2017/07/264 Shares

楽天カードの国際ブランドはどれがいい?選択するならJCBがおすすめ!

スポンサーリンク

VISAとMasterCardにないメリットを知ってますか?

ブランド選択

楽天カードを申し込むときに、国際ブランドを選択しますが、次の3つの国際ブランドが用意されています。

  1. JCB
  2. VISA
  3. MasterCard

このとき、「自分はメインカードがJCBだし、楽天カードは違うブランドのVISAにしようかな」と思ってVISAを選んだあなた!

ちょっと待ってください。

実は私は、楽天カードをつくったとき、まさに同じことをして、その後、失敗したことに気づいてJCBブランドに変更しました

関連 楽天カードのブランドをJCBに変更する方法

なぜなら、JCBブランドには、VISAやMasterCardにはない大きなメリットがあったからです。

そのメリットとは、JCBブランドだけ、電子マネーnanacoへのクレジットカードチャージでポイントが貯まるという点です。

楽天カードでnanacoにチャージできますか。

回答

nanacoチャージができる楽天カードは、楽天カード(JCB)のみとなります。
なお、nanakoチャージに楽天カードをご利用いただいた場合、100円につき1ポイントの楽天スーパーポイントを「楽天カードご利用獲得ポイント」として付与いたします。

nanacoチャージおよびnanacoチャージのクレジットカード事前登録方法については、電子マネーnanaco公式サイトでのご確認をお願いいたします。
※「nanaco」は、株式会社セブン・カードサービスの登録商標となります。

本人認証サービスへのご登録をお勧めいたします。
楽天e-NAVIメニュー「本人認証サービスの登録・変更」よりお手続きいただけます。

出典:楽天カード公式サイト

なお、「nanakoチャージ」とありますが、原文のままです(そろそろ直しませんか?楽天カードさん)。

電子マネーnanacoは税金や公共料金の支払いができる!

なぜ電子マネーnanacoへのクレジットカードチャージでポイントが貯まることがメリットなのかというと、セブン-イレブンでnanacoを使って税金や公共料金の支払いができるからです。
nanaco1重取り
ふつう、税金や公共料金をコンビニで支払いをするときには、「現金」が一般的です。

クレジットカードを使おうと思っても、コンビニでは受けつけてくれません。

そのため、コンビニで楽天カードを使って『直接』税金や公共料金を支払うことはできません

しかし、セブン-イレブンでは、電子マネーnanacoで税金や公共料金が払えるのです。

楽天カード
↓ 還元率1%のポイント
電子マネーnanaco

セブンイレブンで税金・公共料金支払い

つまり、楽天カードを使うことによってもらえる還元率1%のポイントが、電子マネーnanacoを経由することによって、税金や公共料金を払うときにももらえるようになる裏技なのです。

電子マネーnanacoのクレジットカードチャージの方法については、次の記事に詳しく書いています。

関連 nanacoとクレジットカードで税金や公共料金を節約するために気をつけること

なお、税金も公共料金も特にコンビニで払うものがないよ、という方は、お買いものパンダデザインのMasterCardもおすすめですよ!

関連 楽天カードお買いものパンダ・マスターカードの申込みの注意点

 楽天カードで本当にポイントが貯まるの?

電子マネーへのチャージでポイントが貯まるなんて、本当にそんなおいしい話があるの?と思われるかもしれませんが、この裏技を知ってから4年間、ポイントが貯まり続けています。
楽天カードチャージ

例えば、書庫のある家の固定資産税(土地・建物で年間15万円!高い!)だけでも、すでに4年間で60万円の支払いとなっています。

還元率1%だとしても、60万円×還元率1%=6000円です。

吉野家で牛丼並盛380円が、約16杯食べられます。
牛丼換算
(ちょっと胸やけしてきた…)

固定資産税は、払わないといけない税金です。

食費や電気代とは違って、節約しようと思って減らせるものではありません。

しかし、払い方を変えるだけで、ポイントがもらえるわけですから、工夫する価値がありますよね。

あくまでも、電子マネーnanacoへのクレジットカードチャージでポイントが貯まるのは、楽天カードの「JCBブランド」だけです。

VISAやMasterCardではこの裏技はできないので、国際ブランドを選択するときは、「JCB」を選びましょう!

よくある質問と回答

JCBのデメリットはないのですか?

回答:JCBブランドのデメリットは、「海外」でのJCBの加盟店がやや少ない点があります。

そのため、海外によく行く方は、楽天カード以外でVISAやMasterCardを別に持つことをおすすめします。

また、私みたいに海外に全くいかない方は、問題ないですね。

ただ、国内のお店でもときどきJCBは扱っていないことがあるので、そんなときは、同じく電子マネーnanacoへのチャージでポイントが貯まるリクルートカード(還元率1.2%)をおすすめします。

【公式サイトはこちらから】

⇒ 楽天カードの申込みはこちら

リクルートカードは例外的にJCBブランドだけでなく、VISAでもMasterCardでも電子マネーnanacoへのクレジットカードチャージでポイントが貯まります。

関連 【還元率1.2%】リクルートカードMastercard登場!nanacoチャージも対応

楽天カードをJCBとVISAの2種類もてませんか?

回答:持てません。

だからこそ、JCBをぜひ選んでください。

ネット上でVISAでもできたという情報がありますが本当ですか?

回答:私は以前、楽天カードVISAで申し込んでしまって実際に試しましたが、VISAではできませんでした

もし、そのような情報があれば、私も根拠を聞きたいので、情報元を教えていただきけますと助かります^^;

VISAで作ってしまいました!JCBに切替えできますか?

回答:一旦選んだブランドは、変更ができません。

一旦楽天カードを解約をして、再入会する必要があります。

関連 楽天カードのブランドをJCBに変更する方法

JCBに再入会するときに審査はありますか?

回答:あくまで再度入会することになるため、通常どおり、審査があります

そのため、クレジットカードの支払いが滞っているなど、審査に影響があるような心当たりがある場合には、積極的にはおすすめできません。

楽天カードはどこから申し込めばいいですか?

回答:下記からお申し込みください。

【楽天カード公式サイト】

⇒ 楽天カードの申込みはこちら

ご質問、お待ちしてます!

わからないことがあれば、コメント欄でも直接お問合せからでも結構ですので、ご質問ください。

やって失敗する前に、知っている人から聞くのが1番ですよ!

特に私はたくさん失敗しているので、おススメです(笑)

以上、neronaでした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう