2017/10/182 Shares

モスバーガーで楽天Edyとリクルートカードを利用して還元率1.7%に!


5月16日からついに電子マネー楽天Edy対応

現金主義のモスバーガーがいよいよ電子マネーとクレジットカードに対応することになりました。

電子マネーとクレジットカード

出典:モスバーガー「新POSシステムを全店導入」

これにより、手持ちの現金がなくても電子マネーやクレジットカードを使って簡単に支払えます。

動機としては、2020年東京オリンピックに向けて日本を訪れる外国人のカード利用を取り込むのが目的みたいですね。

業界最大手のマクドナルドに続いてモスバーガーも続きました。

モスバーガー2

この記事では、どういう支払い方がオトクなのかさらに掘り下げて考えてみたいと思います。

なお、2か月に1回以上利用する方は、還元率4%以上も可能なMOSカードについて書いた次の記事の方が役に立てると思います。

関連 モスバーガーをクーポン・金券・株主優待でお得に食べる8つの方法

還元率0.5%:楽天Edyのみ

5月16日から先行して始まる電子マネー「楽天Edy」についてご紹介していきます。

電子マネーとクレジットカード

楽天Edyによる支払いにより楽天スーパーポイントが200円ごとに1ポイント貯まるので、還元率は0.5%です。

還元率1%:楽天Edyに楽天カードでチャージ

次に、楽天つながりで楽天カードで楽天Edyにチャージすると還元率0.5%のため、還元率は合計1%となります。

楽天カードからのチャージ

なぜか同じ楽天グループなのにクレジットカードチャージは渋いんですよね。。。

【楽天カード公式サイト】

⇒ 申込はこちらへ

還元率1.7%:楽天Edyにリクルートカードでチャージ

次に、リクルートカードのうち「VISA」と「MasterCard」については、電子マネー楽天Edyへのチャージでポイントが貯まります。

リクルートカード電子マネー

そして、チャージによるポイント還元率は通常どおり1.2%です。

したがって、リクルートカード(VISA/MasterCard)で楽天Edyにチャージすると還元率1.2%のため、還元率は合計1.7%となります。

リクルートカードからのチャージ

最後に

私みたいに毎月必ずモスバーガーに行くような方は、還元率4%以上も可能なMOSカードがベストです。詳細は次の記事に書いています。

関連 モスバーガーをクーポン・金券・株主優待でお得に食べる8つの方法

でも、たま~にモスバーガーに行くけどそのとき限定でお得に支払いたいなあ、という方には楽天Edyとリクルートカードの組み合わせがおススメです。

楽天Edyなら他のお店でも気軽に使えるので、わざわざモスバーガーのためだけに用意する必要もありませんからね。

【リクルートカード公式サイト】

⇒ リクルートカードのお申し込みはこちらから(キャンペーン中)

国際ブランドを選択する際は、必ずVISAまたはMasterCardにしましょう。

JCBだと楽天Edyはポイント対象外です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう