2020/04/051 Shares

大阪市の固定資産税の納期限と支払い方法

大阪の税金

この記事では、大阪市の固定資産税の納期限と支払方法を解説しています。

nanacoとクレジットカードを使って税金を節約する方法は次の記事をお読みください。

関連 nanacoとクレジットカードで税金(固定資産税,自動車税)や公共料金を節約

※大阪府の自動車税と大阪市の軽自動車税は次の記事をお読みください。

関連 大阪府の自動車税と大阪市の軽自動車税の納期限と支払い方法


固定資産税の納期限はいつまで?

大阪の税金

固定資産税は、毎年1月1日現在の固定資産(土地・家屋・償却資産)の所有者が納める市税の1つです。

令和2年度の納期限は次のとおりです。

  • 第1期分:令和2年6月1日
  • 第2期分:令和2年7月31日
  • 第3期分:令和2年12月25日
  • 第4期分:令和3年3月1日

※基本は月末ですが、月末が土日祝や年末年始(12月29日~1月3日)に該当する場合には、その翌日が納期限となります。

例:7月31日が日曜日⇒8月1日(月)が納期限

公式 大阪市:大阪市税納期限等一覧表

(2) 納税通知書の発送時期

毎年4月上旬市税事務所から「納税通知書」が届き、その中に税額や納期限が記載されています。

納税通知書とあわせて

  • 一括で払う用の納付書
  • 分割で払う用の納付書(4枚)

が届きます。

固定資産税は「第1期分の納期限」までに一括で納税することも可能です。

昔は一括で払うと割安になる制度(前納報奨金)もありましたが、平成15年度に廃止され、一括で払うメリットは特にありません。




固定資産税の支払い方法

大阪市の固定資産税の主な支払い方法は、次のとおりです。

  1. 窓口で現金納税
  2. 銀行の口座振替
  3. クレジットカード納税
  4. ペイジー納税
  5. コンビニ納税
  6. その他

(1) 窓口で現金納税

現金納税

納付書を指定された銀行(郵便局を含む)の窓口に持って行くと、現金で支払うことができます。

【メリット】

  • 特になし

【デメリット】

  • 支払いに行く必要がある。
  • 税金の節約にはならない。
  • 払い忘れの可能性がある。

公式 大阪市:納付場所・納付方法

(2) 銀行の口座振替

口座振替

口座振替とは、銀行口座から自動的に引落しをしてくれるサービスです。

【メリット】

  • 支払いに行く必要がない。
  • 払い忘れがない。
  • 手数料がかからない。

【デメリット】

  • 税金の節約にはならない。

公式 大阪市:口座振替・自動払込

口座振替の申込み用紙もネット上にあります。

公式 大阪市:大阪市税口座振替の申込書による利用申込み

(3) クレジットカード納税

クレジットカード納税

その名のとおり、クレジットカードを利用した納税方法です。

専用サイト「大阪市税クレジットカード納付サイト」でクレジットカード払いができます。

【メリット】

  • クレジットカードのポイントが貯まる。
  • 支払い時期を遅らせることができる。
  • 支払いに行く必要がない
  • クレジットカードの種類は問わない。

【デメリット】

  • システム利用手数料がかかる。
  • 払い忘れの可能性がある。

公式 大阪市:市税クレジットカード納付のご案内

クレジットカード納付のメリットの1つは、カードのポイントが貯まることです。

ただし「システム利用手数料」が発生するので、場合によってはポイントよりも手数料の方が高い可能性もあります。

納付金額 利用手数料
5,000円以下 0円
5,001円~1万円 41円
1万1円~2万円 125円
2万1円~3万円 209円
3万1円~4万円 292円
4万1円~5万円 376円

※以降、納付金額が1万円増えるごとに,システム利用料が83~84円が加算

(例)還元率1%のカード

税金25,000円

⇒ポイント250円分-手数料209円=41円

税金50,000円

⇒ポイント500円分-手数料376円=124円

還元率によってはポイントが手数料を上回ります。

詳細は「大阪市:市税クレジットカード納付のご案内」をご覧ください。

利用手数料の試算もできるので、クレジットカードの還元率と比較してみましょう。

(参考)

平成31年2月14日より、大阪市税クレジットカード納付サイトからApple Payによる納付が可能になりました。

Apple Payを使用する場合、カード番号等の情報入力なしで納付が可能です。

公式 大阪市:市税クレジットカード納付のご案内

(4) ペイジー納税(電子納付)

ペイジー納税

大阪市では、固定資産税の支払いに「ペイジー(Pay-easy)」が対応しています。

ペイジーとは、パソコンやスマートフォン、銀行ATMから税金を支払うことができるサービスです。

パソコンやスマートフォンの場合は、インターネットバンキングを利用して納税します。

利用手数料は無料です。

【メリット】

  • 支払いに行く必要がない。
  • 利用手数料は無料

【デメリット】

  • 税金の節約にはならない。
  • 払い忘れの可能性がある。

詳細は公式サイトをご確認ください。

公式 大阪市:大阪市の電子納付

(5) コンビニ納税

コンビニ納税

最後に24時間対応してくれて便利なコンビニエンスストアでの納税です。

コンビニに「バーコード」がついた納付書をもっていけばレジで支払いができます。

公式 大阪市:コンビニエンスストアで納付ができますか

【メリット】

  • (nanaco払いの場合)クレジットカードのポイントが貯まる。
  • (nanaco払いの場合)支払い時期を遅らせることができる。
  • 手数料がかからない。

【デメリット】

  • (nanaco払いの場合)nanacoのチャージなどの手間がかかる。
  • 支払いに行く必要がある。
  • 払い忘れの可能性がある。

クレジットカード納税とは異なり、手数料無料でnanacoで支払いをすることで間接的にポイントを貯めることができるので、詳細は次の記事をお読みください。

関連 nanacoとクレジットカードで税金や公共料金を節約するために気をつけること

(6) その他の支払い方法

最近は上記のほか

によるキャッシュレス納税も登場しました。

詳細は上記リンク先の公式サイトでご確認ください。




固定資産税の問い合わせは市税事務所に

固定資産税について分からないことがある場合はまず次のQ&Aを確認しましょう。

公式 大阪市:市税の納付に関するQ&A

それでも分からない場合は、市税事務所に問い合わせをしましょう。

市税事務所の所在地や電話番号は「納税通知書」や下記の公式サイトでご確認ください。

公式 大阪市:固定資産税および都市計画税に関するお問い合わせ先

毎年、固定資産税の計算ミスが各市町村で起こっています。

次の記事もあわせてお読みいただき、疑問点があれば市税事務所に確認しましょう。

関連 住宅用地の特例とは?固定資産税の課税明細書が届いたら必ず確認すべきこと

この記事はお役に立てましたか?  リンクは自由です。ブログでご紹介いただけるととても嬉しいです。

感想や質問、間違いや誤字脱字があれば、「お問い合わせフォーム」やコメント欄(一部閉じています)からお気軽にご連絡ください。なお、コメント欄は運営者の承認後に表示されます。

※税金計算や扶養に入れるかなどの具体的な有利不利の判断についてはこちらから

この記事のURLとタイトルをコピーする