16 Shares

【悲報】リクルートカードnanaco・楽天Edyチャージに上限月3万円で改悪!2枚持ちなら月6万円までOK

残念
速報です。ついに最後の砦のリクルートカードにも悲しいお知らせがやってきました。

リクルートカードにおける電子マネーチャージご利用分のポイント加算対象の改定について

2018年4月16日(月)より、以下の対象となる電子マネーチャージご利用分については、ご利用金額の合算で月間30,000円までがポイント加算の対象となります。 合算で30,001円以上のご利用分はポイント加算の対象外となります。

なお、ご利用金額の対象はそれぞれの電子マネーの合計金額ではなく、すべての電子マネーの合算金額です。

月間集計期間は毎月16日~翌月15日となります。

※2018年4月15日(日)以前のご利用分でも、2018年4月16日(月)以降に売上データがカード会社へ到着した場合、上記の対象となります。

対象となる電子マネーチャージ

【JCBブランド】

nanaco(ナナコ)、モバイルSuica

【Mastercard(R) / Visaブランド】

nanaco(ナナコ)、楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCA

出典 【重要なお知らせ】リクルートカードにおける電子マネーチャージご利用分のポイント加算対象の改定についてより一部抜粋

楽天カードの還元率0%、Yahoo!JAPANカードの還元率0.5%に続く改悪となりましたが、楽天カードとYahoo!JAPANカードに比べると還元率1.2%はふつうに使っていれば維持されるので改悪というのは言い過ぎかもしれません。

この記事では今度の対応策について考えてみます。





今回のリクルートカードの変更点について

リクルートカードVISA

3万円を超えたら全部ダメ?それとも超えた分だけ?

30,001円を1円でも超えたら全部ダメになるのか、それとも1円だけがダメなのかが気になってコールセンターの方に確認したところ、「超えた分だけダメ」とのことでした。

例えば、リクルートカードでnanacoチャージを3万円分すると、ポイントが360円分(還元率1.2%)もらえます。

そこで続けて同じ月に2万円分のnanacoチャージしてもポイントはもらえません(楽天Edyチャージでも)。

超える分は他のポイントが付くカードを使った方が良いと思います。

なぜ4月16日から?

リクルートカードは毎月16日から翌月15日までを1か月でカウントしているからだと思われます。

そのため、2018年4月16日から5月15日までの期間について6月11日支払いから上限が発生します。

固定資産税や自動車税でのチャージが見込まれる時期だから4月16日からなのかもしれません。

なお、4月15日以前の利用分でも4月16日以降に売上データがカード会社へ到着した場合は制限の対象になるので、実際にはもっと早くなりそうな予感がします。

固定資産税の支払いはどうする?

まず毎月3万円までは少なくともポイント加算が維持されるので、固定資産税を払う方は毎月一定額をチャージするようにしましょう。

固定資産税は4分割で払えます。

毎月3万円の範囲でコツコツチャージして4回に分けて払いましょう。

自動車税・軽自動車税の支払いはどうする?

軽自動車税は3万円以内なので良いと思いますが、自動車税について超える場合は2か月に分けてチャージするようにしましょう。

自動車税は5月末が納期限なので、4月と5月に分けるといいでしょう(固定資産税とかぶる場合は注意)。

クレジットカードはどうすればいい?

【案1】リクルートカードの2枚持ちを検討する?

リクルートカードVISA

さて、1つの解決策として考えられるのがリクルートカードの2枚持ちです。

実はリクルートカードは「JCB」と「VISA/Mastercard」で発行会社が異なるので、2枚持ちが可能です。

  1. リクルートカードJCBとリクルートカードVisa
  2. リクルートカードJCBとリクルートカードMastercard

実際私はJCBとVISAの2枚持ちをしています。

今回の上限の月3万円は「カードごと」と考えられるので、2枚持ちなら理屈の上では月3万円×2枚=月6万円までチャージ可能となります。

公式サイトでも

■複数枚のリクルートカードをご利用されている場合

それぞれのカードで、月間30,000円までがポイント加算の対象となります。

※リクルートカード(リクルートカードプラスも含む)は、お一人様につき各発行カード会社(Mastercard(R) / Visa:三菱UFJニコス株式会社、JCB:株式会社ジェーシービー)1枚ずつしか発行ができません。

出典 【重要】電子マネーチャージご利用分のポイント加算対象の改定について

と書かれています。

【リクルートカード公式サイト】
リクルートカード
⇒ リクルートカードのお申し込みはこちらから(キャンペーン中)

【案2】ANA JCBプリペイドカードの裏技を利用 ※4/20終了

【注意】2018年4月20日でこの方法は利用できなくなります。

あまり知られていないというよりも、さらに手間が増えますが、次のような方法もあります。

楽天カードJCBからANA JCBプリペイドカードにクレジットカードチャージ(楽天スーパーポイント還元率1%)

ANA JCBプリペイドカードからnanacoカード・nanacoモバイルにチャージ(ポイントは付与なし)

セブン-イレブンでnanacoで支払い(ポイント付与はなし)

関連 楽天カードJCBからANA JCBプリペイドカードを経由してnanacoチャージをする裏技

・・・個人的には手間が増えすぎるので今のところ使っていません。

【案3】リクルートカード以外も含めて2枚以上のカードで併用しよう!

おそらく1番現実的なのは他のカードを持つことです。

固定資産税や自動車税以外にも支払っている方は、還元率は落ちますが他のカードとの併用を検討しましょう。

私が実際に使っているのは次のカードです。

●Yahoo!JAPANカード(還元率0.5%)

Yahoo!JAPANカード

●セブンカード・プラス(還元率0.5%)

セブンカードプラスnanaco一体型

●ファミマTカード(還元率0.5%)

ファミマTカード

が候補になります。

関連 nanacoチャージでポイントが貯まるオススメクレジットカード

まとめ

上限ができたのは残念ですが、それでも月3万円なら何とかなりそうです。

「ガツン」と使っている方に対する制限ですね。

他のカード会社が全員「0%」にした対応に比べると、リクルートカードはnanacoチャージでのポイント加算は何とか努力して維持しようとしている姿勢は逆にありがたいところです。

【リクルートカード公式サイト】
リクルートカード
⇒ リクルートカードのお申し込みはこちらから(キャンペーン中)

最後までお読みいただき、ありがとうございました^^ この記事はお役に立てましたでしょうか。感想や質問、お気づきの点があれば、「お問い合わせフォーム」やコメント欄からお気軽にご連絡ください。なお、コメント欄は私の承認後に表示されます。税金計算や具体的な有利不利の判断についてはこちらから

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう