2018/10/086 Shares

名古屋市の固定資産税と愛知県の自動車税の納期限はいつ?お得な支払方法を徹底比較

名古屋市の税金

この記事では、名古屋市の固定資産税軽自動車税、愛知県の自動車税について納期限と支払い方法を解説しています。


名古屋市の固定資産税・軽自動車税、愛知県の自動車税の納期限は?

名古屋市の税金

固定資産税は4月・7月・12月・2月末が納期限

平成30年度の納期限は次のとおりです。

  • 第1期分:30年5月1日(火)
  • 第2期分:30年7月31日(火)
  • 第3期分:31年1月4日(金)
  • 第4期分:31年2月28日(木)

固定資産税は「第1期分の納期限」までに「1年分」まとめて納税することも可能です。

固定資産税について知りたい方は、次の記事も参考にしてみてください。

関連 固定資産税はいつ払う、いくらぐらいかかる?nanacoとクレジットカードで払おう!

軽自動車税と自動車税は5月末が納期限

名古屋市の軽自動車税も愛知県の自動車税も納期限は5月末です。

平成30年度の納期限は次のとおりです。

  • 30年度:30年5月31日(木)

なお、軽自動車税は二輪の小型自動車、原動機付自転車(原付)、小型特殊自動車の所有者も対象となります。

公式サイト 名古屋市:市税の納期一覧(暮らしの情報)




名古屋市の固定資産税・軽自動車税の支払い方法

名古屋市の支払い方法は、次のとおりです。

  1. 窓口で現金納税
  2. 銀行の口座振替
  3. モバイルレジ納税
  4. コンビニ納税

平成30年4月現在、「クレジットカード納税」には対応していません。

公式サイト 名古屋おしえてダイヤル/税/その他/市税の納付方法について知りたい

1.窓口で現金納税

現金納税

納付書を指定された銀行の窓口に持って行くと、現金で支払うことができます。

【メリット】

  • 特になし

【デメリット】

  • 支払いに行く必要がある。
  • 税金の節約にはならない。
  • 払い忘れの可能性がある。

2.銀行の口座振替(振替納税)

口座振替

口座振替とは、銀行口座から自動的に引落しをしてくれるサービスです。

なお、口座振替は固定資産税は対応していますが、軽自動車税は対応していないのでご注意ください。

【メリット】

  • 支払いに行く必要がない。
  • 払い忘れがない。
  • 手数料がかからない。

【デメリット】

  • 税金の節約にはならない。

公式サイト 名古屋市:市税の口座振替(暮らしの情報)

3.モバイルレジ納税

名古屋市では、固定資産税と軽自動車税の支払いにモバイルレジが対応しています。

「モバイルレジ」とは、納付書のバーコードをスマートフォンのカメラで撮影し、モバイルバンキングを利用してペイジー(Pay-easy)により支払いを完了させます。

個人的には毎年支払うなら口座振替にした方が簡単なのでいいような気がしますが・・・。

【メリット】

  • 支払いに行く必要がない。
  • 利用手数料は無料。

【デメリット】

  • 税金の節約にはならない。
  • 払い忘れの可能性がある。

公式サイト 名古屋市:携帯電話・スマートフォンによる納付(モバイルレジ)(暮らしの情報)

4.コンビニ納税

コンビニ納税

最後に24時間対応してくれて便利なコンビニエンスストアでの納税です。

コンビニに「バーコード」がついた納付書をもっていけばレジで支払いができます。

税金のnanaco払い

名古屋市では、固定資産税と軽自動車税が対応しています。

【メリット】

  • クレジットカードのポイントが貯まる。
  • 支払い時期を遅らせることができる。
  • 手数料がかからない。

【デメリット】

  • nanacoのチャージなどの手間がかかる。
  • 支払いに行く必要がある。
  • 払い忘れの可能性がある。

クレジットカード納税とは異なり、手数料無料でnanacoで支払いをすることで間接的にポイントを貯めることができるので、詳細は次の記事をお読みください。

関連 nanacoとクレジットカードで税金や公共料金を節約するために気をつけること




愛知県の自動車税の支払い方法

愛知県の自動車税も(1)窓口で現金納税、(2)銀行の口座振替、(3)ペイジー納税、(4)コンビニ納税ができます。

公式サイト 納税について – 愛知県インターネットバンキング等での納税についてコンビニエンスストアでの納税について – 愛知県

さらに、名古屋市では対応していない「クレジットカード納税」も愛知県では可能です。

  1. 窓口で現金納税
  2. 銀行の口座振替
  3. ペイジー納税
  4. コンビニ納税
  5. クレジットカード納税

クレジットカード納税

クレジットカード納税

その名のとおり、クレジットカードを利用した納税方法です。

【メリット】

  • クレジットカードのポイントが貯まる。
  • 支払い時期を遅らせることができる。
  • 支払いに行く必要がない。
  • クレジットカードの種類は問わない。

【デメリット】

  • システム利用手数料がかかる。
  • 払い忘れの可能性がある。

クレジットカード納付のメリットの1つは、クレジットカードのポイントが貯まることです。

しかし、nanacoによるコンビニ払いとの違いは、「システム利用手数料」が発生する点です。

【納付金額】

  • 1円~1万円⇒78円
  • 1万1円~2万円⇒157円
  • 2万1円~3万円⇒236円
  • 3万1円~4万円⇒315円
  • 4万1円~5万円⇒394円

以降、納付金額が1万円増えるごとに,システム利用料が78円加算

詳細は「インターネットを利用したクレジットカード納税について|愛知県」をご覧ください。

自動車税もコンビニ納税がおすすめ!

コンビニ納税

クレジットカード納税やペイジー納税は、税金の節約には特に貢献してくれません。

それよりも、nanacoを使ったコンビニ納税の裏技は、自動車税も使えるのでお得です。

是非、自動車税もクレジットカードでチャージしたnanacoを使って払うことで、ポイントを貯めましょう!

ただし、チャージでポイントが貯まるカードは限定されているので、次の記事を参考にしてみてください。

関連 nanacoとクレジットカードで税金や公共料金を節約するために気をつけること

この記事はお役に立てましたでしょうか。感想や質問、お気づきの点があれば、「お問い合わせフォーム」やコメント欄からお気軽にご連絡ください。なお、コメント欄は運営者の承認後に表示されます。

税金計算や扶養の具体的な有利不利の判断についてはこちらから

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう