2019/04/1912 Shares

楽天カードでnanacoチャージポイント付与終了!乗換え先のおすすめクレジットカードは?

2017年11月から楽天カードからnanacoクジレットチャージを含む次の電子マネーチャージが対象外になりました。

・nanacoクレジットチャージ
・モバイルSuica
・スマートICOCA

2019年4月19日までは「Kiigo」というサイトで「VISA」と「Mastercard」については楽天カードが利用できましたが、同日16時から販売終了になりました。

そこで今後nanacoチャージをするときは乗り換え先のおすすめクレジットカードでのチャージになります。

  1. リクルートカード
  2. ヤフーカード
  3. セブンカード・プラス

楽天カードnanacoチャージ対象外!乗り換え先のおすすめクレジットカードは?

大変残念ですが、やはりこういうときに備えて他のカードをもっているのは強いと改めて思いました。

リクルートカード

リクルートカードVISA

nanacoチャージでも還元率1.2%の最強カード、リクルートカードが乗換え先としてまず検討したいところです。年会費は無料です。

リクルートカードは「リクルートポイント(Pontaポイントに交換可能でローソンなどで使える)」が貯まります。

nanacoチャージでポイントが貯まるオススメクレジットカード

【リクルートカード公式サイト】


⇒ リクルートカードのお申し込みはこちらから

ヤフーカード

Yahoo!JAPANカード

次にnanacoチャージで還元率0.5%(通常の買い物は還元率1%)のヤフーカードも人気です。こちらも年会費は無料です。

ヤフーカードは「Tポイント(ファミリーマートなどで使える)」が貯まります。

nanacoチャージでポイントが貯まるオススメクレジットカード

【公式サイト】
ヤフーカード

⇒ ヤフーカードのお申し込みはこちらから

セブンカード・プラス

セブンカードプラスnanaco一体型

そして、セブン&アイグループということでnanacoチャージは最後まで残りそうなセブンカード・プラス(還元率0.5%)も忘れてはいけません。

実は、セブンカード・プラスがnanacoチャージでお得な3つの理由

年会費500円ですが、年間5万円以上使えば無料になります。

nanacoへのクレジットカードチャージも対象になるので簡単に年間5万円以上使えます。

【公式サイト】

⇒ セブンカード・プラス公式サイト

なお、固定資産税のスケジュールについては下記の記事も参考にしてみてください。

固定資産税の記事一覧




(参考)「楽天カード利用獲得ポイント」に関する変更のご案内

平素は、楽天カードをご利用いただき、誠にありがとうございます。

「楽天カード利用獲得ポイント」に関する変更についてご案内をさせていただきます。

11月ご利用分(※1)の「楽天カード利用獲得ポイント」進呈より、今後下記ご利用分がポイント進呈の対象外となります。

【対象外となるご利用】

nanacoクレジットチャージ
・モバイルSuica(※2)
・モバイルSuica年会費
・モバイルSuica(Apple)(※3)
・スマートICOCA(※4)

※1 2017年10月31日(火)以前のご利用分でも2017年11月5日(日)時点で楽天カードに売上情報が届いてないものはポイント進呈対象外になります。

※2 モバイルSuicaご利用分には、電子マネーへのチャージのほか、モバイルSuicaで購入されるモバイルSuica特急券・定期券・Suicaグリーン券なども含まれます。

※3 モバイルSuica(Apple)ご利用分には、モバイルSuicaからApple Payでチャージする電子マネーのほか、モバイルSuica(Apple)で購入されるモバイルSuica特急券・定期券・Suicaグリーン券なども含まれます。

※4 電子マネーへのチャージのほかICOCA発行再発行等も含まれます。

今後とも変わらぬご愛顧賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

この記事はお役に立てましたか?  リンクは自由です。ブログでご紹介いただけるととても嬉しいです。

感想や質問、間違いや誤字脱字があれば、「お問い合わせフォーム」やコメント欄(一部閉じています)からお気軽にご連絡ください。なお、コメント欄は運営者の承認後に表示されます。

※税金計算や扶養に入れるかなどの具体的な有利不利の判断についてはこちらから

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事のURLとタイトルをコピーする