2018/06/204 Shares

リクルートカードnanacoチャージは家族カードと合算して月3万円までに注意!

リクルートカード

2018年4月16日からリクルートカードに電子マネーに対するポイントが月3万円までのチャージになりました。

月3万円を超えると超えた分についてはポイントが付きません。

そのため、

「夫婦でリクルートカードの「本カード」と「家族カード」をもっている場合、もしかして別々に月3万円ずつチャージしてポイントが貯まるのでは?」

と思う方もいるかもしれませんが、答えはNoです。

この記事ではさらに対応策についても書いています。


リクルートカード公式見解は家族カード分も合算!

公式サイトでも

■家族カードご利用の場合

家族カードを利用している場合は、本カードと家族カードを合算して、月間30,000円までがポイント加算の対象となります。

出典 【重要】電子マネーチャージご利用分のポイント加算対象の改定について

とあるように、合算して月3万円までとなります。

・・・まあ、もともと本カードと家族カードは一心同体なので、この取扱いは仕方がないのかなと思うところです。




【解決策1】リクルートカードの2枚持ちなら月6万円までOK!

しかし、あきらめるのはまだ早いです。

公式サイトでは続けて、

■複数枚のリクルートカードをご利用されている場合

それぞれのカードで、月間30,000円までがポイント加算の対象となります。

※リクルートカード(リクルートカードプラスも含む)は、お一人様につき各発行カード会社(Mastercard(R) / Visa:三菱UFJニコス株式会社、JCB:株式会社ジェーシービー)1枚ずつしか発行ができません。

出典 【重要】電子マネーチャージご利用分のポイント加算対象の改定について

とあります。

どういうことかというと、リクルートカードは「発行会社」が異なれば1人で2枚持てるので、2枚持ちにすることで月6万円までポイント獲得が可能なのです。

ブランドで言うと

  1. JCB
  2. VISA・Mastercard

の2つに分かれます。

詳細は「リクルートカードが複数持てるJCB・VISA・Mastercardの組み合わせは?」に書いていますが、簡単に書くと次のとおりです。

(1) リクルートカードJCBとVISAの組み合わせ

リクルートカード01

  • リクルートカードJCB:nanacoとモバイルSuicaに月3万円まで還元率1.2%
  • リクルートカードVISA:nanaco・楽天Edy・モバイルSuica・スマートICOCAに月3万円まで還元率1.2%
  • 合計:月6万円まで還元率1.2%

(2) リクルートカードJCBとMastercardの組み合わせ

リクルートカード02

  • リクルートカードJCB:nanacoとモバイルSuicaに月3万円まで還元率1.2%
  • リクルートカードMastercard:nanaco・楽天Edy・モバイルSuica・スマートICOCAに月3万円まで還元率1.2%
  • 合計:月6万円まで還元率1.2%

なお、リクルートカードVISAとMastercardは同じ発行会社なのでこの2つを同時に持つことはできません。

【リクルートカード公式サイト】
リクルートカード
⇒ リクルートカードのお申し込みはこちらから




【解決策2】夫婦でリクルートカードの本カードを1枚ずつ持つ!

もう1つの解決策が、家族カードではなく本カードを夫婦で2枚持つ方法です。

例えば

  • 夫:リクルートカード(本カード)
  • 妻:リクルートカード(家族カード)

なら、

  • 夫:リクルートカード(本カード)
  • 妻:リクルートカード(本カード)

にするわけです。

【リクルートカード公式サイト】
リクルートカード
⇒ リクルートカードのお申し込みはこちらから




まとめ

月3万円、または月6万円あればまだまだ税金の支払いで活躍するので、上手にリクルートカードを活用してください。

関連 nanacoチャージでポイントが貯まるオススメクレジットカード

関連 リクルートカードnanaco・楽天Edyチャージに上限月3万円で改悪!2枚持ちなら月6万円までOK

この記事はお役に立てましたでしょうか。感想や質問、お気づきの点があれば、「お問い合わせフォーム」やコメント欄からお気軽にご連絡ください。なお、コメント欄は私の承認後に表示されます。税金計算や具体的な有利不利の判断についてはこちらから

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう