2017/06/052 Shares

あのブロガーも最上志向?より良いものの存在に気づける感度はブロガー向き!

ストレングス・ファインダー(強み発見器)は、2015年くらいにブロガーさんの間で一時期流行したそうですが、プロブロガーを含めてブロガーさんが共通して持っている資質の1つとして注目されていたのが、「最上志向」でした。

それがまとまっているのが次の記事です。

⇒A1理論はミニマリスト:ブロガーのストレングス・ファインダー結果に『最上志向』が多いのは「ペンギンの国」ではそれが仇になってるからなんじゃないかな?絵本『ペンギンの国のクジャク』

なので『最上志向』ブロガーの方々は僕も含めて、この時代はブログ上で『最上志向』とそれ以外の4つの才能を存分に発揮しましょう

それこそが『チャンスの国』へ向かう唯一の方法だと僕は思います。

上記の記事をお読みいただければおしまいなのですが、

  1. 2年経っている
  2. 各リンク先の記事からこれはと思う言葉を引用したかった

ので、この記事を尊重した上で、まとめ記事にさせていただきます。


ブロガーに最上志向が多い理由=より良いものに気づくから?

  • 平均以上の何かを最高のものに高めるの好きな人
  • 強みを伸ばし、磨きをかけ、優秀さへ高めずにはいられない人
  • 自分の強みを高く評価してくれる人たちと一緒に過ごしたい人
  • 自分の強みを発見しそれを伸ばしてきたと思われる人たちに惹かれる人
  • 型にはめて、弱点を克服させようとする人々を避けたがる人
  • 自分の弱みを嘆きながら人生を送りたくない人
  • 持って生まれた天賦の才能を最大限に利用したい人

ざっくり言えば「最上志向」っていうのは、強みを見つけてそこに磨きをかけていく人です。

しかしブロガーとして最上志向が重要なのは、そもそも「強み」を見つけられる点=「より良いものの存在に気づける感度」が抜群だからではないかと考えます。

だからブロガーが最上志向だと、「え? なんでこんなに良いのにみんな知らないの?」と広めたくなるんですね。

そもそもブログにストレングス・ファインダーのことを書いていること自体が「良いもの見つけた! これはみんなに知らせよう」ということなので、結果的に最上志向のブロガーさんが多いのではないかと勝手に思ってます。

第1位が最上志向のブロガーさん

イケダハヤトさん(まだ東京で消耗してるの?)

第1位に「最上志向」。

自分の強みが分かる「ストレングスファインダー」をやってみたら気持ち悪いくらい当たっていた

僕はライター/マーケターとして、まさに「真珠を光り輝くまで磨く」ことに熱意を持っています。講演などの自己紹介で「僕はダイヤモンドの原石を見つけ、磨き、価値を伝えていく人間です」とか語ったりしてました。これすごいです。気持ち悪いです

「あなたは、あなたを型にはめて、弱点を克服させようとする人々を避ける傾向があります」というあたりもドンピシャです。前職時代に社長から「お前は頑固だ」と言われたことを思い出します苦笑

同じです(苦笑)

スタートアップ経営者には「最上志向」が多い気がする。

「自分の強みを発見しそれを伸ばしてきたと思われる人たちに惹かれます」とあるように、最上志向の人たちは「惹かれ合う」性質があるようにも感じます。

妻にストレングス・ファインダーをやらせたら、当たりすぎて爆笑。

ぼくの「活発性(どんどん行動する)」と妻の「着想(説明・アイデアを思いつく)」など、お互いに補強し合う強みも見つかったりと、二人でやるとなかなか面白いです。

事業のパートナーはもちろん、カップルの相性診断としても抜群におすすめです。変な占いやるよりよっぽど役に立ちますよw

ヒトデさん(今日はヒトデ祭りだぞ!)

第1位に「最上志向」。

自分の強みがわかる!『さあ、才能に目覚めよう』の性格診断が滅茶苦茶当たってて面白い【ストレングス・ファインダー】

高みを目指せる分野を選んで、それで高みを目指して行くぜ

って感じ!

そんで同じように高みを目指す人に惹かれて、逆に自分を型にはめて弱点を克服しろよって言ってくる奴嫌い!

って感じ!

確かに、「高みを目指す」って言葉大好きなんですよね。1番じゃなくてもいいけど上位グループにいたいってところは激しく同感です。

opal (おぱる)さん(インデックス投資女子)

第1位に「最上志向」。

ストレングス・ファインダーでじぶんの才能をチェック&ブラッシュアップ

納得の結果。これは仕事だけでなく、プライベートでもひとと接するときに考えるクセです。ひとにはそれぞれ必ず強みがあり、それを生かさないことは人生に対して怠惰だと思うときもあります(それがじぶんだったりするわけだけど)。仕事でチームをつくるときは、長所の組合せを重視し、弱点は問題にしません(それは単純な労力でサポートできるから)。まったく違う土壌にいるひとの長所を組合せて新しいアプローチにすることも大好きです。

nerona(書庫のある家.com)

私です。第1位に「最上志向」。

ストレングス・ファインダーの強み診断の結果は?当たり過ぎて気持ち悪かった話

※イケハヤさんの「自分の強みが分かる「ストレングスファインダー」をやってみたら気持ち悪いくらい当たっていた」とタイトルがかぶっていて驚きました(知っていたらかぶらないようにします)。でもやっぱり、気持ち悪いんです。

第2~5位が最上志向のブロガーさん

本多メグさん(ミニマリストは世界を変える!)

第2位に「最上志向」。第1位は「内省」

あなたが空気のようにやっていることは?ストレングスファインダー診断はやっておくべき。

あと、そのほかの私の強みの「最上志向」これはイケダハヤトさんも一番の強みで上げているものなのですが、最上を求めるのです。自然とそうなってしまう。ばかみたいに集中できるし、負けず嫌い。

ミニマリストの方の中にも最上志向をお持ちの方が多い印象です。

小飼弾さん(404 Blog Not Found)

第2位に「最上志向」。第1位は「着想」

これで百戦危うからず? – 書評 – さあ、才能に目覚めよう

一つ言えることは、自らに逆らって生きるのは厳しいということである。ここまでは弾言できる。それは世の中に逆らって生きるより、よほど厳しいことなのだと。

生きるのが厳しいと感じている人は、だまされたと思って本書のテストを受けて欲しい。もしかしてあなたが逆らっているのは世の中ではなく、自分自身なのかも知れないのだから。

自分自身に逆らってるんじゃないの?という問いかけは刺さりますね。

ヒガシーサーさん(ヒガシーサーのカメラ沼)

第2位が「最上志向」。第1位は「戦略性」
ストレングス・ファインダー当たりすぎ!ブログなかったら人生ヤバかった件

はい。自分の弱みを克服する気は一切ないですね。お酒が飲めないところとか。夜9時に眠くなるところとか。そんなことより朝4時に起きれるメリットを最大限に伸ばすほうが楽しい。

そんなんだから沖縄で友達少ないんだよwでもそれが嫌いじゃないって点もいいね。

立花岳志さん(No Second Life)

第3位が「最上志向」。第1位は「コミュニケーション」

苦手なことはするな! 書評「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう」 by マーカス・バッキンガム & ドナルド・O・クリフトン

自らの強みを知ったからといって、すぐに人生が激変するわけではない。

だが、方向性が見えないなかでやみくもに突っ走り、結果として遠回りをしてしまったり、ゴールに辿り着けなかったりするリスクを考えれば、自らの強みを客観的に認識できることは大きなチャンスだろう。

もちろんこの「ストレングス・ファインダー」テストも本書も、完全なものではなく、絶対的な指針にはなりえない。

だが、一つの参考値として自らを見つめるきっかけにはなるのではないだろうか。

やぎぺー(八木仁平)さん(やぎろぐ)

第4位が「最上志向」。第1位が「目標志向」

プロフィール

強みを知らずに損している人へ。たった30分で明日からの人生を変えませんか?

人間の強みに関してはこれまで様々な研究がなされているので、実は客観的に知ることができるんです。

社会人の方であれば、就活のときに自己分析をしたことがある人も多いはず。

その自己分析よりはもしかすると科学的根拠のないものだったかもしれません。

これから紹介する強み診断は自分の強みを、科学的に5つ知ることが出来るものです。

この先長い人生の中のたった30分を診断に割いてください

宮森はやと(みやも)さん(エドマル)

第4位が「最上志向」。第1位が「戦略性」

【診断】気持ち悪いほど当たるストレングス・ファインダーをあなたはもう試したか?

私はiPadにこのストレングス・ファインダーの診断をコピーしていつも確認できるようにしてます

そのくらいの信用度です。

最上志向がないとブロガーに向いていないのか?

当然ですが、そんなことはありません(笑)

この記事で言いたかったことはそういうことではありません。

見ていただくとわかるように、「最上志向」をもっているとしても、それぞれの方のブログの運営方法は全然違います。

私とイケダハヤトさんは第1位が同じ「最上志向」ですが、第2位から第5位はバラバラです。

ストレングス・ファインダーは1つずつではなく、組み合わせも重要です。

特に第1位から第5位の資質をいかに自分の中でうまく組み合わせて磨き上げて強みにするかが大事になってきます。

「ブログを書く」という行為は、自分の資質を磨き上げるのに最適です。

ストレングス・ファインダーをやったけど役に立たなかったという方は、見つかった自分の資質をどうやって磨いたのでしょうか?

磨き方がわからないまま、ダイヤの原石を放置したのであれば、ダイヤモンドにならずに役に立たなかったというのも仕方がないところです。

ブロガーはブログを書くことを通じて、自分の資質を磨くことができます。

もちろん、ブログを書くことだけが唯一の方法ではありませんが、情報発信できる方法としては非常に優れているのでおすすめです。

最後に:会社を辞めたくなったら

最上志向をどんどん磨いていくと、会社辞めます(笑)

私が会社を辞めた理由の1つは、組織の短所とか欠点を磨く仕事が全く肌に合わなかった点にあります(長所を磨きたかった・・・)。

「向いていない人を平均レベルに引き上げる」くらいなら、「向いている人を最高レベルにどんどん引き上げる」ことに意味があると思っていたので、つらかったです。

もちろん他の事情も含めて、最終的には会社を辞めましたが、このあたりは、冒頭でご紹介したこちらの記事をお読みいただくと、絵本『ペンギンの国のクジャク』をもとになぜ最上志向の人が会社を辞めてしまうのかがわかりやすくご紹介されています。

⇒A1理論はミニマリスト:ブロガーのストレングス・ファインダー結果に『最上志向』が多いのは「ペンギンの国」ではそれが仇になってるからなんじゃないかな?絵本『ペンギンの国のクジャク』

そして会社勤めの人でストレングス・ファインダーの結果『最上志向』が上位に来ていた人は速かれ遅かれ会社を辞める可能性大です!!ww

この記事を書かれている方も、第1位は「最上志向」ですね。

参考 ストレングス・ファインダー2.0の登録とテストの具体的な方法

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう