2018/02/145 Shares

自己紹介と書庫紹介(運営者情報)

こんにちは。執筆担当のnerona(ねろな)です。

nerona@メガネ男子
twitter:@shokonoaruie

30代、妻と子ども2人の4人家族です。

税理士事務所勤務後、現在は企業向け会計コンサルタント(MFクラウド会計をはじめとする会計ソフトの導入支援や経営分析)として独立。ファイナンシャルプランナーでもあり、お金や家づくりに関するライターとしても活動しています。

このブログでは、今までの経験を活かしてお金に関する知識をみなさんにわかりやすく伝えていきます。

特に税金、クレジットカードや電子マネー、ポイントカードについて実践した経験をもとに記事を書いています。

neromi
妻のneromi(ねろみ)は、このブログの記事の校正担当です。

2人とも書庫のある家の住人ですから、趣味は当然、「読書」です。

2人合わせて年間400冊~600冊くらいの本を読んでいます。

といっても、私はビジネス書を、妻は恋愛小説や恋愛系のコミックスが好きなので、読書といってもジャンルはそれぞれ違います。

紙の本を買う、図書館で借りる、電子書籍を買うなどバラバラです。

「書庫のある家.com」のタイトル名と目的

ブログの名前だけでも覚えていってください(笑)

でも実際、「書庫のある家」で検索していただく方が多いので、もし忘れたときは、「書庫のある家」で検索してみてください。トップに出てくると思います。

さて、こちらは引越し前の書庫の様子です。青空のクロスが前面に広がっています。一条工務店の標準仕様の本棚(ブックシェルフ)で結構本が入ります。

そしてここに、天井まで届く本棚を買って、3つ入れました。本の種類にもよりますが、1500冊から2000冊くらい入ります(入らない分は2階の本棚に)。

ここに妻がお取り寄せした『ガラスの仮面』が入っています(その後の既刊も全部そろってます)。

そしてこの本棚が、壁際に1つ、右には背中合わせに2つあります。

あと2つこの本棚を追加したいと思っています。

最初は「夢のマイホーム」の記録だった。

そもそも「書庫のある家.com」というブログができたのは、夢のマイホームを手に入れる過程を書き残そうと思ったのがきっかけでした。

まだ子どもが産まれる前・・・。

共働きの私と妻は、住宅展示場でとあるイベントをやっていたので出かけました。

ついでに、そこにある家も見てみるか、と思ったのが家づくりのスタートでした。

本がいっぱい置ける家がほしい!

マンションを買うくらいだったら背伸びして一戸建てを買いたい!

夢の一戸建てを目指して、いろいろ足を運んだ結果、一条工務店さんと出会いました。

家全体に床暖房を設置できるという全館床暖房に魅かれ、太陽光発電を導入できたりと、いろいろな設備に魅力を感じて仮契約を結び、土地探しがスタートしました。

土地探しは1年以上かかりました。

それでも、営業さんの粘りもあり、また、一条工務店で家を建ている諸先輩方が素晴らしいブログを書いていたので、勉強しながら、自分たちの家が完成しました。

家づくりは「お金」の意思決定の連続

夢のマイホームなので、間取りをどうするとか、設備をどうするとか、そういう楽しい話ももちろんたくさん決めないのといけないのですが、家づくりでは、同時にたくさんのお金の話もすることになります。

  • ライフプラン
  • 資金計画
  • 頭金
  • 土地の手付金・つなぎ融資
  • 土地の仲介手数料
  • 住宅ローン(フラット35)
  • 団体信用生命保険料
  • 火災保険料
  • 地震保険料
  • 司法書士報酬(不動産登記、抵当権設定登記)
  • 地鎮祭・上棟式の費用
  • 消費税
  • 印紙税
  • 登録免許税
  • 不動産取得税
  • 固定資産税・都市計画税
  • 贈与税(両親・祖父母からの贈与)
  • 住宅ローン控除
  • 繰上返済・借換え
  • すまい給付金
  • 引越し代金
  • 照明器具購入費用
  • 家具・家電購入費用
  • カーテン購入費用

パッと思いつくだけでも、これだけのことを考えないといけません。

例えば住宅ローンのように、中には、意思決定をしないと前に進めないものもあります。

私自身、事前にある程度知識はありました。

しかし、自分のこととして改めて調べてみると、いかに知らないことがたくさんあるのかと気づかされました。

そしてもう1つ困ったことに、何を使って調べたらいいのか、適当なものが少ないということでした。

例えば、住宅ローン控除の確定申告1つをとっても、学校では確定申告のやり方なんて教えてくれません。

「これはわかりやすく伝えないと遠回りする人がたくさんいるはずだ」と思って、このブログを書くことにしました。

育児休業中は配偶者控除が使えることを知らない衝撃

家づくりとともに、もう1つ、ブログを運営している中で私が驚いたことがありました。

それは、育児休業中で配偶者控除が使えるのに、使っていない人がたくさんいることでした。

ちょうど子どもが産まれた年は、妻の年収が0円だったので、配偶者控除が使える話を書いたのですが、多くの方が「そんなこと知らなかった!」といって、その記事を読んでいただきました。

これだけで、5万円~7万円の損をしてしまう話です。

でも、身近なお金の話にもかかわらず、ちょっとしたことを知らないことで、損をしている方がたくさんいることを知って、衝撃を受けました。

だからこそ、私はこのブログを通じて、そんなちょっとしたお金の知識を1人でも多くの人に届けたいと思って記事を書いています。

このブログのおすすめ記事

▼殿堂入り人気記事

関連 nanacoとクレジットカードで税金や公共料金を節約するために気をつけること

関連 わかりやすい年末調整のしかた

関連 ふるさと納税と住宅ローン控除は両方使える?よくある失敗事例10選

▽家づくりをしている人へ

関連 なぜ「家づくりノート」を作ると良い家づくりができるのか?

関連 ダンドリ順に見る!注文住宅でかかる家づくりのお金

関連 外構工事費用と相場は?注文住宅で予算オーバーしないための5つのコツ

関連 固定資産税はいつ払う、いくらぐらいかかる?nanacoとクレジットカードで払おう!

▽住宅ローン控除をしたい人へ

関連 写真で見る住宅ローン控除の確定申告の必要書類一覧表(一戸建て・マンション)

関連 住宅ローン控除の条件は?減税を受けるための12のポイント

関連 わかりやすい住宅ローン控除の確定申告書の作成方法

関連 2年目の住宅ローン控除の必要書類と住宅借入金等特別控除申告書の書き方の見本

▽共働きの方へ

関連 共働きでも配偶者控除は使えるの?産休・育児休業中は節税のチャンス!

関連 働くママの産休・育児休業中にもらえるお金と社会保険・税金

関連 楽天カード入会でポイントを確実に受け取る条件!7000,8000ポイントはいつ?

1つでも、参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました^^ この記事はお役に立てましたでしょうか。感想や質問、お気づきの点があれば、「お問い合わせフォーム」やコメント欄からお気軽にご連絡ください。なお、コメント欄は私の承認後に表示されます。税金計算や具体的な有利不利の判断についてはこちらから

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう