2018/03/236 Shares

楽天ETCカードは申し込むべき?年会費540円を無料にする方法と私が持たない理由


この記事では、楽天ETCカードの内容と年会費を無料にする方法について説明します。

【ざっくり言うと】

  1. 楽天ETCカードは還元率1%で年会費540円
  2. プラチナ会員・ダイヤモンド会員は年会費無料
  3. 楽天ゴールドカード・楽天プレミアムカード保有者も年会費無料

ちなみにタイトルのとおり私は楽天ETCカードは持っていません。その理由についてもご紹介します。

楽天ETCカードを申し込もうか検討している方の参考になれば幸いです。


楽天ETCカードとは?

楽天ETCカードは、通行料金100円につき1ポイントが貯まるETCカードです。

といってもこれはふつうにショッピングを楽天カードでしたときと同じなので、別でポイントが貯まって還元率が合計2%になるわけではないのでご注意ください。

楽天カードに合算してETC利用分の料金を支払う仕組みとなっているため、楽天ETCカードを発行できるのは楽天カード保有者に限られます。

【楽天カード公式サイト】
楽天カード
⇒ 申込はこちらへ楽天カード

そのため、楽天カードを作るときに「ETCカード」を作るかどうかの選択があります。

楽天ETCカード

結論から言えば、年会費無料の楽天カードを申し込む方はプラチナ会員でもない限りは「年会費540円」がかかるので、最初から無理せず「申し込まない」方がいいと考えます。

楽天ETCカードの年会費が無料になる条件

1.プラチナ会員・ダイヤモンド会員は年会費無料

楽天ETCカード01

楽天会員には

  1. シルバー
  2. ゴールド
  3. プラチナ
  4. ダイヤモンド

の4種類がありますが、このうちプラチナ会員・ダイヤモンド会員の場合には、年会費が無料になります。

(1)初年度の判定時期

初年度は、楽天ETCカード申込み時点の楽天会員ランクで判定します。

楽天カードを初めて申し込む方は「プラチナ会員」でない限り有料となるので個人的にはおススメしません。

どうしても欲しい方は楽天カードを申し込んでプラチナ会員かダイヤモンド会員になってから申し込んではいかがでしょうか。

楽天ETCカード02

後から申し込むときもこのように会員区分が表示されて無料か有料かが分かるようになっています。

私はダイヤモンド会員なので初年度は無料になります(持っていない理由は後で説明します)。

(2)次年度以降の判定時期

楽天ETCカードの年会費請求月=「楽天ETCカード入会月の翌月」の楽天会員ランクで判定します。

プラチナ会員・ダイヤモンド会員は、「次年度以降の年会費が1年間無料」となります。

要するに、ずっとプラチナ会員またはダイヤモンド会員をキープできるなら年会費無料で使えるということです。

2.楽天ゴールドカード・楽天プレミアムカード保有者も年会費無料

もう1つ無料になるのが楽天プレミアムカード・楽天ゴールドカード保有者です。

楽天カードにはいろいろ種類があります。

代表的なものを挙げると次とおりです。

  • 楽天カード(通常のもの):年会費無料、ETCカード年会費540円
  • 楽天PINKカード:年会費無料、ETCカード年会費540円
  • 楽天ANAマイレージクラブカード:年会費無料、ETCカード年会費540円
  • 楽天ゴールドカード: 年会費2,160円、ETCカード年会費無料
  • 楽天プレミアムカード:年会費10,800円、ETCカード年会費無料

楽天ゴールドカードや楽天プレミアムカードを利用する方は楽天ETCカードの年会費が無料になっています。

しかし見ていただければわかるように、年会費が2,160円、10,800円とかかるものなので、通常の楽天カードで十分という方にとっては、特に選択肢にはならないのではないかと思います。

ゴールドカードの最大の特長は国内空港ラウンジが無料で利用できる点なので、興味がある方は次の記事もお読みください。

関連 楽天ゴールドカードのメリットとデメリットは?楽天カードと7番勝負でお得さ検証

ETCカードは他のクレジットカードで手に入れるという手も

さて、ここまで楽天ETCカードの年会費を無料にする条件をご紹介してきましたが、実は私は持っていません

というのも、他のクレジットカードで申し込めるETCカードには無料のものもあるので、別に無理して年会費が有料になるかもしれない楽天ETCカードを持っていないからです。

(1) リクルートカードJCB

私が実際に使っているのは「リクルートカードJCB」が発行するETCカードです。

「ETCスルーカード」と呼ばれるETCカードです(JCBのETC専用カード)。

ETCスルーカード

なぜかというとリクルートカードJCBが発行するETCカードは新規発行手数料も年会費も無料だからです。

一方、注意が必要なのはリクルートカードMastercardとリクルートカードVisaで年会費は無料ですが、新規発行手数料として 1,080円がかかります。

リクルートカードETC

これは発行会社の違いですが、ETCカードを発行するならリクルートカードJCBがおススメとなります。

(2) ENEOSカード

また、車によく乗る方は「ENEOSカード」もおすすめです。

ENEOSカードはETCカードも無料で発行でき、年会費も無料です。

また、詳細は「ENEOSでガソリンを安く入れるならポイント2倍の楽天カードで節約しよう!」で書いていますが、ENEOSカードはロードサービスがついているカードです。

【対象車両】

車両総重量3トン以下の自家用四輪車

【対象地域】

日本国内全域(一部離島を除く)

項 目 内 容 ロード
サービス
レッカー
サービス
レッカー車による移動 10km まで
は無料
路上修理
(30分以内)
キー閉じ込み開錠サービス 30分以内
は無料
バッテリージャンピング
タイヤパンク時の交換作業
落輪時の引き上げ作業
ガス欠時給油作業
その他30分以内の作業

ロードサービスと言えば、「JAF(ジャフ)」が有名ですが、JAFの会員になるには年間4,000円の会費が必要です。

一方、「ENEOSカードS」なら年1回利用すればカード自体の年会費無料でこのロードサービスが受けられるので、JAFの会費4,000円を節約することができます。

【ENEOSカードの公式サイトはこちら】

ENEOSカードの公式サイト

関連 ENEOSでガソリンを安く入れるならポイント2倍の楽天カードで節約しよう!




まとめ

楽天カードをこれから申し込む方も、既に申し込んでENEOSカードの公式サイト楽天ETCカードを申し込む方検討している方にもこの記事が参考になれば幸いです。

  1. 楽天ETCカードは還元率1%で年会費540円
  2. プラチナ会員・ダイヤモンド会員は年会費無料
  3. 楽天ゴールドカード・楽天プレミアムカード保有者も年会費無料

【楽天カード公式サイト】
楽天カード
⇒ 申込はこちらへ楽天カード

それにしても、どうして楽天がETCカードを有料にしているか、よくわからないんですよね^^;

最後までお読みいただき、ありがとうございました^^ この記事はお役に立てましたでしょうか。感想や質問、お気づきの点があれば、「お問い合わせフォーム」やコメント欄からお気軽にご連絡ください。なお、コメント欄は私の承認後に表示されます。税金計算や具体的な有利不利の判断についてはこちらから

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう