6 Shares

税金や公共料金の支払いはnanacoポイント対象外と言われました。なぜですか?

nanacoとクレジットカードで税金や公共料金を節約するために気をつけること」という記事を読んで実際にセブン-イレブンでnanacoを使って支払ったけど、その際に店員さんから

「税金の支払いはnanacoポイント対象外となりますのでご了承下さい」

と言われて「あれ? なんか間違えた?」とびっくりした方から最近、立て続けにご質問をいただいたので、解説します。

関連 みんなが電子マネーnanacoで得している税金・社会保険料ランキング


1.税金や公共料金の支払いはnanacoポイントの対象外!

結論から言えば、その通りでnanacoポイントの対象外です。

「なんだと~! だましたな!」

と思うかもしれませんが、ちょっとお待ちください。

nanacoとクレジットカードで税金や公共料金を節約するために気をつけること」でご紹介している裏技ですが、2段階に分かれます。

(1) クレジットカードからnanacoにチャージする

(2) nanacoで税金・公共料金を支払う

このうち、(2)のnanacoで税金・公共料金を支払うときに店員さんから「nanacoポイントは貯まりません」と言われるわけですね。

ポイントが貯まるのは(1)のクレジットカードからnanacoにチャージする段階です。




2.クレジットカードからnanacoのチャージでポイントが貯まる!

nanaco払い

クレジットカードからnanacoにチャージするときにクレジットカードのポイントが貯まります。

ということは、実はnanacoにチャージした段階で、この裏技の役目は終わっているのです。

あとはそのnanacoを使って「何を支払うか?」ということですね。

税金・公共料金を支払うときに使えるので、nanacoに何万円もお金をチャージしても使い道に困らないというわけです。




3.セブン-イレブンで直接クレジットカードで支払えないの?

そんなややこしい方法を使わないで、セブン-イレブンで直接クレジットカードで支払えないの?と思いますよね。

残念ながら税金・公共料金の支払いで利用できるのは

  1. 現金
  2. 電子マネーnanaco

のいずれかとなっています。

したがって、直接クレジットカードで支払えません。

「現金」は当然、ポイントは何も関係ないので、ただ払うだけです。

一方、「nanaco」はクレジットカードのチャージで「クレジットカード自体のポイント」が貯まるので、nanacoを有効活用しましょう。




まとめ

電子マネーnanacoはクレジットカードのチャージでポイントが貯まりますが、そのカードは限定されていて、すべてOKではありません。

詳細は、次の記事をお読みください。

関連 nanacoチャージでポイントが貯まるオススメクレジットカード【2018年版】

関連 nanacoとクレジットカードで税金や公共料金を節約するために気をつけること

この記事はお役に立てましたか。感想や質問、間違いや誤字脱字があれば、「お問い合わせフォーム」やコメント欄(一部閉じています)からお気軽にご連絡ください。なお、コメント欄は運営者の承認後に表示されます。※税金計算や扶養に入れるかなどの具体的な有利不利の判断についてはこちらから

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう