6 Shares

【リクルートカードの月3万円対策】固定資産税・自動車税のnanaco払いはチャージのタイミングに注意!

リクルートカード

現在、電子マネーnanacoへのリクルートカードからのチャージは月3万円まで還元率1.2%になっています。

年間で36万円です。

我が家は一戸建ての固定資産税(212,000円)と自動車税(24,500円)なので、合計しても24万円ですから支払える範囲です。

ただ、チャージするタイミングは気をつけないといけないので、記事にしてみました。

【リクルートカード公式サイト】


⇒ リクルートカードのお申し込みはこちらから

関連 nanacoチャージでポイントが貯まるオススメクレジットカード

関連 nanacoとクレジットカードで税金や公共料金を節約するために気をつけること


リクルートカードの月3万円の上限は期間に注意

リクルートカードVISA

まず気をつけないといけないのが月3万円の上限です。

これだけ聞くと7月なら「7月1日~7月31日」だと思ってしまいますが、リクルートカードの締め日に連動するので、

  • 6月16日~7月15日
  • 7月16日~8月15日

が1か月単位になっていきます。

したがって、7月31日に3万円チャージして、8月1日に3万円チャージしたとしましょう。

月はまたいでいますが、リクルートカードの請求上は同じ期間になるので合計6万円と3万円を超えてしまいます。

3万円を超えた分はポイント対象外なので、チャージするなら8月16日以降にすべきですね。

というわけで、月の半ばでチャージ上限がリセットされると覚えておきましょう。




楽天Edyのオートチャージに注意

リクルートカードと電子マネー

楽天Edyのチャージにもリクルートカードを使っている場合、特にオートチャージをしている場合は注意が必要です。

月3万円の上限は電子マネー全体で、nanacoと楽天Edyの利用金額の合計です。

自分ではチャージしたつもりがなくても楽天Edyの方でオートチャージをしている可能性があります。

あえて他のクレジットカードにチャージするカードを変更するのもありだと思います。




固定資産税と自動車税の納期限のスケジュールは?

名古屋税金カレンダー

例えば名古屋市の場合、

  • 固定資産税の納期限:4月、7月、12月、2月
  • 自動車税・軽自動車税の納期限:5月

となります(納期限は全国バラバラです)。

参考までにチャージと税金支払いのスケジュールを組んでみるとこんな感じになりました。

【前提条件】

  • 固定資産税:合計212,000円、1回53,000円(4分割)
  • 自動車税:52,500円
  • 1枚のnanacoカードに最大10万円(カード内残高5万円、センターお預かり5万円)
  • 10万円を超える場合は1万円または2万円でチャージ
チャージ 税金支払い 残高
8月 +3万 30,000
9月 +3万 60,000
10月 +3万 90,000
11月 +1万 100,000(上限)
12月 +3万 ▲53,000 77,000
1月 +2万 97,000
2月 +3万 ▲53,000 74,000
3月 +2万 94,000
4月 +3万 ▲53,000 71,000
5月 +3万 ▲52,500 48,500
6月 +3万 78,500
7月 +3万 ▲53,000 55,500

適当に考えてみましたが、8月スタートなら特に問題なく行けそうです。

ただ、12月まで間があくので上限10万円に到達してしまいます。

楽天Edyのチャージに使うのもありかもしれませんね。

しかしこれを1月はじまりにすると・・・

チャージ 税金支払い 残高
1月 +3万 30,000
2月 +3万 ▲53,000 7,000
3月 +3万 37,000
4月 +3万 ▲53,000 14,000
5月 +3万 ▲52,500 ▲8,500
6月 +3万 21,500
7月 +3万 51,500
8月 +3万 81,500
9月 +3万 ▲53,000 58,500
10月 +3万 88,500
11月 +1万 98,500
12月 +3万 ▲53,000 75,500

というように、5月にマイナスになります(制限がかかる前からチャージしてればいいですが)。




まとめ:面倒なら他のカードと組合せよう!

nanacoチャージでポイントが貯まるクレジットカード

・・・とまあ、こんな風に考えるのが面倒だということであれば、還元率は落ちても他のカードを組み合わせるのがよいでしょう。

  • Yahoo! JAPANカードVISA・JCB・Mastercard:還元率0.5%
  • セブンカード・プラス:還元率0.5%
  • ファミマTカード:還元率0.5%
  • JMBローソンPontaカードVisa:還元率0.5%

詳細は次の記事をどうぞ。

関連 nanacoチャージでポイントが貯まるオススメクレジットカード

また、裏技的ですが、次のいずれかの2枚持ちをすることで2倍の年間72万円が限度となります。

  • リクルートカード(JCB)とリクルートカード(VISA)
  • リクルートカード(JCB)とリクルートカード(Mastercard)

【リクルートカード公式サイト】


⇒ リクルートカードのお申し込みはこちらから

関連 リクルートカードが複数持てるJCB・VISA・Mastercardの組み合わせは?

この記事はお役に立てましたか。感想や質問、間違いや誤字脱字があれば、「お問い合わせフォーム」やコメント欄(一部閉じています)からお気軽にご連絡ください。なお、コメント欄は運営者の承認後に表示されます。※税金計算や扶養に入れるかなどの具体的な有利不利の判断についてはこちらから

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう