2019/09/301 Shares

リクルートカードプラスは更新される!新規募集停止後も幻の2%は継続みたいです。

リクルートカードプラス

リクルートカードプラスユーザーのneronaです。

この記事ではリクルートカードプラスの更新はできないの?という疑問にお答えします。

結論からいうと「更新できます」

クレジットカードの専門誌でも還元率2%で長くおすすめ1位をとっていたのがリクルートカードプラスです。

しかし2016年3月15日に新規入会が停止されました。

現在も復活は困難な幻のクレジットカードになってしまいました。

もし高還元率のクレジットカードを探しているならおすすめは「リクルートカード」です。

こちらは年会費無料で還元率1.2%です。

  \リクルートカード公式サイト/

リクルートカード

⇒ リクルートカードのお申し込みはこちらから

さて、リクルートカードプラスは新規発行は停止しましたが、私のカードの有効期限は2020年3月まで。

有効期限がきたらおしまいなのかなと思っていたら、なんと更新のお知らせがやってきました。


リクルートカードプラスの更新案内が到着!

======

いつもリクルートカード プラスをご利用いただき、誠にありがとうございます。

2020年1月より有効期限の月末までに、現在ご登録の住所・送付先に順次新しい有効期限のカードの送付を予定しています。

つきましては、カードをお届けするため、届出内容をご確認ください。

また、カードをお届けできなかった場合は、JCBから連絡をすることがありますので、携帯電話番号を登録されていない方はこの機会に登録をお願いします。

■住所・送付先に変更がある場合

⇒会員専用WEBサービス「MyJCB」より変更してください。

■変更がない場合

⇒手続き不要です。

=========

ふつうのリクルートカードにでもなるのかと思ったら、新しい有効期限で来るとのことです。




更新されたリクルートカードプラスが届いた方を発見!

ここでふと気づいたのは、2019年8月に届いたカードの有効期限が「2026年」になっていることです。

どうやら今回の更新で「7年間」に伸びたようです(以前は「5年間」でした)。

公式:一部カードにおける有効期限7年での発行開始について

 

既にリクルートカード・プラスを受け取っている方を他にも見つけました。

⇒ リクルートカードプラスが更新された | Step to Next Life

⇒ 【2019年8月】リクルートカードプラスは更新できた(還元率2%) | 40代までに経済的自由を目指すブログ

やはり7年間になっているみたいですね。

限度額が150万円になった方もいました。




Apple Pay/Google Pay対応で還元率20%キャンペーンの対象!

JCBスマホ決済で全員20%還元

さて、2019年8月15日にリクルートカードプラスはApple Pay/Google Payに対応しました。

そして翌日の2019年8月16日から2019年12月15日まで還元率20%キャッシュバックキャンペーンが開催されていますが、リクルートカードプラスも対象です。

上限1万円まで還元されます(5万円の利用が目安)。

リクルートカードプラスの還元率はもともと2%なので、合わせてなんと還元率22%です!

事前エントリー必須なので、下記の公式サイトでご確認ください。

公式:【JCB限定】JCBでスマホ決済!全員に20%キャッシュバックキャンペーン! – リクルートカード(Recruit Card)

 

*9/30追記*

詳細について記事を書きました!

関連 JCBのスマホ決済で全員20%還元キャンペーン!リクルートカードJCB・プラスがおすすめ!

キャンペーン情報
  • 対象期間:2019年8月16日~2019年12月15日
  • 対象カード:JCB発行のJCBブランドのカード
  • 上限:1枚あたり1万円(=5万円の支払いが目安)
  • 付与時期:2020年3月頃
  • エントリー:必須

【公式】JCBでスマホ決済!全員に20%キャッシュバックキャンペーン!

 

なお、「リクルートカード(JCB)」も対象です(VISAやMastercardは対象外)。

  \リクルートカード公式サイト/

リクルートカード

⇒ リクルートカードのお申し込みはこちらから

この記事はお役に立てましたか?  リンクは自由です。ブログでご紹介いただけるととても嬉しいです。

感想や質問、間違いや誤字脱字があれば、「お問い合わせフォーム」やコメント欄(一部閉じています)からお気軽にご連絡ください。なお、コメント欄は運営者の承認後に表示されます。

※税金計算や扶養に入れるかなどの具体的な有利不利の判断についてはこちらから

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事のURLとタイトルをコピーする