2017/02/192 Shares

我が家が考えたこだわりの「脱衣室」と「土間収納」

スポンサーリンク

せっかくだから、間取りの中にこだわりをもとう!

注文住宅で家を建てるのであれば、間取りの中にしっかりとこだわりを持ちましょう。

といっても、そんなこと言われても、イメージがつかない、という方も多いかと思います。

そこで、今回は、私が家づくりの最初の頃に考えたこだわりの場所、「脱衣室」と「土間収納」についてご紹介します。

その1:「脱衣室」があると便利です。

間取りの関係上、「洗面」と「脱衣」は、同じ場所でしていませんか?

そしてそのままお風呂に入ります。

ある家づくりに関する雑誌を読んでいたら、年頃の娘さんをもつお父さんが、娘さんがお風呂に入っているときには洗面ができなくて困るので、次のように洗面と脱衣を分けて、脱衣室を作ったというアイデアがのっていました。

脱衣室

これ、いいですね!

これで、お父さんは気兼ねなく洗面ができますし、娘さんも気兼ねなくお風呂に入れます。

我が家では、家づくりを始めた段階では子どもがいなかったので、あまりそういう想像はできなかったのですが、例えば、誰かが泊まりに来た時も、1人がお風呂に入っている間にもう1人が洗面台で歯磨きをすることもできるので便利だな~、と思いました。

また、来客があったときも脱衣室をしめておけば、洗濯機を隠せるので生活感が緩和されます。

そういうわけで、脱衣室に洗濯機を配置しておけば、洗濯も楽ですね。

もちろん、洗面脱衣室は、そもそも洗面化粧台と洗濯機がなんとか入るくらいの大きさが主流なので、スペースを有効活用するために、引き戸にしたいなと思います。

問題は「換気」ですが、ここでも開けっ放しにしやすい引き戸が活躍してくれます。

【後日談】

実際に脱衣室をつくりました。洗面所⇔脱衣室⇔お風呂をそれぞれしきっています。

脱衣室(完成)

これは実際に使ってみて、正解でしたね。両親や親せきが泊まりに来た時も活躍しました。

その2:玄関収納は「土足OK」が便利です。

さて、もう1つのこだわりは、玄関収納です。

玄関は特殊な空間です。

それは、「外」と「内」をつないでいるからです。

当たり前のことですが、これが「玄関収納」という話になると、とても大事になってきます。

玄関といえば、「靴を脱ぐ場所」というくらいにしか考えていなかったのですが、ある家づくりに関する雑誌を読んでいて、

「なるほど!」

とうなってしまったのが次のような収納スペースです。

%e5%9c%9f%e9%96%93%e5%8f%8e%e7%b4%8d

こ、これが「玄関」!?

なんと靴脱ぎ場が2つあるなんて。。。

まさに「外」と「内」をつなぐ玄関としてふさわしい使い方のように思いました。

さすがに靴脱ぎ場を2つ作るのは、建物の面積の関係で難しいわけですが、少なくとも、この図の右下にもあるような「土足OKの収納スペース」は、0.5~1畳でもあると便利です。

子どもの頃に住んでいた家には、こういうのがなかったので、ホームセンターで買ってきた簡易倉庫を買ってきて、その中に入れていましたが、簡易倉庫自体がもろかったせいか、哀しい思い出が残っています。
サッカーの帰り
かといって、玄関にポイと置いておくと、例えばサッカーボールだって邪魔ですし、泥などがついていると家の中に入れるわけにはいきません。

そういうわけで、玄関には「土足OK」の収納スペースを作りたいと考えています。

【後日談】

・・・残念ながら、スペースの関係で土間収納はあきらめました。

その代わり、「書庫」のスペースを増やしました

我が家は書庫優先なので、しかたないですね。

ただ、こういうことを考えるだけでも幸せな時間でした。

家づくりは、家を手に入れるまでの時間がとてもぜいたくです。

もちろん、決めることが多すぎて大変ですが、だからこそ、その時間の間に考えたいろいろなことは後で振返ってみると、いい思い出です。

こうやってブログに書いて残すのもいいですし、家づくりノートに書いていくのもいいでしょう。

きっと、「あのとき、そういえばこんなこと考えてたね」と、何年か後に話すときがくるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう