2 Shares

リクルートカードの国際ブランドの違いは?JCB・VISA・Mastercardどれがおすすめ?

リクルートカード

リクルートカードはJCB・VISA・Mastercardの中から選ぶことができます。

JCBは「ジェーシービー」が、VISAとMastercardは「三菱UFJニコス」が発行会社となっています。

↓↓↓リクルートカード公式サイト↓↓↓
リクルートカード
⇒ リクルートカードのお申し込みはこちらから

この記事では、3つのうちどの国際ブランドを選ぶかの参考になるように

  1. カード年会費と還元率
  2. ETCカードの新規発行手数料と年会費
  3. nanacoや楽天Edyへのチャージ

の観点からそれぞれ比較しました。


1.リクルートカードのカード年会費と還元率

国際ブランド 年会費 還元率
JCB 無料 1.2%
VISA
Mastercard

まずリクルートカードはどのブランドを選んでも年会費無料で、還元率1.2%です。

リクルートポイントが貯まりますが、共通ポイントのPontaに交換することができます。

  • コンビニ:ローソン、ローソンストア100
  • 飲食店:大戸屋、ケンタッキー・フライド・チキン、ピザハット
  • スーパー:ライフ
  • 百貨店:高島屋の一部
  • ファッション:AOKI、ORIHICA、セカンドストリート
  • レンタル:GEO
  • 音楽:HMV
  • ガソリンスタンド:昭和シェル石油
  • 飛行機:JAL

関連 リクルートポイントを共通ポイントのPontaに交換する方法とよくある質問




2.ETCカードの新規発行手数料と年会費

国際ブランド 新規発行手数料 ETC年会費
JCB 無料 無料
VISA 1,080円 無料
Mastercard

ETCカードについては、「JCB」と「VISA・Mastercard」で異なりますね。

新規発行手数料というのは、ETCカードを申し込むときに1回だけ発生する事務手数料です(更新するときは無料です)。

ETCカードも検討している場合は、JCBブランドを選んだ方が新規発行手数料が無料なので有利です。

還元率1.2%なので、高速料金を払うときも1.2%の高還元率を実現できます。




3.nanacoや楽天Edyへのチャージ

国際ブランド nanaco・
モバイルSuica
楽天Edy・
SMART ICOCA
JCB 還元率1.2% ×
VISA 還元率1.2%
Mastercard

電子マネーへのチャージでも活躍するのがリクルートカードです。

リクルートカードVISA

nanacoやモバイルSuicaへのチャージはどの国際ブランドを選んでも可能です。

しかも還元率1.2%でトップクラスです。

一方、楽天EdyやSMART ICOCAについてはJCBは対象外です。

チャージしてポイントをゲットした場合は、VISAまたはMastercardになります。

※2018年4月16日から月3万円の上限が設けられました。詳細は次の記事を参考にしてみてください。

関連 リクルートカードnanaco・楽天Edyチャージに上限月3万円まで!2枚持ちなら月6万円までOK

関連 【リクルートカードの月3万円対策】固定資産税・自動車税のnanaco払いはチャージのタイミングに注意!

関連 【画像あり】リクルートカードでnanacoへのクレジットカードチャージをする具体的な手順と注意点




まとめ

リクルートカードの国際ブランドについて選び方をまとめると、次の通りです。

  • ETCカードは新規発行手数料も無料がいい!→JCB
  • 楽天Edyへのチャージでポイントが欲しい!→VISAまたはMastercard

↓↓↓リクルートカード公式サイト↓↓↓
リクルートカード
⇒ リクルートカードのお申し込みはこちらから

リクルートカードは発行会社が「ジェーシービー」または「三菱UFjニコス」と異なるため、

  • JCBとVISA
  • JCBとMastercard

のような2枚持ちも可能です。

詳細は次の記事をお読みください。

関連 リクルートカードが複数持てるJCB・VISA・Mastercardの組み合わせは?

この記事はお役に立てましたか。感想や質問、間違いや誤字脱字があれば、「お問い合わせフォーム」やコメント欄(一部閉じています)からお気軽にご連絡ください。なお、コメント欄は運営者の承認後に表示されます。※税金計算や扶養に入れるかなどの具体的な有利不利の判断についてはこちらから

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう