2019/09/304 Shares

リクルートカードはゴールドカードのインビテーションはない!でも一般カードで十分最強説

リクルートカードにはゴールドカード、プラチナカード、ブラックカードはありません。

現在発行できるのは年会費無料で還元率1.2%のリクルートカード(一般カード)だけです。

リクルートカード

年会費無料のクレジットカードの中では還元率が高いカードで、貯まったポイントは共通ポイントの「Ponta(ポンタ)」として交換できるので人気です。

また、電子マネーnanacoや楽天Edyにチャージすることでクレジットカードのポイントをゲットすることもできます(月上限3万円まで)。

関連 リクルートカードnanaco・楽天Edyチャージに上限月3万円まで!2枚持ちなら月6万円までOK

リクルートカードにはゴールドカードなどはありませんが、代わりになるゴールドカードについても考えてみました。

*9/30追記*

キャンペーン情報
  • 対象期間:2019年8月16日~2019年12月15日
  • 対象カード:JCB発行のJCBブランドのカード(後で詳細説明)
  • 上限:1枚あたり1万円(=5万円の支払いが目安)
  • 付与時期:2020年3月頃
  • エントリー:必須

【関連記事】JCBのスマホ決済で全員20%還元キャンペーン!リクルートカードJCB・プラスがおすすめ!

【公式】JCBでスマホ決済!全員に20%キャッシュバックキャンペーン!

 


リクルートカードはゴールド,プラチナ,ブラックのインビテーションはない

2013年に発行がスタートして、5年後の2018年から順次更新月がやってきています。

たくさん利用した方は「ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカードへのインビテーションはない」のかなと思っているかもしれません。

しかしそもそもリクルートカードには上位カードがないので、特にインビテーションはなく、そのまま新しい有効期限のカードに更新されます。




上位カードのリクルートカードプラスは募集停止中

もちろん、かつて「リクルートカードプラス」という上位カードがありました。

しかし2016年3月15日に新規募集停止してから復活していません。

還元率2%という今となっては幻の高還元率カードです。

リクルートカードプラス

私はこのとおりまだ持っています。

リクルートカードプラスはそのまま有効期限が来ると同じリクルートカードプラスとして還元率2%のまま更新されます。

私も2020年3月に更新予定です。

関連 リクルートカードプラスは更新される!新規募集停止後も幻の2%は継続みたいです。




リクルートカードの上位カードの代わりになるカードは?

リクルートカードにはゴールドカードがないので、他に代わりになるコスパの良いゴールドカードを比較してみました。

楽天ゴールドカード

  • 還元率1%(楽天市場で5%)
  • 年会費2,000円+消費税
  • 国内空港ラウンジが年間2回無料

【公式】楽天ゴールドカード

エポスゴールドカード

  • 還元率0.5%
  • 年会費5,000円+消費税(インビテーションで無料)
  • 特定のお店で優待あり

【公式】エポスカード

イオンゴールドカード

  • 還元率0.5%
  • 年会費無料(発行はインビテーションが条件)
  • 国内空港の一部ラウンジ、イオンラウンジが無料

【公式】イオンゴールドカード

dカードGOLD

  • 還元率1%(ドコモケータイ・ドコモ光は10%)
  • 年会費10,000円+消費税
  • 国内空港ラウンジが無料

【公式】dカード GOLD

 

・・・あれ?

もしかして年会費無料で還元率1.2%のリクルートカードさんって、ゴールドカードより優秀じゃない?

リクルートカード

残念ながら空港ラウンジの利用はリクルートカードにはありません。

しかし普段の買い物や固定費の支払いなら特にゴールドカードにしなくてもリクルートカードで十分ではないでしょうか。

  \リクルートカード公式サイト/

リクルートカード

⇒ リクルートカードのお申し込みはこちらから

関連 リクルートカード8000~10000ポイント新規入会利用キャンペーンはいつ?受け取り方は?

この記事はお役に立てましたか?  リンクは自由です。ブログでご紹介いただけるととても嬉しいです。

感想や質問、間違いや誤字脱字があれば、「お問い合わせフォーム」やコメント欄(一部閉じています)からお気軽にご連絡ください。なお、コメント欄は運営者の承認後に表示されます。

※税金計算や扶養に入れるかなどの具体的な有利不利の判断についてはこちらから

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事のURLとタイトルをコピーする