2017/10/1813 Shares

【悲報】ジャックス系還元率1.5%カード全滅。さらに冬の時代へ

先日、「【悲報】漢方スタイルクラブカードは伝説へ!4月末で新規入会受付終了」という記事を書きましたが、さらなる悲劇が続報として舞い込んできました。

スポンサーリンク

【悲劇1】漢方スタイルクラブカード、強制的にReader’s Cardに!

漢方スタイルクラブカード

出典「KAMPO STYLE CLUB CARDサービス終了およびReader’s Cardへの切替のご案内

日頃よりKAMPO STYLE CLUB CARDをご利用いただき、ありがとうございます。

この度、現在ご利用いただいております「KAMPO STYLE CLUB CARD」は、誠に勝手ながら弊社オリジナルカードである「Reader’s Card」に切替させていただくこととなりました。

なんと先日、新規入会受付が終了した漢方スタイルクラブカードですが、既存会員がもつ漢方スタイルクラブカードについても、「Reader’s Card(リーダーズ)」という別のカードに強制的に切り替えさせられます。

・・・ってちょっと待った!!

「Reader’s Card」の新規入会受付も、漢方スタイルクラブカードと同時に終了したんですよね。。。

なんでそっちに統合するのでしょうか。

そして還元率は通常で「1.1%」、Amazon限定デポジットでも「1.32%」です。

漢方スタイルクラブカードの還元率

当初1.75%⇒1.5%(改悪)

Reader’s Cardに切替え(改悪)

【悲劇2】ExtremeCardも強制的にReader’s Cardに!

還元率1.5%だったExtremeCardも漢方スタイルクラブカードと同様に、Reader’s Cardに強制切替です。

エクストリームカード

出典「Extreme Cardサービス終了およびReader’s Cardへの切替のご案内

2017年6月5日

日頃よりExtreme Cardをご利用いただき、ありがとうございます。

この度、現在ご利用いただいております「Extreme Card」は、誠に勝手ながら弊社オリジナルカードである「Reader’s Card」に切替させていただくこととなりました。

既存会員の手元に「ExtremeCardサービス終了およびReader`sCardへの切替のご案内」が届いています。

ExtremeCardの還元率1.5%

Reader’s Cardに切替え(改悪)

【悲劇3】Reader’s Cardはamazon限定デポジット終了で還元率引下げ!

漢方スタイルクラブカードとExtremeCardの受け皿となったReader’s Cardにも異変がありました。

1,000円ごとに11ポイントが貯まる点は変わりません。

ただ、変更前は5,000ポイントでamazon限定デポジット6,000円分(還元率1.1%×1.2%=1.32%)がありましたが、amazon限定デポジット自体が終了します。

変更後は3,500ポイントで4,000円分のJデポ(またはGポイント)を利用すると、理論上は還元率約1.257%が最大となります。

Reader’s Cardの還元率1.1%~1.32%

amazon限定デポジット終了で還元率1.1%~約1.257%に(改悪)

ただし、Reader’s Cardでnanacoチャージ可能に!

これは最初に記事を書いたときは気づいていませんでしたが、漢方スタイルクラブカードの性質を引き継ぎ、nanacoへのチャージでポイントが貯まるようになりました。

通常は1,000円ごとに11ポイント(還元率1.1%)ですが、nanacoチャージの還元率は0.3%と微妙さは変わりません。

nanacoのクレジットチャージ対象外

1,000円ごとに3ポイント(改善)

【悲劇4】REX CARDの還元率は1.25%に!

2017年10月ご請求分より、REX CARDのポイント還元率が1.50%から1.25%に変わります。

REXCARD

出典「REX CARD | クレジットカードのジャックス

REX CARD(レックスカード)は2,000円で30ポイントなら還元率1.5%だったのが、25ポイントになるため、還元率1.25%になります。

REX CARDの還元率1.5%

1.25%(改悪)

ただし、REX CARD の年会費は無料に

2,500円+税(年間50万円以上利用で無料)が無料になった点は改善です。

結局、高還元率ジャックス系カードはどうなった?

1.漢方スタイルクラブカード:終了

新規発行⇒受付停止

既存会員⇒Reader’s Cardに強制切替

2.Extreme Card(エクストリームカード):終了

新規発行⇒受付停止

既存会員⇒Reader’s Cardに強制切替

3.Reader’s Card(リーダーズカード)

新規発行⇒受付停止

既存会員⇒還元率1.1%~約1.257%に改悪(漢方とExtremeと統合)

nanacoチャージ還元率0.3%可能に改善

4.REX CARD(レックスカード)

新規発行⇒唯一OK

既存会員⇒還元率1.25%に改悪(今後、REX CARD Liteに統合するのか?)

年会費無料に改善

(参考)REX CARD Lite(レックスカードライト)

新規発行⇒受付停止

既存会員⇒還元率1.25%

これにより、還元率1.5%以上のジャックス系カードは全滅となりました。

まさかここまで撤退するとは思ってなかったので驚きました。

ちなみに、「ILLUMINATIONS CARD(イリュミナシオンカード)」も新規発行受付停止になってました(これも面白いカードだったのに)。

これからは「共通ポイント」で考えよう!

さて、高還元率カードがどんどん改悪されていくこのご時世、どのカードを持つのが今の正解でしょうか?

私の答えは「共通ポイントが貯まるクレジットカード」をもとう!です。

具体的には次の3種類のカードです(あとdポイントが貯まるdカードもアリです)。

  1. 「楽天スーパーポイント」が貯まる「楽天カード(還元率1%)」
  2. 「Ponta」に交換できるリクルートポイントが貯まる「リクルートカード(還元率1.2%)」
  3. 「Tポイント」が貯まる「Yahoo!JAPANカード(還元率1%)」

nanaco2

この3種類のカードこそが、これからの時代も乗り切ることができるクレジットカードだと確信しているので、くどいくらいにご紹介しています。

理由1:還元率は1%以上

ジャックス系カードが還元率1.5%未満となり、還元率1%~1.2%はほとんど変わらなくなりましたね。

理由2:電子マネーに強い

電子マネーnanacoへのクレジットカードチャージは鉄板ネタですが、それ以外でも楽天EdyやSuicaなどへのチャージでも大活躍です。

関連 nanacoとクレジットカードで税金や公共料金を節約するために気をつけること

理由3:1ポイント=1円から使える

ポイントの出口戦略として多くの店で1円単位で使えるのは最強です。

ちょっと貯まったらすぐ使える、だから無駄になりません。

関連 楽天スーパーポイントが使える外食チェーン店は?最新情報まとめ

理由4:クレジットカード手数料や年会費で勝負していない

ジャックス系高還元率カードの主な収入源はクレジットカードの加盟店手数料(お店からもらうもの)や年会費でしたが、上記3つのカードは例えば楽天カードなら楽天市場のユーザーを増やして囲い込みたいという戦略があるように、手数料や年会費だけが収入源ではありません。

そのため、超低金利時代もますます生き残るカードになると考えております。

最後に

3つのカードはどれもおすすめですが、共通ポイントの使い道(出口戦略)を考えて選ぶと良いでしょう。

なお、個人的には「3枚」とも持って、貯める・使う場面をとっても幅広くするのがおすすめです。

nanaco2

「楽天スーパーポイント」が貯まる「楽天カード(還元率1%)」

【楽天カード公式サイト】

⇒ 申込はこちらへ

「Ponta」に交換できるリクルートポイントが貯まる「リクルートカード(還元率1.2%)」


⇒ リクルートカードのお申し込みはこちらから(キャンペーン中)

「Tポイント」が貯まる「Yahoo!JAPANカード(還元率1%)」


⇒ Yahoo!JAPANカードのお申し込みはこちらから(キャンペーン中)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう