13 Shares

楽天銀行の提携コンビニ・銀行ATMの入出金手数料を無料にする方法

楽天銀行は店舗を持たないネットバンキングです。

しかし楽天銀行の専用ATMはなく、セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソンといったコンビニATMやメガバンク・ゆうちょといった銀行ATMを利用して入出金をします。

提携ATMの入出金手数料は一部を除いて有料です。

そこでこの記事では入出金手数料を無料にする方法をご紹介します。

セブン銀行

楽天銀行の口座を持っていない方は下記からどうぞ。

\楽天銀行公式サイトを見てみる/


⇒ 楽天銀行なら楽天スーパーポイントが貯まる

 

関連 楽天銀行のハッピープログラムでATM・振込手数料を無料にしてポイントを貯めよう!


楽天銀行のATM入出金手数料は高い?

楽天銀行は口座開設後6か月目まで無条件で最低5回/月が無料です。

その後は1回目から「入金(3万円未満)」と「出金」に対して手数料がかかります。

提携ATM 手数料
セブン銀行
イオン銀行
216円
Enet
ローソンATM
三菱UFJ銀行
みずほ銀行
ゆうちょ銀行
270円

入金(3万円以上)はステージにかかわらず手数料無料です。

参考:手数料一覧「ATM利用手数料」楽天銀行

入金手数料は1回あたり「3万円以上」にすれば無料になりますが、問題は出金手数料ですね。

出金手数料は金額にかかわらず有料になります。

1回あたり200円以上かかるので、5回引き出せば1,000円以上になってしまいます。

このATM利用手数料を無料にする方法として楽天銀行の「ハッピープログラム」があります。




ハッピープログラムでATM手数料を無料にする方法

ハッピープログラム

ハッピープログラムとは、楽天銀行独自の優遇制度です。

  1. ATM利用手数料が最大月7回無料
  2. 他行振込手数料が最大月3回無料
  3. 楽天スーパーポイントの獲得倍率が最大3倍
  4. 振込手数料の楽天スーパーポイント払いが可能

というメリットがあります。

口座残高または取引回数に応じて、ATM利用手数料の無料回数が決まっています。

ステージ 口座残高 取引回数 ATM無料
ベーシック 0回
アドバンスト 10万円~ 5件~ 1回
プレミアム 50万円~ 10件~ 2回
VIP 100万円~ 20件~ 5回
スーパーVIP 300万円~ 30件~ 7回

ハッピープログラムの詳細は下記の記事をお読みください。

関連 楽天銀行のハッピープログラムでATM・振込手数料を無料にしてポイントを貯めよう!




楽天銀行のコンビニ・銀行ATMと利用時間

ハッピープログラムの最上位のステージの「スーパーVIP」になると月7回までATM利用手数料が無料になります。

本当にそうなのか7つのコンビニ・銀行ATMを実際に利用しました。

楽天銀行ATM

各提携ATMの利用時間と操作方法については、公式サイトで最新情報をご確認ください。

【公式サイト】ATMの利用時間

【公式サイト】ATMの操作方法

基本的にはキャッシュカードをATMに入れるだけなので難しいことはありません。

(1) セブン銀行ATM

【公式サイト】セブン銀行ATMの設置場所を探す

セブン銀行

(2) イオン銀行ATM

【公式サイト】イオン銀行ATMの設置場所を探す

イオン銀行ATM

(3) Enet(イーネット)

ファミリーマート、ポプラ、生活彩家、デイリーヤマザキ、ニューデイズなどのコンビニのほか、スーパー・ショッピングセンター・病院に設置されています。

【公式サイト】Enetの設置場所を探す

Enet

(4) ローソンATM

【公式サイト】ローソンATMの設置場所を探す

ローソンATM

(5) 三菱UFJ銀行ATM

【公式サイト】三菱UFJ銀行ATMの設置場所を探す

三菱UFJ銀行ATM

(6) みずほ銀行ATM

【公式サイト】みずほ銀行ATMの設置場所を探す

みずほ銀行ATM

(7) ゆうちょ銀行ATM

【公式サイト】ゆうちょ銀行ATMの設置場所を探す

ゆうちょ銀行ATM

※利用手数料の記載はないですが無料でした。




楽天銀行デビットカードで支払いをする方法

楽天銀行デビットカード

ATM利用手数料とは別ですが、出金については「デビットカード」を利用するのも1つです。

楽天銀行ユーザーなら誰でも発行できるのが「楽天銀行デビットカード」です。

楽天銀行デビットカードは

  • キャッシュカード機能
  • デビットカード機能

が1枚になっています。

特にJCBブランドは年会費無料でポイント還元率も1%と高いです。

写真のように「お買いものパンダデザイン」が選べるのもJCBだけです。

実際にお金を引き出すことはできませんが、コンビニなどで利用できます(JCBブランドはJCB加盟店)。

デビットカードとクレジットカードを比較すると次のとおりです。

デビット クレジット
支払方法 即時払い 後払い
支払回数 1回のみ 1回、分割、リボ
月額利用限度額 限度額なし 限度額あり
年齢 16歳以上 18歳以上(高校生除く)
入会審査 なし あり

デビットカードは銀行口座に預金残高がある範囲で支払いが可能なので使い過ぎ防止になります。

 

※たまに還元率10%のすごいキャンペーンをやっているのもJCBの特長です。

関連 【還元率10%】楽天銀行デビットカードJCBキャンペーン

 

楽天銀行の口座を持っていない方は下記からどうぞ。

\楽天銀行公式サイトを見てみる/


⇒ 楽天銀行なら楽天スーパーポイントが貯まる
この記事はお役に立てましたか? リンクは自由です。ブログでご紹介いただけるととても嬉しいです。感想や質問、間違いや誤字脱字があれば、「お問い合わせフォーム」やコメント欄(一部閉じています)からお気軽にご連絡ください。なお、コメント欄は運営者の承認後に表示されます。※税金計算や扶養に入れるかなどの具体的な有利不利の判断についてはこちらから

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事のURLとタイトルをコピーする