2018/11/062 Shares

8/31分は9/26にメール到着!ローソン限定ギフトカードキャンペーンでお買い物券200円をゲットしよう!【還元率最大6.6%】

ローソン限定ギフトカードキャンペーン

全国のローソン、ローソンストア100、ナチュラルローソン(一部対象外店舗あり)でギフトカードのうちいずれか1枚3,000円以上を購入して応募すると、もれなくローソンお買い物券200円分がもらえます。

ローソン限定 ギフトカードキャンペーン

個人的なおすすめは楽天ポイントギフトカードです。

ちょうど3,000円分の券種があります。

例えば3,000円の楽天スーパーポイントを購入して応募した場合、200円分のお買い物券がもらえるので、

200円÷3,000円=還元率約6.6%

になります。

*追記*

9月26日にローソンからメールが来ました。

ローソン

ローソンお買い物券200円分ゲットです。


1.ローソン限定ギフトカードキャンペーンの手順

ローソン限定ギフトカードキャンペーンは、まずローソンなどで3,000円以上のギフトカードを購入します。

対象になるギフトカードは次のページをご覧ください。

楽天ポイントギフトカード、アマゾンギフト券、iTunesカードなどどの種類でも1枚当たり3,000円以上なら対象です。

ギフトカード

ローソンは「現金」での購入になります。

そして購入したら下記のキャンペーンページから応募をします。

パソコンでもスマートフォンでも操作は同じです。

>>>【終了】ローソン限定 ギフトカードキャンペーン

まずメールアドレスを入力します。

ギフトカードの裏面のバーコード番号32桁を入力します。入力するものが多くて間違えやすいので注意しましょう。

ローソン限定ギフトカードキャンペーン

簡単なアンケートに答えます。

ローソン限定ギフトカードキャンペーン

 

1番下の「利用規約に同意する」をチェックして、「この内容で応募する」を選びます。

ローソン限定ギフトカードキャンペーン

これで応募が完了しました。

ローソン限定ギフトカードキャンペーン

メールアドレスで受信拒否設定をしている場合は、「vdpro.jp」が届くように設定しましょう。

また、ギフトカードと購入時のレシートは念のため保管しておきましょう。




2.ローソンのお買い物券がもらえる時期は?

  • 購入・応募期間:2018年8月20日~2018年8月31日
  • お買い物券付与時期:2018年9月末頃
  • 受け取り方法:登録したメールにクーポンを送付
  • 引換クーポンの発券期限:プレゼントメールの送付から最低7日間
  • 有効期限:Loppiでの発券から7日間

たぶん忘れるのでスマホカレンダー機能に登録したり、手帳に書いておくといいでしょう。

詳細は届いたメールをご確認ください。




3.ローソン限定ギフトカードキャンペーンの注意点

2-1.応募は何回できる?

カード1枚で1回の応募(登録)になりますが、公式サイトによれば1人何回でも登録可能とあります。

ということは3,000円のギフトカードを複数枚購入すればいいわけですが、ぜひどなたか実験台になってください(他力本願)。

2-2.お買い物券でギフトカードは買える?

ローソンお買物券はギフトカードの支払いには使えません。

2-3.合算して3,000円以上でもよい?

3,000円未満のギフトカードを合算して登録することはできません。




4.過去のローソンギフトカードキャンペーン

  • 2018年6月12日(火)〜7月10日(火):3,000円以上で「200円のお買い物券」プレゼント
  • 2018年4月1日(日)〜4月16日(月):3,000円以上で「Lチキ1個」プレゼント
  • 2018年2月20日(火)〜2月28日(水):3,000円以上で「Lチキ1個」または「グリーンスムージー1本」プレゼント
  • 2017年11月20日(月)〜11月26日(月):5,000円以上と店内商品同時購入で「Lチキ1個」プレゼント
  • 2017年8月22日(火)〜9月4日(月):5,000円以上と店内商品同時購入で「からあげクン1個」プレゼント

2018年6月から200円のお買い物券になりましたが、それまではLチキなど商品のプレゼントになっていました。

だんだんと条件が簡単になっているのでチャンスですね。

まとめ

私も今回初めて参加するので、状況確認次第、また記事更新します。

この記事はお役に立てましたか。感想や質問、間違いや誤字脱字があれば、「お問い合わせフォーム」やコメント欄(一部閉じています)からお気軽にご連絡ください。なお、コメント欄は運営者の承認後に表示されます。※税金計算や扶養に入れるかなどの具体的な有利不利の判断についてはこちらから

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう