9 Shares

税金に関する相談どこで誰にするのがいいの?税理士や税務署に相談する方法まとめ

税金に関する相談は税理士または最寄りの税務署へ

税金の計算や有利不利の判断などの税金に関する相談は税理士法という法律の中で、「税理士」だけが行える業務として定められています。

これは、無料であっても税理士しか行えません

Yahoo!知恵袋などのQ&Aサイトで質問する方もいますが、法律上問題があったり、そもそも回答が誤っていることもあります。

このブログでも

  • 一般的な税金に関する知識
  • 年末調整書類・確定申告書の書き方

についてを載せるにとどめています。

具体的な税金に関する相談をいただいてもお答えできませんので、税理士や最寄りの税務署にご相談ください。

【公式】国税に関するご相談について|国税庁

【公式】確定申告期に多いお問合せ事項Q&A|国税庁

 

この記事では具体的に相談できる場所についてご紹介します。

なお、このブログの確定申告に関する記事はこちらからご確認ください。

関連 確定申告書類の書き方と申請方法まとめ


税理士に相談しよう!

まず税金に関する国家資格の「税理士」です。

(1) WEB上で無料相談をしたい場合

住宅ローン控除、住宅の譲渡に関する申告、贈与税の申告などは税理士に相談している方もいらっしゃるかと思いますが、医療費控除やふるさと納税だと少しハードルが高いかもしれません。

例えば「税理士に無料で相談「みんなの税務相談」 – 税理士ドットコム」では、税理士による無料相談を受けつけています。

税理士ドットコム

⇒ 税理士に無料で相談「みんなの税務相談」 – 税理士ドットコム

(2) 実際に会って相談したい場合

税理士は、事務所ごとに各「税理士会」に所属し、日本税理士会連合会という全国組織の名簿に名前が登録がされています。

日本税理士会連合会では、現在税理士名簿に登録のある税理士や税理士法人を検索することができます。

【公式】税理士情報検索サイト

税理士情報検索サイト

また、各「税理士会」では、独自に税理士による無料相談を行っていることがあります。

こういう機会を利用して、税金に関する相談をすると良いでしょう。

⇒ 全国の税理士会、関連団体

※エリアごとに担当する税理士会が異なるので、ご注意ください。

(3) おススメしない相談方法

最初に固いようにYahoo!知恵袋などのQ&Aサイトの利用は税理士法違反の可能性もあります。

また、誰が答えているかわからないため誤った回答がそのまま載っているなどいろいろ問題があり、おススメしません。




税務署に相談しよう!

次は税務署です。

最寄りの税務署を郵便番号・住所や地図から調べることができます。

⇒ 国税局・税務署を調べる

 

最寄りの税務署に電話をすると、自動音声ガイダンスに従って、用件ごとに番号を選びます。

確定申告時期は「0」を選択すると、「確定申告電話相談センター」につながり、税理士などが相談にのってくれます。

確定申告電話相談センター

⇒ 国税局・税務署を調べる

通常は、「1」を押すと税金に関する一般的な質問や相談を行うことができます。

その後、相談内容の番号を選びます。例えば「所得税」に関する質問・相談なら「1」です。

※時期によってガイダンスが変わる場合がありますので、国税庁のホームページでよくご確認の上、電話をかけましょう。




確定申告会場を利用しよう!

確定申告時期(毎年2月16日~3月15日頃)になると、確定申告の専用会場が設けられます。

確定申告会場で相談するのも1つの手ですが、かなり混むので覚悟していきましょう。

確定申告会場は下記からご確認ください。

【公式】令和元年分確定申告期の確定申告会場のお知らせ|国税庁




国税庁の公式サイトで申告書を作るのもアリ!

確定申告特集

確定申告書の作成方法については、国税庁の「」を利用した方法を下記の記事でご紹介しています。

手順どおり作るだけで確定申告書が作成できるため、こちらを利用するのもアリですよ。

確定申告については下記のまとめ記事で該当するものを探してみてください。

関連 確定申告書類の書き方と申請方法まとめ

この記事はお役に立てましたか?  リンクは自由です。ブログでご紹介いただけるととても嬉しいです。

感想や質問、間違いや誤字脱字があれば、「お問い合わせフォーム」やコメント欄(一部閉じています)からお気軽にご連絡ください。なお、コメント欄は運営者の承認後に表示されます。

※税金計算や扶養に入れるかなどの具体的な有利不利の判断についてはこちらから

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事のURLとタイトルをコピーする