固定資産税や自動車税の節約>>

日本経済新聞を解約したいのに連絡先が分からないときの方法【宅配・電子版】

1 min

この記事では日経新聞の解約方法をご紹介します。

最後に日経新聞を無料で読む裏技もご紹介しています。


日経電子版はネット上で解約可能

まず電子版については「ご購読サポートトップ」画面から解約手続きができます。

日経電子版の解約




日経の宅配は販売店に電話をして解約

一方、紙の新聞は電話で行う必要があります。

1.領収書に書いてある販売店に電話する。

日経新聞は、 あなたが住んでいる地域を担当する販売店と契約して購読しています。

販売店に電話をして解約をする必要があります。

日経新聞を取っていたときには毎月、領収書が発行されて、そこに販売店名と電話番号が書いてありました。

2.日経に電話して販売店の電話番号を教えてもらう。

しかし、販売店によっては領収書を発行していないところもあるようで、連絡先が分からなければ下記に連絡することになります。

日本経済新聞社購読センター

フリーダイヤル:0120-21-4946

受付時間:24時間

もともと、購読の申込み受付が本来の目的ですが、住んでいる地域をもとに販売店の連絡先を教えてくれます。




日経新聞を無料で読む裏技

証券会社を利用することで日経新聞を無料で読む裏ワザもあります。

【楽天証券】

楽天証券

【丸三証券】

丸三証券

本当はやめたくなかったけど、お金の関係で解約しようと思った方は、こちらを利用してはいかがでしょうか。

日経新聞を無料で読む簡単な方法と意外なデメリット

nerona

nerona

30代共働き。FP2級。書庫のある家に住んでます。お買い物情報やお得なポイント情報が好きです。年末調整や確定申告のやり方もご紹介。モス、スタバ、無印によくいます。⇒ 運営者詳細 / お問い合わせ

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA