申込み方法
  2. クレジットカードの登録方法
  3. クレジットカードからのチャージ方法

をご紹介します。

Kyashは発行手数料・年会費無料で利用できます。

さらに登録したクレジットカード(VISAまたはMastercard)からチャージすればポイント2重取りでさらに還元率がアップします。

(例)リクルートカード

還元率1%の楽天カードヤフーカードと組み合わせた場合は還元率3%です。

クレジットカードと違って、審査はありません。

個人情報を入力するのも少なく、

  1. 氏名(本名)
  2. メールアドレス
  3. 生年月日
  4. 電話番号

の入力だけで申込みが可能です。

スマートフォンと登録したい自分名義のクレジットカードを用意して手順のとおり申し込むだけです。

関連 Kyashが利用可能でキャッシュバック対象の支払いまとめ


1.KyashVisaバーチャルカードの申込み方法

公式サイトの中にあるApp StoreやGoogle Playからアプリをダウンロードします。

【公式サイト】Kyash

「Facebookで始める」または「メールアドレスで始める」のいずれかから選べます。

今回はメールアドレスを利用して申込みをします。

Kyash

1-1. 会員登録

「本名」「ユーザー名」「メールアドレス」「パスワード」を入力します。

本名は非公開ですが、支払いに利用するので正しいものにする必要があります。

ユーザー名を登録するのは個人間の送金機能や割り勘機能を利用するときに相手を探すためです。個人情報とはひもつかないものが良いでしょう。

パスワードは8文字以上で大文字・小文字・数字の中から2つ以上が含まれている必要があります。

Kyash

次に「生まれた年(非公開)」を入力します。

Kyash

最後に「電話番号」を登録します。

Kyash

1-2. SMS認証

電話番号を登録すると「SMS(ショートメッセージサービス)」でメールが届きます。

メールに書かれている認証番号6桁を入力しましょう。

届かない場合は「迷惑メールフォルダ」に入っている可能性があります。

Kyash

1-3. カードの選択

Kyashでは次の2種類が選べます。

  • バーチャルカード:スマホで今すぐ発行できるもの(ネットの買い物専用)
  • リアルカード:ネットだけでなく実店舗でも利用できるカード(発行に1か月前後かかる)

今回は今すぐ使える「バーチャルカード」をご紹介します。

リアルカードは後からでも申し込めます。

Kyash

「バーチャルカード発行」を選びます。

Kyash

これでバーチャルカードが発行されました。

Kyash

リアルなカードがあるのではなく、スマートフォンのアプリ内に存在しています。

カード名義は自分の名前ではなく「KYASH MEMBER」となります。

本名を登録したのに何かの間違いかと少しびっくりしましたが、全員こうなるようです。

次はチャージするためのクレジットカードの登録をしましょう。




2.Kyashのクレジットカードの登録方法

2-1. Kyashの入金方法

Kyashへの入金方法は次の4つがあります。

  1. 登録カードでのチャージ
  2. コンビニチャージ
  3. セブン銀行ATMチャージ
  4. 銀行ATM(ペイジー)チャージ

このうち2重取りが簡単にできるのが「登録カードでのチャージ」です。

2-2. カードの登録

トップ画面で「カードチャージ」の下部分を選びます。

Kyash

「クレジットカード/デビットカードを登録」を選びます。

Kyash

KyashにはVisa/Mastercardのクレジットカード、デビットカードを合計5枚まで登録できます(24時間に1枚登録可能)。

またカードを登録する際には下記の条件を満たしている必要があります。

  1. 本人名義のカード
  2. 日本国内発行のカード
  3. 有効期限内のカード
  4. 利用停止/不可となっていないカード

たまに家族名義のクレジットカードを登録する方がいますが、家族間や友達間など本人の了承があってもカード名義人以外の方の利用は禁止されています。

カード約款違反でクレジットカードが強制停止されたり、Kyashの利用が制限されることがあるので絶対にやめましょう。

次の情報をここでは登録します。

  • カード番号(カメラマークを選んで写真で撮り込み可能)
  • カード名義人
  • 有効期限
  • セキュリティコード

Kyash

これでカードの登録は完了です。

Kyash

※私はリクルートカードVISA(還元率1.2%)を登録しています。

最後にKyashにクレジットカードからチャージしてみましょう。




3.Kyashへの登録カードからのチャージ方法

3-1. チャージ方法の種類

Kyashへの登録カードからのチャージ方法は

  • 自動チャージ
  • 手動チャージ

の2つがあります。

残高が減っても自動的にチャージしてくれる「自動チャージ」の方が便利です。

ただし、使いすぎや不正利用のリスクを考えると自分で1回1回チャージする「手動チャージ」をおすすめします。

基本的にプリペイドカードは「必要な分を必要なだけ」利用する前提で発行されるものです。

クレジットカードのように不正利用された場合の補償がないからです。

しかしクレジットカードと紐つけると、自動チャージにして勝手に不正利用された分がクレジットカードから支払われても困ります。

3-2. 登録カードからのチャージ方法

「チャージ」を選びます。

Kyash

金額を選択します。

  • 1,000円
  • 5,000円
  • 10,000円
  • その他(1,000円~10,000円まで千円単位、20,000円、30,000円、40,000円、50,000円)

から選べます。

今回は10,000円を選びました。

そして「チャージ」ボタンを選びます。

Kyash

確認画面が出るので「チャージ」を選びます。

Kyash

これでチャージ完了です。

Kyash

残高が「10,000円」になりました。

これでクレジットカードからKyashにチャージされて、ネットのお買い物で利用できます。




4.Kyashの利用方法

バーチャルカードの場合は「オンライン」の取引に限られますが、次の取引も公式サイトでキャッシュバック対象になることが明記されています。

  • 楽天Pay
  • PayPal
  • Amazon
  • Amazonギフト券
  • モスカード
  • スターバックスカード
  • ドトールバリューカード
  • Yahoo!ウォレット
  • Origami Pay
  • PayPay

参考:キャッシュバックについて – Kyash FAQ

そこで順番に試してみたいと思います。

この記事はお役に立てましたか?  リンクは自由です。ブログでご紹介いただけるととても嬉しいです。

感想や質問、間違いや誤字脱字があれば、「お問い合わせフォーム」やコメント欄(一部閉じています)からお気軽にご連絡ください。なお、コメント欄は運営者の承認後に表示されます。

※税金計算や扶養に入れるかなどの具体的な有利不利の判断についてはこちらから

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事のURLとタイトルをコピーする