4 Shares

【一条工務店夢発電】太陽光発電のローンの繰上返済を実行して完済!

繰上返済

一条工務店で家を建てて早6年半が経ちましたが、このたび太陽光発電システムのローンである通称「夢発電」の繰上返済を実行することにしました。

【ローンの条件】

  • 売買契約金額:2,862,300円
  • 補助金:▲336,000円
  • 発電払い対象額:2,526,300円
  • 金利:年利1%
  • 返済金額総額:2,998,333円(うち利息136,033円)
  • 支払期間:2012/07/12~2022/06/12(10年間)
  • 毎月支払額:22,186円

2012年に家を建ててから6年半支払ってきて残り3年半切りましたが、11月に繰上返済をします。

住宅ローンの繰上返済用に貯金が原資ですが、思うところあってこちらから先に繰上返済をすることにしました。


1.夢発電の繰上返済による利息軽減額

今回の繰上返済は、

  • 当初借入額(1):2,862,300円
  • 既に支払った元本(2):1,904,167円
  • 繰上返済額(1)-(2):958,133円⇒完済

今回の繰上返済によってどれくらい利息が軽減されるのかですが、

  • 10年間の利息(1):136,033円
  • 既に支払った利息(2):118,782円
  • 利息軽減額(1)-(2):17,251円

約96万円支払って1.7万円の得ということですね。

まあ、返済期間も後半戦になったので仕方ないですが。




2.住宅ローンの繰上返済にしたらどうなる?

太陽光発電のローンはそのままにしておいて住宅ローンの繰上返済にすることもできますが、

  • 太陽光発電のローン:住宅ローン控除なし
  • 住宅ローン:住宅ローン控除あり

と、我が家の場合は住宅ローンに太陽光発電まで含めてなかったので分かれています。

しかも当初住宅ローンは金利2%以上でしたが、借換えをして金利1.08%になったので、住宅ローン控除1%といい勝負です。

【公式サイト】
モゲチェック・プラザ
住宅ローンの借り換えはモゲチェック・プラザモゲチェック・プラザ

シミュレーションした結果、住宅ローン控除終了後に繰上返済してもそれまでする場合と比べて8,425円しかありませんでした。

200万円×4回 800万円一括 差額
利息 +2,136,057円 +2,266,240円 130,183円
減税 ▲962,429円 ▲1,084,187円 121,758円
合計 1,173,628円 1,182,053円 8,425円

詳細は「【住宅ローン控除VS繰上返済】4回200万円返済と800万円一括返済の差額が8,425円だった件」参照。

それなら住宅ローン控除がないローンを繰上返済してしまうことにしました。

太陽光発電なのでこれから売電して稼いだお金は貯金するので、4年後には住宅ローンを返済するお金になる予定です。




3.手元に残して運用した方が得じゃないの?

958,133円を3年半、年利1%で運用できると34,204円なので、運用した方が得なのは当然です。

そして逆に損をして失うこともあります。

繰上返済の場合は、その半分の1.7万円を確実に得ることができます。

だからリスクを取るかどうかですね。




4.今回繰上返済した1番の理由

さて、こんなお金の計算をして決めたのかというと、実は違います。

たまたま銀行通帳を見て、銀行口座を整理していたのですが、毎月引かれる金額を見たときに、

「口座を変えるんじゃなくて消せないかな」

と思って、繰上返済を思いつきました(口座変更が面倒だった・・・)。

私は住宅ローンと太陽光発電のローンだけで車などは現金一括払いですが、ローンも1つだけの方が管理も楽かもと思って決めました。

損得については後付けです(笑)

実行して損をしないならOKだと思って実行しました。

資金的に余裕があることが前提ですが、1つの選択肢として参考になれば幸いです。

 

関連 住宅ローン控除ができる当初10年間は早く繰上返済した方が本当に得?金利1%未満なら損かも

この記事はお役に立てましたか。感想や質問、間違いや誤字脱字があれば、「お問い合わせフォーム」やコメント欄(一部閉じています)からお気軽にご連絡ください。なお、コメント欄は運営者の承認後に表示されます。※税金計算や扶養に入れるかなどの具体的な有利不利の判断についてはこちらから

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう