12 Shares

ファミペイで公共料金(電気・ガス・水道)は支払い可能?ボーナスポイントと還元率も解説

ファミリーマートのスマホ決済「ファミペイ」で公共料金(電気・ガス・水道)の支払いが可能です。

ただしすべての公共料金が対象ではなく、一部の公共料金は対象外です。

ファミペイで公共料金の支払い

※名古屋市の水道料金は対象でした。

対象かどうかはファミペイアプリで確認する方法があるので記事の中でご紹介します。

また、公共料金の支払いは1件当たり10円分のポイント(ボーナス還元)がもらえます。

この記事ではファミペイで公共料金を支払う際に気をつける点についてご紹介します。

関連 ファミペイは固定資産税などの税金の支払いが可能

関連 ファミペイはAmazon・楽天ギフト券などのPOSAカードの購入可能!

公共料金は電子マネーnanacoでも支払いができ、還元率は最大1.2%なのでおすすめです。

関連 nanacoとクレジットカードで税金や公共料金を節約するために気をつけること


ファミペイで公共料金の支払いは一部可能!確認方法は?

ファミペイで支払える公共料金の種類については、アプリから確認ができます。

ファミペイを開いて左下の「New!」を開くと下記のようにお知らせとして「公共料金・各種料金の支払い」のお知らせがあるので、「確認はこちら」を選びます。

※今後画面自体が変わる可能性があります。

すると次のように公共料金・各種料金の「払込票」を手もとに用意して、バーコードの下にある「(91)」に続く「6桁」の数字を入力します。

ファミペイで公共料金の支払い

収納代行用のコードは、最初の2桁が「91」で決まっていて、その次の6桁の数字は「請求書発行企業コード」となっています。

例えば「名古屋市上下水道」の場合は「939831」がコードになるので、今回はそのコードを入力しました。

すると次のように結果が表示されます。

ファミペイで公共料金の支払い

ファミリーマートでの支払いが可能で、しかも現金だけでなく「FamiPay」での支払いも可能ということが分かります。

そして支払った際には「FamiPayボーナス還元」として「10ボーナス(10円分)」がもらえることも分かります。

パターンとしては次の4種類になります。

現金 FamiPay ボーナス還元
1 10ボーナス
2 ×
3 × ×
4 × × ×

今回は1番目のパターンでしたが、2番目のように支払えるけどボーナス還元がないケースもあるようです。

支払う際にはレジで「ファミペイで支払います」と伝えたらOKです。

あらかじめチャージされた金額が足りているか確認しましょう。

次のように「FamiPay支払」と書かれたレシートがもらえます。

ファミペイで公共料金の支払い

金額は「¥0」となっていますが、その詳細は別途領収証に書かれているので省略されています(下記は名古屋市の上下水道料金の場合)。

ファミペイで公共料金の支払い

支払い自体はとても簡単です。




公共料金の支払いでもらえるボーナスと還元率は?

ボーナス還元は1件10円!

ファミペイでは、支払金額にかかわらず1件当たり10円分のFamiPayボーナス還元がもらえます(もらえない場合もあります)。

FamiPayボーナスは1ボーナス1円相当として、FamiPay残高にチャージして利用することができます。

還元率を考えると次のとおりです。

支払金額 還元率
2,000円 0.5%
4,000円 0.25%
5,000円 0.2%
10,000円 0.1%

さすがに一律10円なので還元率は高くないですね。

7月中はチャージキャンペーンをやっていたので、今後同様のキャンペーンをやるときにはメリットがあると思います。

【終了】7月限定キャンペーン

(1) 上限2万円チャージキャンペーン

  • ポイント対象チャージ上限:20,000円
  • 還元:チャージ総額の10%相当(最大2,000円分)
  • 還元ポイント:FamiPayボーナス(1ボーナス1円単位でFamiPay残高にチャージして買い物に利用可能)
  • ポイント付与時期:2019年8月中旬

(2) ファミマTカードチャージキャンペーン

  • ポイント対象チャージ上限:20,000円
  • 還元:チャージ総額の5%相当(最大1,000円分)
  • 還元ポイント:FamiPayボーナス(1ボーナス1円単位でFamiPay残高にチャージして買い物に利用可能)
  • ポイント付与時期:2019年8月中旬

 

口座振替割引の方がお得かも?!

公共料金の中には「口座振替(銀行引落し)」をすることによって割引になる制度があります。

多くの電力会社やガス会社で行われていて、1回あたり50円+消費税というものが多いです。

5,000円の支払いなら還元率は1%相当です。

口座振替は支払いを忘れることもないのでもし、口座振替割引があるなら口座振替を選ぶのも良いでしょう。

電子マネーnanacoなら還元率最大1.2%

また、電子マネーnanacoとクレジットカードの裏技を使った方が還元率最大1.2%お得です。

nanaco払い

関連 nanacoとクレジットカードで税金や公共料金を節約するために気をつけること

結論!口座振替割引がなくて楽したいならファミペイ

じゃあファミペイを利用した方がいいのはどういうとき?ということですが、

  1. 口座振替割引がない
  2. nanacoの裏技みたいに手間をかけたくない
  3. 現金支払いよりは得したい

場合ですね。

公共料金の支払いはTポイントも貯まるの?

念のためレジで確認したところ公共料金の支払いでTポイントは貯まらないとのことでした。




まとめ

ファミペイは公共料金の支払いで利用できますが、1件10円とメリットがすくないので、それよりは食料品など違うものを買った方が良いかもしれませんね。

関連 ファミペイは固定資産税などの税金の支払いが可能

関連 ファミペイはAmazon・楽天ギフト券などのPOSAカードの購入可能!

この記事はお役に立てましたか?  リンクは自由です。ブログでご紹介いただけるととても嬉しいです。

感想や質問、間違いや誤字脱字があれば、「お問い合わせフォーム」やコメント欄(一部閉じています)からお気軽にご連絡ください。なお、コメント欄は運営者の承認後に表示されます。

※税金計算や扶養に入れるかなどの具体的な有利不利の判断についてはこちらから

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事のURLとタイトルをコピーする