6 Shares

リクルートカードと楽天カードはどっちがいい?2枚ともメインカードで使い分けよう!


還元率1.2%のリクルートカードと還元率1%の楽天カードの2枚をよく利用しています。

「どっちをメインカードにしたらいいの?」

とよく聞かれますが、

「両方メインカードにして、上手に使い分けたらいいじゃん!」と答えるようにしています。

というのも、それぞれ似ているようで得意分野が異なるからです。

【リクルートカード公式サイト】
リクルートカード
⇒ 申込みはこちらから

【楽天カード公式サイト】
楽天カード
⇒ 申込みはこちらから楽天カード

この記事では、リクルートカードと楽天カードの2枚持ちでそれぞれの得意分野で使い分けをしている私の具体例をご紹介します。


リクルートカードと楽天カードの違いは?

2枚のカードについて簡単にまとめると次の通りです。

リクルートカード 楽天カード
年会費 無料 無料
還元率 1.2% 1%
ポイント リクルートポイント
(Pontaに交換可能)
楽天スーパーポイント
nanacoチャージ 1.2% ×
楽天Edyチャージ 1.2%※ 0.5%

※リクルートカードVISA・Mastercardの場合

正直なところ、どっちのカードをメインカードとして持っていても損することはないでしょう。

年会費無料で還元率も1%以上、貯まる・使えるポイントも共通ポイントのPonta・楽天スーパーポイントです。

1ポイントから使えるのでポイントを失効する心配もありません。

リクルートカードは電子マネーnanaco・楽天Edyへのチャージで楽天カードよりも有利なので、使い分けをするときのポイントになります。




公共料金・通信費はリクルートカードで支払おう!

リクルートカードVISA

まず金額の大きい固定費のうち

  • 電気代
  • ガス代
  • スマートフォン代
  • ネット通信代(固定電話・テレビ含む)

はリクルートカードで支払っています。

リクルートカードは還元率が1.2%なので、毎月固定で支払う費用は還元率1%の楽天カードよりも0.2%有利です。

1年間に20万円支払っていれば、

  • リクルートカード:2,400円分
  • 楽天カード:2,000円分

と400円の差になります。

なお、水道代については、各市町村によってクレジットカード払いに対応しているかどうかが異なります。

私が住んでいる名古屋市では、水道代のクレジットカード払いができないので、電子マネーnanacoで間接的に支払いをしています。

nanaco払い

詳細は「nanacoとクレジットカードで税金や公共料金を節約するために気をつけること」の記事に書いていますが、リクルートカード(JCB・VISA・MastercardいずれもOK)からチャージするとクレジットカードのポイントが貯まります。

なお、リクルートカードの場合、ポイントが貯まる上限は月3万円までという点にご注意ください。

もし上限を超える場合には、「セブンカード・プラス」など他のカードを併用するといいでしょう。

関連 nanacoチャージでポイントが貯まる!おすすめクレジットカード4選




固定資産税・自動車税はリクルートカードで支払おう!

次は税金です。

固定資産税や自動車税は、リクルートカードで支払いましょう。

こちらも電子マネーnanacoを利用して支払いをしています。

固定資産税nanaco払い

リクルートカードを使って支払いをしています。

関連 nanacoとクレジットカードで税金や公共料金を節約するために気をつけること




楽天市場での買い物は楽天カードで支払おう!

一方、ネットショッピングでは楽天市場をよく利用しているので、楽天カードで支払いをしています。

楽天カードミッキーデザイン

写真のようにJCBブランドなら「ディズニー・デザイン」が選べます。

楽天カードを利用すると、通常1%の還元率が3%に(0と5が付く日は5%に)アップするので、お得です。

関連 楽天市場で楽天カードを支払うと使える特典は?SPUと毎月0と5が付く日を利用しよう!

楽天市場を利用している人のほとんどが楽天カードを利用しているかと思っていました。

しかし、とりあえず自分がもっているクレジットカードを利用している方が多く、とてももったいないです。

【楽天市場公式サイト】
お買い物マラソン・楽天スーパーSALE

ふるさと納税も楽天市場でできるので、ぜひお試しください。

関連 楽天市場のふるさと納税は楽天カードで払ってポイントをもらおう!

普段の街での買い物はリクルートカードと楽天カードを使い分け!

普段の街での買い物は、2枚のカードを使い分けています。

というのも、私が持っているカードのブランドは

  • リクルートカード:VISA
  • 楽天カード:JCB

と異なるからです。

ほとんどのお店では両方使えますが、たまにJCBが使えない店もあるのでVISAブランドは必須ですね。

さて、どちらかだけを利用することも考えられますが、適当に分散させています。

それぞれ貯まるポイントが

  • リクルートカード:リクルートポイント(Pontaに交換可能)
  • 楽天カード:楽天スーパーポイント

と異なるので、それぞれポイントを貯めて使うためです。

リクルートポイント・Pontaの使い道

▼リクルートポイント・Ponta

▼Ponta

  • コンビニ:ローソン、ローソンストア100
  • 飲食店:大戸屋、ケンタッキー・フライド・チキン、ピザハット
  • スーパー:ライフ
  • 百貨店:高島屋の一部
  • ファッション:AOKI、ORIHICA、セカンドストリート
  • レンタル:GEO
  • 音楽:HMV
  • ガソリンスタンド:昭和シェル石油
  • 飛行機:JAL

楽天スーパーポイントの使い道

  • コンビニ:デイリーヤマザキ(予定)、ポプラ、生活彩家
  • 飲食店:マクドナルド、ミスタードーナッツ、くら寿司
  • スーパー:マツゲン
  • ドラッグストア:ツルハドラッグ、ダイコクドラッグ
  • 家電:ビックカメラ
  • 百貨店:大丸、松坂屋
  • ファッション:紳士服コナカ、紳士服フタタ、スポーツデポ・ゴルフ5・アルペン(予定)
  • ガソリンスタンド:出光、キグナス石油

まとめ

リクルートカードと楽天カードを上手に使い分けて、むだなくポイントをゲットしましょう!

【リクルートカード公式サイト】
リクルートカード
⇒ 申込みはこちらから

【楽天カード公式サイト】
楽天カード
⇒ 申込みはこちらから楽天カード

この記事はお役に立てましたでしょうか。感想や質問、お気づきの点があれば、「お問い合わせフォーム」やコメント欄からお気軽にご連絡ください。なお、コメント欄は私の承認後に表示されます。税金計算や具体的な有利不利の判断についてはこちらから

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう