2018/04/186 Shares

税金に関する相談は税理士または最寄りの税務署へ

税金の相談

税金の計算や有利不利の判断などの税金に関する相談は税理士法という法律の中で、「税理士」だけが行える業務として定められています。

これは、無料であっても税理士しか行えません

したがって、このブログでも一般的な税金に関する知識(確定申告書の書き方の手順を含む)を載せるにとどめています。

具体的な税金に関する相談をいただいてもお答えできませんので、税理士や最寄りの税務署にご相談ください。





1.「税理士」に相談しよう!

(1) WEB上で無料相談をしたい場合

税理士に無料で相談「みんなの税務相談」 – 税理士ドットコム」では、税理士による無料相談を受けつけています。

税理士ドットコム

⇒ 税理士に無料で相談「みんなの税務相談」 – 税理士ドットコム

(2) 実際に会って相談したい場合

税理士は、事務所ごとに各「税理士会」に所属し、日本税理士会連合会という全国組織の名簿に名前が登録がされています。

日本税理士会連合会では、現在税理士名簿に登録のある税理士や税理士法人を検索することができます。

⇒ 税理士情報検索サイト

税理士情報検索サイト

また、各「税理士会」では、独自に税理士による無料相談を行っていることがあります。

こういう機会を利用して、税金に関する相談をすると良いでしょう。

⇒ 全国の税理士会、関連団体

※エリアごとに担当する税理士会が異なるので、ご注意ください。

(3) おススメしない相談方法

Yahoo!知恵袋などのQ&Aサイトの利用は税理士法違反の可能性もあります。

また、誰が答えているかわからないなどいろいろ問題がありますので、おススメしません。

2.「税務署」に相談しよう!

最寄りの税務署を郵便番号・住所や地図から調べることができます。

⇒ 国税局・税務署を調べる

最寄りの税務署に電話をすると、自動音声ガイダンスに従って、用件ごとに番号を選びます。

【確定申告時期】

確定申告時期

確定申告時期は「0」を選択すると、「確定申告電話相談センター」につながり、税理士などが相談にのってくれます。

【通常の時期】

自動音声

通常は、「1」を押すと税金に関する一般的な質問や相談を行うことができます。

その後、相談内容の番号を選びます。例えば「所得税」に関する質問・相談なら「1」です。

※時期によってガイダンスが変わる場合がありますので、国税庁のホームページでよくご確認の上、電話をかけましょう。

3.「確定申告会場」を利用しよう!

確定申告時期(毎年2月16日~3月15日頃)になると、確定申告の専用会場が設けられるので、そこで相談するのも1つの手です(ただしかなり混みます)。

最後までお読みいただき、ありがとうございました^^ この記事はお役に立てましたでしょうか。感想や質問、お気づきの点があれば、「お問い合わせフォーム」やコメント欄からお気軽にご連絡ください。なお、コメント欄は私の承認後に表示されます。税金計算や具体的な有利不利の判断についてはこちらから

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう