2017/08/185 Shares

nanacoと現金を併用して税金や公共料金は払えますか?

「併用可能」です。

ただし、先に電子マネーnanacoを使って、残金を現金で支払う方法となります。

具体的に解説していきます。


残金は「現金」で支払い可能!

セブン-イレブンでは、税金や公共料金の支払いについて、バーコードがあるものに限り、現金またはnanacoの支払いが可能です。

  1. 現金のみ
  2. nanacoのみ
  3. 現金とnanacoの併用(不足分のみ現金払い)

この3種類の選択肢となります。

ちゃんと公式サイトのQ&Aにも書いてあります。

Q 電子マネーnanacoと現金は併用して使えますか?

A 回答

電子マネー残高が不足している場合、残金を現金でお支払いいただけます

ただし、加盟店によっては現金との併用払いができない場合がございます。

ご利用になる加盟店へ事前にご確認ください。

出典「nanacoよくある質問

※残念ながらそれ以外の方法、例えば、クレジットカードやプリペイドカードといった手段は使えません。

nanacoカード1枚で10万円までは可能だが・・・

電子マネーnanacoの支払いで1番おススメなのは1度に5万円以下の支払いにすることです。

例えば、固定資産税は4分割して支払うことができますが、ふつうの住宅であれば4分割すれば5万円以下でおさまることも多いでしょう(東京の都心を除いて)。

そうすれば、nanacoカード1枚(またはnanacoモバイル1台)だけで支払いができます。

しかし、5万円を超える場合もありますよね。

この場合は、次の方法を使えばnanacoカード1枚で10万円まで可能です。

関連 10万円までの税金を1枚のnanacoカードで支払う裏技

ただし、この方法は手間がかかる上にレジで店員さんがうまく操作できない場合も多くみられます。

そこで、個人的にはnanacoカード2枚(あるいはnanacoカード1枚とnanacoモバイル1台)を組み合わせて支払うのが無難だと思っています。

「nanacoカード1枚」と「現金」でもOK

でも、初めてnanacoの裏技を利用するのでnanacoカードが1枚しかない場合や、チャージ可能なクレジットカードが1枚しかないのでnanacoカード2枚にチャージするのは面倒だなという場合には、nanacoカード1枚と現金払いをしたい方も多いことでしょう。

例えば1度に「6万円」の支払いをしたい場合を見てみてみましょう。

大体こんな流れです。

nanacoカードに「5万円」をチャージする(「センターお預り分」に)

現金で「1万円」を用意する。

セブン-イレブンに行く。

セブン銀行ATMで残高確認をしておく(「カード内残高」に移行)。

店員さんに税金の支払い用紙を渡す。

「nanacoで支払います」と言う。

金額の確認ボタンを押してまずはnanacoカードをレジにかざす。

音がして5万円まで決済完了。

「残りは現金でお願いします」と言う。

1万円を渡して支払いの処理をしてもらう。

このように、先に電子マネーnanacoで支払って、残りを現金で支払う方法になります。

現金払いはあくまで「不足分」限定に注意!

nanacoよくある質問」に

電子マネー残高が不足している場合、残金を現金でお支払いいただけます。

とあるように、現金払いは、あくまで電子マネーnanacoの残高不足を補う方法なのですね。

したがって、電子マネーnanacoの残高が5万円あるときに、4万円だけ使って残りは現金で、みたいなことは想定されていません。

残高が5万円あれば、5万円分全額を使うわけです。

・・・まあ、nanacoで払った方がお得だから、誰も先に現金で支払う方はいないかもですが、念のため。

10万円を超えて払う場合も同様に併用可能

nanacoカードが2枚(各5万円ずつチャージ)あるときも同じです。

  1. nanacoカードその1で5万円を払う
  2. nanacoカードその2で5万円を払う
  3. 最後に現金で残金を払う

ことになります。

nanacoチャージの詳細については、次の記事もご覧ください。

関連 nanacoとクレジットカードで税金や公共料金を節約するために気をつけること

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう