夫が自営業で妻がパート(健康保険・厚生年金保険)の場合の年収100~150万円の手取り計算|2022年版

3 min

自営業の妻がパート先で社会保険に加入すると得?損?

夫が自営業で妻がパートで働く場合で社会保険に加入した場合、年収100万円から150万円までの間の手取りは次のとおりです。

<パート年収と手取り(率)>

年収別手取り率

106万円の壁を超える前提

 

8割以上が手取りになります。

また、国民健康保険料・国民年金保険料と比較すると次のように負担が半分以下になります。

国民健康保険料・国民年金保険料との比較

※正確には国民健康保険料は市町村、健康保険料は都道府県ごとに微妙に異なるので、違う結果が出る場合がありますが、イメージとしてはこんな感じです。

 

<健康・厚生年金保険料の計算>

厚生年金・健康保険の保険料額の自動計算ツールを使って「令和4年度」の「東京」で「40歳未満」という前提で計算しています。

「勤務先がある都道府県」によって健康保険料が微妙に異なる点、ご注意ください。

 

<税金の計算>

税金計算機というサイトを使っています。

 

※雇用保険については反映していませんが、下記の計算結果から3,000円~4,500円くらい天引きされます。


年収110万円の手取りは?

106万円の壁を超えて社会保険に加入したとします。

  • パート年収:110万円
  • 健康保険料:▲51,792円
  • 厚生年金保険料:▲96,624円
  • 税金:▲5,000円
  • 天引き計:▲153,416円
  • 手取り:946,584円

※健康保険料・厚生年金保険料の計算で使う標準報酬月額「88,000円」です。

※社会保険料控除は、社会保険料を天引きされる「自分」ですることになります。年収110万円の場合は「控除しきれない金額」が少し発生してちょっともったいないです。




年収120万円の手取りは?

  • パート年収:120万円
  • 健康保険料:▲57,672円
  • 厚生年金保険料:▲107,604円
  • 税金:▲10,300円
  • 天引き計:▲175,576円
  • 手取り:1,024,424円

※健康保険料・厚生年金保険料の計算で使う標準報酬月額「98,000円」です。

※社会保険料控除は天引きされる「自分」でします。この場合は全額控除できます。




年収130万円の手取りは?

  • パート年収:130万円
  • 健康保険料:▲64,740円
  • 厚生年金保険料:▲120,780円
  • 税金:▲20,000円
  • 天引き計:▲205,520円
  • 手取り:1,094,480円

※健康保険料・厚生年金保険料の計算で使う標準報酬月額「110,000円」です。




年収140万円の手取りは?

  • パート年収:140万円
  • 健康保険料:▲69,444円
  • 厚生年金保険料:▲129,564円
  • 税金:▲33,100円
  • 天引き計:▲232,108円
  • 手取り:1,167,892円

※健康保険料・厚生年金保険料の計算で使う標準報酬月額「118,000円」です。




年収150万円の手取りは?

  • パート年収:150万円
  • 健康保険料:▲74,160円
  • 厚生年金保険料:▲138,348円
  • 税金:▲46,200円
  • 天引き計:▲258,708円
  • 手取り:1,241,292円

※健康保険料・厚生年金保険料の計算で使う標準報酬月額「126,000円」です。

手取りと手取り率

ここまでの計算結果をまとめると次のとおりです。

<年収と手取り(率)>

年収別手取り率

年収が上がるにつれて少しずつ手取り率は下がります。

国民健康保険料・国民年金保険料との比較

ついでに社会保険料を比較してみましょう。

国民健康保険料・国民年金保険料との比較

国民健康保険料は、東京都江戸川区の令和4年度の計算方法を使っています(年齢は40歳未満で介護保険料はなしの前提)。

参考:国民健康保険料の計算方法 江戸川区ホームページ

 

しかも

  • 将来もらえる年金が増える!
  • 病気や出産で手当がもらえる!

というメリットがあります。

年金の充実

医療保険

出典:厚生労働省「社会保険適用拡大

 

デメリットは夫で節税ができない

配偶者控除については、妻の年収が150万円までは「配偶者特別控除」があるので節税額には影響がありません。

 

一方、社会保険料控除は影響があります。

妻が社会保険に加入した場合、給料から健康保険料・厚生年金保険料が天引きされるため、自分で社会保険料控除します。

国民健康保険料と国民年金保険料は「夫側で社会保険料控除」ができたのと違います。

 

どっちが得かについては

  • 夫の収入(所得)
  • 住んでいる市町村

によって変わるので、自分で計算して比較する必要があります。

 

ただ、そもそも社会保険料の負担が減っているので、夫側の節税金額よりも有利になる可能性が高いです。

特に国民健康保険料が高い市町村は効果が大きいと思われます。

まとめ

パート先で社会保険に加入した場合の手取りを計算してみました。

具体的にどうなるかは、住んでいる都道府県・市町村によっても異なるため、ご自身で加入しない場合と、加入した場合を比較してみてください。

  1. 国民健康保険料・国民年金保険料⇒今支払っている金額(自分の分)を確認する(国保は市町村の窓口で確認)
  2. 健康保険料・厚生年金保険料⇒社会保険に加入した場合どうなるか、勤務先に確認する
  3. 両者の合計を比較する

おそらく、社会保険に加入した方が得するのではないかと考えます。

 

関連 【朗報】自営業の妻はパートで社会保険に加入して手取りと保障を増やそう!

この記事はお役に立てましたか?  リンクは自由です。ブログでご紹介いただけるととても嬉しいです。

感想や質問、間違いや誤字脱字があれば、この記事のコメント欄またはお問い合わせページからご連絡ください。

※税金計算や扶養に入れるかなどの具体的な有利不利の判断については税金の相談方法をお読みください。
nerona

nerona

30代共働き。書庫のある家に住んでます。お買い物情報やお得なポイント情報が好きです。年末調整や確定申告のやり方もご紹介⇒ 運営者詳細 / お問い合わせ

FOLLOW

カテゴリー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA