2018/05/082 Shares

共通ポイント(T,Ponta,楽天,d)とnanacoポイントが貯まるクレジットカード7枚


私の主なクレジットカードは、4大共通ポイントとnanacoポイントが貯まるクレジットカード7枚です。

※さらに12月から「MUJIカード」と「エポスカード」が追加


共通ポイントとnanacoポイントにこだわる理由

クレジットカード7

「共通ポイント」とは?

現在、次の「4大共通ポイント」がいろいろな店で使えるようになっています。

  • Tポイント
  • Pontaポイント
  • 楽天スーパーポイント
  • dポイント

そのお店独自のポイント制度とは違って、他のお店でも貯めたり使ったりできるため、「共通ポイント」と呼ばれているわけですが、それぞれ利用できるお店が異なるため、結果的に私は4種類とも使えるように6種類のクレジットカードを持っています。

  • ファミマTカード
  • Yahoo! JAPANカード
  • リクルートカードプラス(現在新規申込不可)
  • リクルートカード
  • 楽天カード
  • dカード

「nanacoポイント」とは?

また、共通ポイントではありませんが、コンビニのセブン-イレブンなどで利用できる「nanacoポイント」も税金や公共料金の支払いに使える電子マネーnanacoとして活用できるため、次のクレジットカードを持っています。

  • セブンカードプラス

共通ポイントとnanacoポイントは「使い勝手」が最強!

私が共通ポイントとnanacoポイントを選ぶのは、その使い勝手にあります。

つまり、ポイントを「貯める」のも重要なのですが、最近は、還元率1.5%を超えるクレジットカードがどんどんなくなる「クレジットカードの冬の時代」です。

還元率が下がったことにより、ポイントが貯まるという面では、あまり差がつかなくなりました。

むしろ貯めたポイントをどうやって使うかの方が重要になってきたのです。

共通ポイントは、いろいろなお店が1円から使える点で使い勝手が最強です。

また、nanacoポイントは、電子マネーnanacoにチャージすることで税金や公共料金の支払いに使えるので使い勝手が便利です。

私はクレジットカードでポイントを貯めることを「入口戦略」、ポイントを使うことを「出口戦略」と呼んでいますが、出口戦略をいかに考えるかが今後のクレジットカード選びでますます重要になると考えています。

Tポイント(共通ポイント)

クレジットカード7

ポイントというと、まず思い浮かべるのが「Tポイント」ではないでしょうか。

カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が展開するポイントサービスで、TSUTAYAをはじめたくさんのお店で利用できます。

Tポイントが利用できるお店

  • コンビニ:ファミリーマート、スリーエフ
  • ネット通販:Yahoo!ショッピング、LOHACO、ニッセン
  • 飲食店:吉野家、ドトールコーヒー、牛角、ガスト、ジョナサン、バーミアン
  • スーパー:マルエツ、東武ストア
  • ドラッグストア:ウエルシア、ハックドラッグ、マルエドラッグ
  • 百貨店:三越、伊勢丹、丸井今井、岩田屋
  • ファッション:洋服の青山、ザ・スーツ・カンパニー
  • レンタル:TSUTAYA
  • 携帯電話:Softbank
  • ガソリンスタンド:ENEOS
  • ホテル・旅行:東急ホテルズ、マイナビトラベル
  • 飛行機:ANA

これはほんの一部で、他にも多くのお店で利用できます。

ファミマTカード【JCB】

我が家のある愛知県では「サークルK」がどんどん「ファミリーマート」になり、最寄りにファミリーマートが2つあります。当然、利用頻度も多くなるため、ファミマTカードをもっています。

年会費無料で還元率0.5%ですが、ファミリーマートではポイントアップ制度や割引があるので、ファミリーマート限定で利用しています。

【ファミマTカード公式サイト】

ファミマTカード

なお、ファミマTカードの唯一の注意点は、「リボ払い専用カード」なので支払い方法を「ずっと全額払い」に変更しないとずっとリボ払いのままになってしまう点です。1度設定してしまえばいいのですが、忘れてしまう場合も多いので、注意が必要です。

Yahoo! JAPANカード

Tポイントが貯まるもう1枚のカードとして持っているのが「Yahoo! JAPANカード」です。

年会費無料で還元率1%と非常にコスパが良いカードであり、また、YahooショッピングやLOHACOのネット通販と相性ピッタリです。

そして、最大の理由としては、電子マネーnanacoへのクレジットカードチャージでポイントが貯まるという点もあります。

関連 nanacoとクレジットカードで税金や公共料金を節約するために気をつけること

また、最近は、入会・利用キャンペーンが充実しているのでうらやましいです(私のときは5,000円でしたので)。

【公式サイト】
Yahoo! JAPANカード

⇒ Yahoo! JAPANカードのお申し込みはこちらから(キャンペーン中)Yahoo! JAPANカード

Pontaポイント(共通ポイント)

クレジットカード7

コンビニのローソンでおなじみの「Pontaポイント」です。

Ponta1

出典:リクルートカード公式サイト

なお、リクルートカードで貯まる「リクルートポイント」と交換できます。

Ponta/リクルートポイントが利用できるお店

他にも多くのお店で利用できます。

リクルートカードプラス【JCB】

還元率2%の伝説のクレジットカードです。

現在は新規発行停止ですが、解約せずに現在も毎月の固定費の支払いで使っているのでリクルートポイントが貯まっています。

関連 クレジットカード払いで節約!使い過ぎ防止でポイントが貯まる14の固定費

リクルートカード【VISA】

リクルートカードプラスは伝説になってしまいましたが、年会費無料、還元率1.2%のリクルートカードはまだまだ人気です。

ブランドは、電子マネーnanaco、楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCAへのチャージでポイントが貯まる「VISA」を選んでいます。

関連 nanacoとクレジットカードで税金や公共料金を節約するために気をつけること

【リクルートカード公式サイト】


⇒ リクルートカードのお申し込みはこちらから(キャンペーン中)




楽天スーパーポイント(共通ポイント)

クレジットカード7

お買いものパンダでおなじみの「楽天スーパーポイント」です。

楽天スーパーポイントが利用できるお店

他にも多くのお店で利用できます。

楽天スーパーポイント1ポイントは、楽天Edyに1円分としてチャージ可能なので、実は、ほとんどの場所で支払いが可能となります。

楽天edyチャージ

例えばコンビニも、楽天Edyにチャージ(※)することで、セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマートなどどこでも支払いが可能となる万能型です。

※期間限定ポイントは対象外です。

楽天カード【JCB】

年会費無料、還元率1%のクレジットカードです。

楽天市場での買い物は、楽天カードを利用するだけで還元率4%です。

さらに他の特典と合わせて利用することで還元率10%以上になるほどポイントをばらまいているので、ネット通販を利用するならお得です。

関連 楽天市場お買い物マラソン・スーパーSALEをお得に楽しむ14の攻略方法

関連 ふるさと納税は楽天市場がすごい!ポイント還元率16%以上の方法

楽天カードの入会・利用でもらえるポイントも7,000ポイント8,000ポイントと高い時に申し込むとさらにお得です。

【楽天カードの公式サイト】

⇒ 申込はこちらへ

関連 楽天カード7000,8000ポイントキャンペーンはいつ?入会・利用で確実に受け取る条件

dポイント(共通ポイント)

クレジットカード7

ドコモユーザーでなくても貯まる・使えるのが「dポイント」です。

Pontaや楽天スーパーポイントが使えるお店で使えたりする点が面白いところです。

dポイントが利用できるお店

  • コンビニ:ローソン、ローソンストア100
  • ネット通販:dショッピング、ショップジャパン
  • 飲食店:マクドナルド、ドトールコーヒーショップ、かっぱ寿司[愛知、岐阜、三重限定]、丸亀製麺[大阪限定]
  • ファッション: 洋服の青山、ザ・スーツカンパニー、AOKI、ORIHICA、紳士服コナカ
  • 家電量販店:ジョーシン、ノジマ
  • 音楽:タワーレコード
  • 日用品:東急ハンズ[新宿・渋谷・池袋・梅田・博多店限定]
  • ネットサービス[ドコモのケータイ払い対応]:メルカリ、BUYMA、無印良品

他の共通ポイントに比べるとこれだ!というのがないので今後に期待です。

dカード【Mastercard】

年会費初年度無料(2年目以降も1度使えば無料)で還元率1%です。

ローソンでキャンペーンをよくやっているので、Pontaでいくか迷うところです。

【dカード公式サイト】

dカード

ドコモユーザーでスマートフォンをガッツリ利用しているなら、GOLD(ゴールド)の方がおすすめです。

【dカードGOLD公式サイト】

dカード GOLD

nanacoポイント

クレジットカード7

最後にnanacoポイントですが、nanacoポイントは、他のポイントと異なり、ポイントのまま利用するのではなく、ポイントを「電子マネーnanaco」に交換して電子マネーとして利用します。

nanacoポイント(→電子マネーnanaco)が利用できるお店

  • コンビニ:セブン-イレブン
  • ネット通販:オムニ7
  • 飲食店:マクドナルド、デニーズ、ココ壱番屋、コメダ珈琲店
  • スーパー:イトーヨーカドー、アリオ
  • ドラッグストア:ツルハドラッグ
  • 家電量販店:ビックカメラ、コジマ、ジョーシン
  • ガソリンスタンド:エッソ、モービル、ゼネラル
  • 日用品:ロフト

「電子マネーnanaco」として利用を考えると、どんどん使える店が増えています。

セブンカード・プラス【JCB】

年会費初年度無料(2年目以降も5万円使えば無料)で還元率0.5%です。

選ぶときは「nanaco一体型」を選びましょう。

ちなみに私が持っているのはセブン銀行のキャッシュカードも兼ねているので、1枚で

  • クレジットカード
  • nanacoカード
  • キャッシュカード

の3つの機能を持っています(キャッシュカードは任意)。

【セブンカード・プラス公式サイト】

セブンカード・プラス

関連 実は、セブンカード・プラスがnanacoチャージでお得な3つの理由

関連 nanacoとクレジットカードで税金や公共料金を節約するために気をつけること

最後に

クレジットカード7

以上、7枚のカードをご紹介しました。

共通ポイントには「WAONポイント」を入れる方もいるかもしれませんが、妻がWAONカードをもっているので、今回はご紹介しませんでしたが、ちゃんと利用しています。

クレジットカード04

妻のメインのクレジットカードは、

  • イオンカードゴールド
  • UCSカード
  • スギカード
  • Yahoo! JAPANカード

の4枚です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました^^ この記事はお役に立てましたでしょうか。感想や質問、お気づきの点があれば、「お問い合わせフォーム」やコメント欄からお気軽にご連絡ください。なお、コメント欄は私の承認後に表示されます。税金計算や具体的な有利不利の判断についてはこちらから

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう