2017/12/069 Shares

節約なら年会費無料の楽天カード!メインカードとしておすすめする7つの理由

世の中にはいろんなカードがあって、たった1枚の理想のクレジットカードは存在しません。

誰かお願いだから、「年会費無料」で「何を買っても還元率5%」!しかもポイントは「共通ポイント」で「1円」からムダなく使えるクレジットカード、お願いしますよ!!

・・・でも、全部いいとこどりをすると、カード会社は儲(もう)からないのですぐにつぶれます。

実際、高還元率のクレジットカードはどんどんなくなっていきました。

だから、必ずどのクレジットカードにもデメリットというか、「物足らない部分」があります。

でも、極端な話、

「1枚だけしかクレジットカードがもてないとしたら、どうする?」

という質問に対して、真っ先に浮かんだのが楽天カードです。

メインカードとして持つなら楽天カード1択です。

【楽天カード公式サイト】
楽天カード公式サイト
⇒ 申込はこちらへ楽天カード公式サイト

そもそも楽天カードは年会費無料だから「サブカード」としてメインのクレジットカードとは別に持っていても、いや、持たないともったいないです。

実は、私の「父親」にも楽天カードをすすめたことがあります(それまで楽天市場は他のクレジットカードで支払ってました! もったいない!)。現在もサブカードとしてよく使っています。

また、「30歳になるまでクレジットカードを作ったことがない友人」にもすすめました(いつもニコニコ現金払い)。

「子どもが2人いる専業主婦でクレジットカードの審査に通るか不安という友人」にもすすめました。

つまり、リアルでもふつうに「neronaさん、どのクレジットカードがいいの?」と質問されたら、私は楽天カードをおすすめしています。

・・・もちろん、楽天カード自体にデメリットもありますよ。

でも、デメリットなんて目をつぶっちゃうくらいメリットがあったら、どうします?

節約なら年会費無料の楽天カード!

最初に私が楽天カードをメインカードとしておすすめする7つの理由を書くと次のとおりです。

  1. クレジットカードを作りやすい
  2. 年会費無料なのに還元率1%
  3. 1ポイントからムダなく使える
  4. 楽天ポイントカードも一体型で申し込める!
  5. カードの利用状況をメールで教えてくれる
  6. 誕生月に最大700ポイントゲット!
  7. 入会・利用だけでポイントゲット!

一言で言えば、誰でも簡単に作れて節約になるから家計にうれしいということです。

そんなバカなあ、と思った方は、今ご自身の財布の中に入っているクレジットカードと比較してみてください。

たぶん、そのクレジットカードをメインにしていたら、「損」してますよ。

理由1:審査が通りやすいからクレジットカードを作りやすい!

楽天市場

楽天カードの特徴として、他のクレジットカードに比べて「審査が通りやすい」という点があります。

これはもともと楽天のような「流通系カード」の特徴です。

流通系カード?

何それ?

と思われるかもしれませんが、「クレジットカードの儲(もう)け」って、そもそもなんでしょうか?

ふつう、クレジットカード会社は「クレジットカード自体(手数料など)」で儲けようとします。

1回の買い物について、3~7%くらいの加盟店手数料がお店からカード会社に支払われます。

そりゃ、5%なんて還元率にしたら、カード会社は利益が出るわけないですよね。。。

また、カード会社は料金の支払いの立て替えをしているので、料金を回収しないといけません。

そうすると、ちゃんと返してくれないと3~7%の手数料では割に合わないので、当然、「最初の審査」を厳しくします。

一方、流通系カード、例えば楽天カードのように楽天市場など「自分の会社の中」で使ってもらうことを目的としています。

クレジットカード自体で儲けを出さなければならないわけではありません。

これ、重要ですよ。

手数料「だけ」で儲けなくてもいいんですね。

むしろ楽天市場でどんどんお金を使ってほしいと思っているので、できる限り多くの人に使ってもらいたい、つまり、審査もある程度通りやすくしてたくさん発行します。

今までクレジットカードを発行したことがない友人(いわゆるスーパーホワイト)に楽天カードをすすめたのですが、30歳過ぎてクレジットカード持ってないと本当に苦労します。

しかしさっき書いたように、リアルでも友人には、まず楽天カードから作って信用を貯めていこうよ、とすすめています。

逆に言うと、楽天カードは使っている最中の方が審査が厳しいです。

まあ、当然といえば当然なのですが、支払いが何度も遅れたりするとカードが使えなくなることがあるので、「ふつう」に使いましょうね。

【楽天カード公式サイト】
楽天カード公式サイト
⇒ 申込はこちらへ楽天カード公式サイト

理由2: 年会費無料なのに、最低還元率1%楽天市場で4%~6%

一般的なクレジットカードは年会費が有料だったりしますし、還元率は0.5%のものが多いです。

私の父親が楽天市場で使っていたクレジットカードも年会費2,000円+税で、還元率は0.5%でした。

(1)楽天カードはそもそも還元率1%の高還元率!

一方、楽天カードは「年会費無料」にもかかわらず、基本的に何を支払うのに使っても還元率1%の高還元率カードです。

(2)楽天市場のSPUでポイントアップ!

楽天市場ではこのポイントを何倍にもする「SPU(スーパーポイントアップ)」をやっています。

これは、楽天カードなどのサービスを使えば使うほどポイントがアップして、還元率9%までいくので、『最低でも』還元率1%というのが正しいでしょう。

楽天SPU

楽天市場で「楽天カード(+3倍=還元率3%アップ)」を使えば通常ポイント(還元率1%)と合わせていきなり還元率4%となります。
楽天SPU2

この中では他に「楽天市場のアプリで月に1回だけ買い物(+1倍=還元率1%アップ)」と「楽天ブックスで買い物(+1倍=還元率1%アップ)」がやりやすいので、これだけで合わせて還元率6%ですね。

そのため、楽天カード1枚を持っているだけでポイントがどんどん貯まります。

(3)毎月5,10,15,20,25,30日はさらにポイントアップ!

また、最近はじまった「5の倍数の日」については、楽天カードの「+3倍=還元率3%アップ」がなんと「+5倍=還元率5%アップ」になります。

だんだん書いている私自身もワケが分からなくなってくるくらいポイントざくざくなんです。

楽天エントリー

※毎回エントリーが必要なので、気をつけましょうね。

(4)お買いものマラソンや楽天スーパーSALEでとどめだ!

さらに、楽天市場で大体毎月どこかでやっている「お買いものマラソン」や「楽天スーパーSALE」で買い物をすればするほどポイントが最大9倍=還元率9%アップになるときにまとめ買いをすれば、さらに還元率がアップするので、使えば使うほど、ポイントがもらえます。

(5)楽天カード加盟店でもポイントアップ!

楽天市場以外でも、ガソリンスタンドでガソリンを入れるとき、とりあえず持っているクレジットカードで入れてませんか?

日本のガソリンスタンド最大手のENEOSでもガソリンの割引がきいて、さらに通常の1%のポイントのほかに特別ポイントが1%分貯まります。
ENEOS加盟店ポイント

楽天カードで払うだけで、ポイントがもらえるキャンペーンも不定期でやっているので、登録も忘れずに!

キャンペーンポイント

【楽天カード公式サイト】
楽天カード公式サイト
⇒ 申込はこちらへ楽天カード公式サイト

理由3:  楽天ポイントカードを使えば、1ポイントからムダなく使える

1ポイントから使える
クレジットカードの魅力は何といっても「ポイント」=「楽天スーパーポイント」です。

複数のクレジットカードを使い分けた方がお店によってトクすることも多いのは事実です。

しかし、あまりクレジットカードを増やしてポイントを分散してしまうと、結果的に損することがあります。

例えば、1万ポイント貯まらないと使えないようなクレジットカードでは、気づけば商品などと交換する前に有効期限が来てしまうこともあるでしょう。

実際、私が大学時代にワケも分からず街のキャンペーンで引っかかって申し込んだクレジットカードは、年会費有料(2,000円(当時))で還元率0.5%なのに1万ポイント貯めないとポイントの交換ができませんでした。

その結果、失効させてばかりでとても損をしていました。

う~ん。

典型的なダメカードでしたし、その頃の私はそれがダメだということすらわかっていませんでした。

この点、楽天カードなら1ポイントからムダなく使えるため、ポイントを失効することを心配することも少ないです。

マクドナルドやくら寿司など外食チェーン店の利用方法は次の記事を参考にしてみてください。

関連 楽天スーパーポイントが使える外食チェーン店は?最新情報まとめ

また、ポイントの中には期間限定ポイントという利用期限が決まっているものもありますが、楽天市場での買い物はもちろん、マクドナルドなど簡単に使えるので問題ありません。

まあ、個人的には

  • 楽天市場では楽天カードを使ってポイントをざくざく貯める
  • リアルのお店では楽天スーパーポイントをしっかり使う

が良いと思いますけどね。

理由4: 全部、「楽天ポイントカード」一体型だよ!

楽天ポイントカード

電子マネーの「楽天Edy(こっちは選択)」だけでなく、ポイントカードの「楽天ポイントカード(こっちは自動的に)」も一体型になります。

実は昔は楽天カードと楽天ポイントカードを同時に出す必要はなくなりました。

財布のポイントカードが1枚減らせます。

楽天カードと言っても、実は、

  1. クレジットカード機能
  2. 電子マネーEdy機能
  3. 楽天スーパーポイントカード機能

の3つの機能をたった1枚で持っているんです。

まさに「1枚」で万能ですね。

【楽天カード公式サイト】
楽天カード公式サイト
⇒ 申込はこちらへ楽天カード公式サイト

突然ですが、デメリットもあります!

あ、でも、別に楽天カードバンザイ!!ではありません。

デメリット=メールが多い。多すぎる。

これ、楽天カードについてよく聞きますよね。

・・・といっても、最近はほかのネットショッピングも同じようにメールがいっぱい届くので、あんまり関係ないのと、あらかじめ、メールの振り分け設定をしておけばストレスはないです。

理由5: カードの利用状況をメールですぐに教えてくれる!

実は、メールが多いということは、デメリットばかりではありません。

楽天カードの場合、カードの利用状況をメールで教えてくれるんです。
楽天カード利用速報
これにより、例えば、楽天カードを不正利用された場合であっても、すぐに気づくことができます。

他のクレジットカードって、そんな機能が自動的についてますか?

「請求明細書」を後から見て気づいても、ちょっと遅いですよね。

ちなみに、我が家のメールは「妻」の管理下に置かれているので、私が何に使ったかが、妻に筒抜けです(私がメールを開こうと思ったら、既読になってます・・・怖っ!)。

秘密のあんなものやこんなものを買うときにバレる原因になるので、気をつけましょう。

・・・あれ? これはデメリットか。

理由6:  誕生月に最大700ポイントゲット!

誕生日ポイント

楽天の会員ランクに応じて、100~700円分の楽天スーパーポイントがもらえます。

バースデーポイント

おいおい、私が年会費2000円(当時)払ってロクなポイントももらえなかったのは、一体何だったの!?

・・・というわけで、楽天をがっつり使い倒しているダイヤモンド会員なので、毎年700円分いただいています。

もちろん、700円分のポイントを楽天市場で使わせて、「誕生日だから、自分へのごほうびに買っちゃおう」とか、「旦那の誕生日プレゼントにポイント使っちゃおう」という商売のことを考えると、裏が大ありのポイントサービスです。

だって、1000円とかではないところが憎いですよね。。。

でも、ダイヤモンド会員は楽天カードを持っていないとなれないので、必須ですね。

関連 楽天ダイヤモンド会員になる簡単な方法と誕生日ポイントのもらい方

【楽天カード公式サイト】
楽天カード公式サイト
⇒ 申込はこちらへ楽天カード公式サイト

理由7:  入会・利用だけで高額ポイントゲット!

最後に、これ目当ての方が1番思いのですが、年会費無料のカードなのに、入会ポイントと利用ポイントが手厚いです。

最低でも2,000ポイントもらえますが、今なら期間限定キャンペーンをやっているのでもらえます。

そもそも2,000ポイントをもらうには還元率1%だとしても「20万円分の買い物」が必要なのに、もらえるんですよ。

5,000ポイントなら、「50万円分の買い物」に相当します。

スゴイですよね。

人によっては半年か1年分の買い物をして初めてもらえるポイントが、楽天カードを作るだけでもらえるわけです。

例えば、ときどきあるキャンペーンで7,000ポイントもらえたら、極太のタラバガニが「タダ」で食べられますからね!

【厳選旨み濃厚タラバ蟹足 ¥6,478円】
厳選旨み濃厚タラバ蟹足
あす楽対応可!お一人様3個までの限定品!特大たらば蟹/足グロス800g前後(ボイル/冷凍)約2人前【送料無料】
厳選旨み濃厚タラバ蟹足

キャンペーン情報をお見逃しなく!

最後に:私が「楽天カード」をおすすめする7つの理由

ここまでお読みいただきありがとうございました!

  1. クレジットカードを作りやすい
  2. 年会費無料なのに還元率1%
  3. 1ポイントからムダなく使える
  4. 楽天ポイントカードも一体型で申し込める!
  5. カードの利用状況をメールで教えてくれる
  6. 誕生月に最大700ポイントゲット!
  7. 入会・利用だけでポイントゲット!

なお、国際ブランドについては、海外で使いたいならVISAかMastercard、「お買いものパンダデザイン」などデザインを選びたいならJCBかMastercardになるので、参考にしてみてくださいね。

【楽天カード公式サイト】
楽天カード公式サイト
⇒ 申込はこちらへ楽天カード公式サイト

おっとそういえば、「リボ払い」も選ばないように気をつけましょうね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう