4 Shares

人気ブログ「ももねいろ」に見る「自分特化型ブログ」の複数展開が難しい理由

先日、人気ブログ「ももねいろ」の中で「ももねいろと別に新サイトを作りましたがやめました。私が2つを1つに統合した理由とお知らせ」という記事がありました(事務連絡的なものなのですぐ消えるかも)。

著者の橘 桃音(たちばな ももね)さんには、直接東京でお会いしてブログについてお話をさせていただいたことがありますが、このブログ記事のようにブロガーが複数のブログを展開することの難しさはとても実感しているところです。

なぜ、ブロガーは、ブログを複数展開をするのが難しいのでしょうか?

スポンサーリンク

「雑記ブログ」という言葉では理解できない問題

「雑記ブログ」というのは、

ブログの著者が好きなように「いろいろなこと」を書いたブログ

くらいの意味でしょうか。

逆のブログは「専門特化ブログ」とかある特定の分野に専門特化したブログが考えられます。

・・・しかし、この意味で考えると本質を見失います。

今回、桃音さんがブログを2つから1つに統合した理由の1つとして、こんなことを書かれています。

「ももねいろ」に書こうか、新サイトに書こうか、いつも迷いに迷ってしまい、結局気分で載せる方を決めてしまったり・・。

あらら?これじゃあ、別サイトにする意味がよくわかりません。私の中では「働き方」や「生き方」のカテゴリは「お金」と同様にメインカテゴリであり、「ももねいろ」の大切な一部です。

結局2つにしたことで、どっちにどう書いていいのかよくわからない状態に陥り、今までやってきた管理も倍になって余計に時間が取られることに。

中途半端な状態で更新するのは、読者にもよくないと判断し、カテゴリーとして統合することにしたのです。

実は私も同じことを何度も経験していますが、ブログを良かれと思って複数展開すると、「どれに書いたらいいのかわからなくなる」という現象が起こります。

ブロガーは「1人」しかいない。

先程、雑記ブログの私なりの定義をもう1度出します。

ブログの著者が好きなように「いろいろなこと」を書いたブログ

一般的な定義は、「いろいろなこと=雑多」に着目しているので、「1つのことに専門特化したこと」がその対極にあると考えがちです。

いろいろなことを書いているから、その中の1つのコンテンツを取り出してスピンオフさせる、ということを実施するのですが、なかなかこれができません。

私もブログから1つのカテゴリーを切り出してスピンオフして新しいブログをはじめようと思う時期がときどきあるのですが、新しいブログを書いているうちに、「これって書庫のある家.comに書いた方がいいなあ」・・・と断念してしまいます(でもまたドメインをとりはじめる・・・の繰り返し)。

なぜなら、注目するところが違ったからです。

「ブログの著者」が好きなようにいろいろなことを書いたブログ

これこそが、ブロガーがブログの複数展開するのが難しい理由です。

桃音さんも、次のように書いています。

ももねいろは「橘 桃音」のことを書いてある特化サイト

これが今回の結論ですね。

ブロガーは1人です。

だから、ブログも1つが楽です。

ももねいろは、私が生きてきた中で色々と経験してきたことをギュッと濃縮しているブログであり、すべてのカテゴリが「橘 桃音」という特化サイトなのです。

「何」を書くかではありません。

「誰」が書くかが問題なのです。

「自分に特化したブログ」は複数展開が難しい。

これがサイト運営のように「自分を前面に出さない」運営であれば、複数展開をするのは簡単です。

いわゆるアフィリエイトサイトは最も簡単に複数展開ができるでしょう。

この点、私が運営を参考にさせて頂いているのんくらさんとa-kiさんが次のようにつぶやいていました。


お二人の会話は激しく同意です。

特にa-kiさんが「彼女のあれは完全にブログでしたから。」とつぶやかれていますが、私はとても納得しました。

ももねいろ=橘桃音さんなのですね。

「桃音さん」のももねいろは、完全に「桃音さん」という自分に特化したブログだったから、複数展開が難しかったといえます。

自分の人生を色濃く出したブログを分けるということは、1人の自分を分けることになってしまいます。

が2人いるような感じがして、何だかつらいなぁ。」

しばらく2人の自分が別居状態にあるように感じ、とっても寂しくなってしまいました。

もちろん、ブログ運営とサイト運営はそう簡単にはっきりとはわかれません。

ブログ運営でも自分を極力出さずに記事を書くこともできます。

正確に言えば、「自分に特化したブログ/サイト」なのかそうでないかで複数展開の難易度が変わると言うことだと考えます。

これを私は、「自分特化型ブログ」と定義したいと思います。

プロブロガーはほぼ全員が、自分特化型ブログを運営していますよね(たぶん自分に特化していないブロガーはプロブロガーとは言いにくいでしょう)。

自分特化型ブログは「カテゴリー」を常に見直そう!

私が書いているこの「書庫のある家.com」も、「自分特化型ブログ」の1つです。

書いていることは税金(年末調整、確定申告、固定資産税などなど)を中心にクレジットカードや電子マネーのオトクな使い方が記事の多数を占めています。

ざっくり言えば、私は「お金」のことを書いてはいますが、お金に関することなら何でも書いているわけではありません。

やはり、「自分」が好きなことや得意なことを書いているので偏っています。

その結果、デメリットとしては、1つ1つの記事がバラバラなのでどこにあるかわからない点です。

よ~~く探せばあるかもしれませんが、そんなことをしてくれる方はよほどのファンだけです(いつもありがとうございますm(_ _)m)。

これがネタを専門特化してしぼっていれば、記事数も少ないのでとても見つけやすいです。

1つのサイトに3つの記事しかない、いわゆる「完結型」のサイトもありますが、ブロガーからすればありえません。

このブログも昨年9月13日からはじめて既に300記事ほどになっています。

そこで現在、「ももねいろと別に新サイトを作りましたがやめました。私が2つを1つに統合した理由とお知らせ」でも最後に出てきましたが、Ellora(エローラ)さん(↓この目玉の人ね)と打ち合わせをしながら、このブログのカスタマイズをお願いしているところです。

Ellora2

ポイントは「カテゴリー」です。

このブログのWord PressテーマはElloraさんが作った「Gush5」です。

その特徴の1つにトップページで「カテゴリー別の新着記事」が表示されるように整理されている点が挙げられます。

gush5

今回は、「カテゴリー」をもう一度見直して、記事を見つけやすくなるようにカスタイマイズをする予定です(個別コンサルを受けているので、してくれるのはElloraさんですが(笑))。

関連 雑記ブログはカテゴリーで戦え!私がWPテーマGush5を使う理由

私もさらに読者の方に読みやすい、1人でもいいので役に立つ記事づくりをしていけるように、これからもがんばります。

関連 バズ・炎上なしで5か月計554万PV!SEOでアクセス数を増やす方法

関連 月間10万PV超なら必ずやっている記事公開前後のチェックリスト

関連 カテゴリに「日記」「雑記」はやめませんか?ブログをもっと読んでほしい方へ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

もしかして、ブログ運営で悩んでいませんか?

  • 効果的なブログの書き方がわからない
  • アクセスが全然増えない
  • お金を稼ぎたいのに毎月10円にしかならない

Elloraさんが運営する「EBC Lite」では、SEOレポートが無料配布されています。

ブログのアクセス数が増えない理由を探りだしてみませんか?

→ SEOレポート無料ダウンロード

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう